blob: fa23fab929ade933eabe1970a95c0eb14747f8ce [file] [log] [blame]
<?xml version="1.0" ?>
<!DOCTYPE translationbundle>
<translationbundle lang="ja">
<translation id="101438888985615157">画面を 180 度回転</translation>
<translation id="1017967144265860778">ログイン画面の電源管理</translation>
<translation id="1019101089073227242">ユーザー データ ディレクトリを設定する</translation>
<translation id="1022361784792428773">ユーザーに対してインストールを禁止する拡張機能 ID (すべて指定する場合は *)</translation>
<translation id="102492767056134033">ログイン画面での画面キーボードのデフォルト状態を設定する</translation>
<translation id="1027000705181149370">ログイン時に SAML IdP によって設定された認証 Cookie をユーザーのプロフィールに移行するかどうかを制御します。
ログイン時に SAML IdP 経由でユーザーが認証されると、IdP によって設定された Cookie はまず一時プロフィールに書き込まれます。この Cookie をユーザーのプロフィールに移行して認証状態を引き継ぐことができます。
このポリシーが true に設定されている場合は、ログイン時に SAML IdP でユーザーが認証されると毎回、IdP によって設定された Cookie がそのユーザーのプロフィールに移行されます。
このポリシーが false に設定されているか未設定の場合は、ユーザーが端末で最初にログインしたときにのみ、IdP によって設定された Cookie がそのユーザーのプロフィールに移行されます。
このポリシーは、ユーザーのドメインが端末の登録ドメインと一致する場合にのみ適用されます。それ以外の場合は、ユーザーが端末で最初にログインしたときにのみ、IdP によって設定された Cookie がプロフィールに移行されます。</translation>
<translation id="1040446814317236570">PAC URL データ除去を有効にする(https:// の場合)</translation>
<translation id="1044878202534415707">CPU / RAM 使用率など、ハードウェアの統計情報を報告します。
このポリシーを false に設定した場合、統計情報は報告されません。
true に設定した場合や未設定の場合、統計情報は報告されます。</translation>
<translation id="1046484220783400299">サポートが終了しているウェブ プラットフォームの機能を一定の期間有効にする</translation>
<translation id="1047128214168693844">すべてのサイトに対してユーザーの物理的な現在地の追跡を許可しない</translation>
<translation id="1049138910114524876"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のログイン画面に適用する言語 / 地域を設定します。
このポリシーが設定されている場合、ログイン画面は常にこのポリシーの最初の値で指定されている言語 / 地域で表示されます(このポリシーは今後の互換性を確保するためにリスト形式で定義します)。このポリシーが未設定か空のリストに設定されている場合、ログイン画面は前回のユーザー セッションで使用された言語 / 地域で表示されます。このポリシーが無効な言語 / 地域の値に設定されている場合、ログイン画面は代替の言語 / 地域(現在は「en-US」)で表示されます。</translation>
<translation id="1062011392452772310">デバイスのリモート認証を有効にする</translation>
<translation id="1093082332347834239">この設定が有効になっている場合、リモート アシスタンス ホストは <ph name="UIACCESS_PERMISSION_NAME" /> 権限を持つプロセスで実行されます。リモート ユーザーはローカル ユーザーのデスクトップ上の権限昇格ウィンドウとやり取りできるようになります。
この設定が無効な場合や設定されていない場合、リモート アシスタンス ホストはユーザーのコンテキストで実行され、リモート ユーザーはデスクトップ上の権限昇格ウィンドウとやり取りできません。</translation>
<translation id="1096105751829466145">デフォルトの検索プロバイダ</translation>
<translation id="1117535567637097036">このポリシーで設定したプロトコル ハンドラは、Android インテントの処理には使用されません。</translation>
<translation id="1122282995569868661"><ph name="PRODUCT_NAME" /> ツールバー アイコンを表示する</translation>
<translation id="1128903365609589950"><ph name="PRODUCT_NAME" /> でキャッシュしたファイルをディスクに保存する際に使用するディレクトリを設定します。
このポリシーを設定した場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では指定されたディレクトリを使用し、ユーザーが「--disk-cache-dir」フラグを指定しているかどうかは無視されます。データの消失やその他の予期しないエラーを避けるため、ボリュームのルート ディレクトリや他の用途で使用されてるディレクトリは指定しないでください。これは、<ph name="PRODUCT_NAME" /> によってディレクトリのコンテンツが管理されるためです。
使用できる変数のリストについては、https://www.chromium.org/administrators/policy-list-3/user-data-directory-variables をご覧ください。
このポリシーが未設定の場合は、デフォルトのキャッシュ ディレクトリを使用します。ユーザーは「--disk-cache-dir」コマンドライン フラグを使用して、この設定をオーバーライドできます。</translation>
<translation id="1138294736309071213">このポリシーは小売りモードでのみアクティブになります。
スクリーンセーバーが小売りモードの端末のログイン画面に表示されるまでの期間を指定します。
ポリシーの値は、ミリ秒単位で指定する必要があります。</translation>
<translation id="1151353063931113432">これらのサイトの画像を許可する</translation>
<translation id="1152117524387175066">デバイス起動時の Dev スイッチの状態を報告します。
このポリシーが False に設定されている場合、Dev スイッチの状態は報告されません。</translation>
<translation id="1160939557934457296">セーフ ブラウジングの警告ページからの続行を無効にする</translation>
<translation id="1166377463685560145">ユーザーに使用を許可しないプリンタを指定します。
このポリシーは、<ph name="DEVICE_PRINTERS_ACCESS_MODE" /> の値に <ph name="PRINTERS_BLACKLIST" /> が選択されている場合にのみ使用されます。
このポリシーが使用される場合、ユーザーはこのポリシーに指定されている ID 以外のすべてのプリンタを使用できます。
</translation>
<translation id="1198465924256827162">デバイス ステータスのアップロードを送信する頻度をミリ秒単位で指定します。
このポリシーが未設定の場合は、3 時間に 1 回の頻度となります。最短で 60 秒に 1 回の頻度を指定できます。</translation>
<translation id="1204263402976895730">有効な企業プリンタ</translation>
<translation id="1221359380862872747">デモでのログイン時に指定 URL を読み込む</translation>
<translation id="123081309365616809">デバイスにコンテンツをキャストできるようにする</translation>
<translation id="1265053460044691532">SAML 経由で認証されたユーザーがオフラインでログインできる時間を制限する</translation>
<translation id="1291880496936992484">警告: <ph name="PRODUCT_NAME" /> ではバージョン 52 で RC4 のサポートを完全に終了し(2016 年 9 月頃)、このポリシーも機能しなくなります。
このポリシーが未設定または false に設定されている場合、TLS の RC4 暗号スイートは有効化されません。古いサーバーに対応するため、true に設定しておくこともできますが、あくまで暫定的な措置であり、サーバーを再設定する必要があります。</translation>
<translation id="1297182715641689552">.pac プロキシ スクリプトを使用する</translation>
<translation id="1304973015437969093">サイレント インストールされる拡張機能 / アプリの ID と更新 URL</translation>
<translation id="1313457536529613143">画面を暗くするまでの時間に掛ける倍率を指定します。これは、画面が暗くなっているときや画面の電源がオフになった直後にユーザー操作が検出された場合に使用されます。
このポリシーを設定すると、画面が暗くなっているときや画面の電源がオフになった直後にユーザー操作が検出された場合に、このポリシーで指定された倍率が画面を暗くするまでの時間に掛けられます。画面を暗くするまでの時間が変更されるときは、画面の電源オフまでの時間、画面ロックまでの時間、およびアイドル時間も調整されます。これは、画面を暗くするまでの時間との差を当初の設定どおりに維持するためです。
このポリシーが設定されていない場合は、デフォルトの倍率が使用されます。
倍率は 100% 以上に設定する必要があります。</translation>
<translation id="131353325527891113">ログイン画面でユーザー名を表示する</translation>
<translation id="1327466551276625742">オフライン時のネットワーク設定メッセージの表示を有効にする</translation>
<translation id="1330145147221172764">画面キーボードを有効にする</translation>
<translation id="1330985749576490863">携帯回線接続時に <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> ファイル アプリでの Google ドライブの同期を無効にする</translation>
<translation id="13356285923490863">ポリシー名</translation>
<translation id="1353966721814789986">起動ページ</translation>
<translation id="1359553908012294236">このポリシーが true に設定されているか未設定の場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> ではゲストモードでのログインが可能です。ゲストモードでのログインには、すべてのウィンドウをシークレット モードで表示する <ph name="PRODUCT_NAME" /> プロフィールが適用されます。
このポリシーが false に設定されている場合、ゲストモードのプロフィールで <ph name="PRODUCT_NAME" /> を使用することはできません。</translation>
<translation id="1363275621236827384">ハードウェア プロファイルを Quirks サーバーに問い合わせられるようにする</translation>
<translation id="1393485621820363363">有効な企業デバイス プリンタ</translation>
<translation id="1397855852561539316">デフォルト検索プロバイダ サジェスト URL</translation>
<translation id="1420281424655200442">ユーザーが <ph name="DEVICE_PRINTERS_POLICY" /> のどのプリンタを使用できるかを制御します。
このポリシーは、プリンタの一括設定で使用するアクセス ポリシーを指定するものです。<ph name="PRINTERS_ALLOW_ALL" /> が選択されている場合は、すべてのプリンタが表示されます。<ph name="PRINTERS_BLACKLIST" /> が選択されている場合は、<ph name="DEVICE_PRINTERS_BLACKLIST" /> に基づき、指定されたプリンタへのアクセスが制限されます。<ph name="PRINTERS_WHITELIST" /> が選択されている場合は、<ph name="DEVICE_PRINTERS_WHITELIST" /> で指定されたプリンタのみが選択可能になります。
このポリシーが未設定の場合は、<ph name="PRINTERS_BLACKLIST" /> が選択された場合と同じ動作になります。
</translation>
<translation id="1426410128494586442">はい</translation>
<translation id="1427655258943162134">プロキシ サーバーのアドレスまたは URL</translation>
<translation id="1435659902881071157">デバイス レベルのネットワーク設定</translation>
<translation id="1438739959477268107">デフォルトのキー生成設定</translation>
<translation id="1454846751303307294">JavaScript の実行を許可しないサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultJavaScriptSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="1456822151187621582">Windows(<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> クライアント):</translation>
<translation id="1464848559468748897"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> 搭載デバイス上のマルチプロフィール セッションでのユーザーの行動を制御します。
このポリシーが「MultiProfileUserBehaviorUnrestricted」に設定されている場合、ユーザーはメイン ユーザーまたはサブ ユーザーとしてマルチプロフィール セッションに参加できます。
このポリシーが「MultiProfileUserBehaviorMustBePrimary」に設定されている場合、ユーザーはメイン ユーザーとしてのみマルチプロフィール セッションに参加できます。
このポリシーが「MultiProfileUserBehaviorNotAllowed」に設定されている場合、ユーザーはマルチプロフィール セッションに参加できません。
この設定を行った場合、ユーザーが変更やオーバーライドを行うことはできません。
ユーザーがマルチプロフィール セッションにログインしている間に設定が変更された場合、セッションに参加しているすべてのユーザーについて、それぞれの設定が確認されます。セッションへの参加が許可されないユーザーが 1 人でもいた場合、そのセッションは終了します。
このポリシーを設定しないままにした場合、デフォルト値として企業の管理対象ユーザーには「MultiProfileUserBehaviorMustBePrimary」が適用され、管理対象外のユーザーには「MultiProfileUserBehaviorUnrestricted」が適用されます。</translation>
<translation id="1465619815762735808">クリックして再生する</translation>
<translation id="1466133662354365542"><ph name="PRODUCT_NAME" /> の自動入力機能を有効にし、ユーザーが以前に保存した情報を使ってウェブフォームにクレジット カードや住所の情報を自動入力できるようにします。
この設定を無効にした場合は、クレジット カード情報が候補として表示されたり、自動入力されたりすることはありません。また、ユーザーがウェブの利用中に送信したクレジット カード情報が追加で保存されることもありません。
この設定を有効にするか、値を設定しない場合、ユーザーは UI で自動入力の全般的な機能(クレジット カードを含む)を制御できます。</translation>
<translation id="1468307069016535757">ログイン画面でのユーザー補助機能「ハイコントラスト モード」のデフォルト状態を設定します。
このポリシーが true に設定されている場合は、ログイン画面が表示されるときにハイコントラスト モードが有効になります。
このポリシーが false に設定されている場合は、ログイン画面が表示されるときにハイコントラスト モードは無効になります。
管理者がこのポリシーを設定した場合も、ユーザーは一時的にハイコントラスト モードを有効または無効にすることができます。ただし、このユーザーの選択は恒久的ではなく、ログイン画面が改めて表示されたときや、ログイン画面でユーザーが何もしない時間が 1 分に達したときにデフォルト値が復元されます。
このポリシーが未設定の場合は、ログイン画面が表示された直後はハイコントラスト モードが無効になります。ユーザーはいつでもハイコントラスト モードを有効または無効にすることができ、ログイン画面でのハイコントラスト モードの状態はログアウト後も維持されます。</translation>
<translation id="1468707346106619889">このポリシーが true に設定されている場合、統合デスクトップは使用可能となり、
既定で有効になります。この場合、複数のディスプレイをまたいで
アプリケーションを表示することができます。ユーザーは個々のディスプレイで
統合デスクトップを無効にすることができます。それには、ディスプレイの設定で
該当のチェックボックスをオフにします。
このポリシーが false に設定されているか未設定の場合、統合デスクトップは
無効になります。この場合、ユーザーがこの機能を有効にすることは
できません。</translation>
<translation id="1474273443907024088">TLS False Start を無効にする</translation>
<translation id="1477934438414550161">TLS 1.2</translation>
<translation id="1484146587843605071"><ph name="PRODUCT_NAME" /> は、ここで指定したホストのリストに対し、プロキシをバイパスします。
このポリシーが適用されるのは、[プロキシ サーバー設定の指定方法を選択する] で手動によるプロキシ設定を選択した場合のみです。
プロキシ ポリシーの設定で他のモードを選択した場合、このポリシーは設定しないでください。
詳しい例については、次の URL をご覧ください。
<ph name="PROXY_HELP_URL" /></translation>
<translation id="1504431521196476721">リモート認証</translation>
<translation id="1509692106376861764">このポリシーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> バージョン 29 で廃止されました。</translation>
<translation id="1522425503138261032">サイトに対してユーザーの物理的な現在地の追跡を許可する</translation>
<translation id="152657506688053119">デフォルトの検索プロバイダが使用する代替 URL のリスト</translation>
<translation id="1530812829012954197">ホスト ブラウザに次の URL パターンを常に表示する</translation>
<translation id="1553684822621013552">このポリシーを true に設定すると、ユーザーが ARC を使用できるようになります
(ポリシー設定について追加の確認が行われ、現在のユーザー セッションで
一時的ログインモードまたはマルチログインが有効になっている場合、ユーザーは
ARC を使用できません)。
この設定を無効にした場合または設定しない場合、企業ユーザーは ARC を
使用できません。</translation>
<translation id="1561424797596341174">リモート アクセス ホストの Debug ビルドでのポリシー オーバーライド</translation>
<translation id="1561967320164410511">U2F と個人認証用拡張機能</translation>
<translation id="1583248206450240930">デフォルトで <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> を使用する</translation>
<translation id="1603058613431276040">デバイスに関連付けられる企業プリンタの設定を指定します。
このポリシーにより、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> デバイスのプリンタ設定を指定できます。このファイルは、5 MB 以下のサイズで、JSON エンコードで作成されている必要があります。フォーマットは NativePrinters 辞書と同じです。5 MB は 約 2,1000 台のプリンタを指定してエンコードしたファイルに相当します。ダウンロードの整合性の確認には暗号化ハッシュが使用されます。
このファイルはダウンロードされてキャッシュされ、URL またはハッシュが変わったときには再度ダウンロードされます。
このポリシーが設定されている場合は、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> によってプリンタ設定ファイルがダウンロードされ、<ph name="DEVICE_PRINTERS_ACCESS_MODE" /><ph name="DEVICE_PRINTERS_WHITELIST" /><ph name="DEVICE_PRINTERS_BLACKLIST" /> に沿ってプリンタが利用可能になります。
このポリシーは、ユーザーが個々のデバイスでプリンタを設定できるかどうかに影響するものではなく、個々のユーザーがプリンタを設定するときの補助として使用されることを想定したものです。
これは <ph name="BULK_PRINTERS_POLICY" /> の追加ポリシーとして使用されます。
このポリシーが未設定の場合、デバイス プリンタは存在しないことになり、<ph name="DEVICE_PRINTERS_POLICY_PATTERN" /> ポリシーは無視されます。</translation>
<translation id="1608755754295374538">ユーザー確認なしで音声キャプチャ デバイスへのアクセスが許可される URL</translation>
<translation id="1617235075406854669">閲覧とダウンロードの履歴を削除可能にする</translation>
<translation id="163200210584085447">このリストに指定されているパターンと、リクエスト元 URL の
セキュリティ オリジンが照合されます。一致するものが見つかった場合は、
動画キャプチャ デバイスへのアクセスが SAML ログインページで許可されます。
一致するものが見つからない場合、アクセスは自動的に拒否されます。
ワイルドカードのパターンは許可されません。</translation>
<translation id="1634989431648355062">これらのサイトで <ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインを許可する</translation>
<translation id="1655229863189977773">ディスク キャッシュ サイズをバイト単位で設定する</translation>
<translation id="166427968280387991">プロキシ サーバー</translation>
<translation id="1668836044817793277">遅延なしで自動開始されるキオスクアプリから <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のバージョンを制御できるようにするかどうかを設定します。
このポリシーでは、遅延なしで自動開始されるキオスクアプリでマニフェストに宣言した required_platform_version を自動更新対象バージョンのプレフィックスに使用して、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のバージョンを制御できるようにするかどうかを設定します。
このポリシーを true に設定した場合は、遅延なしで自動開始されるキオスクアプリの required_platform_version マニフェスト キーの値が、自動更新対象バージョンのプレフィックスとして使用されます。
このポリシーを未設定のままにするか false に設定した場合、required_platform_version マニフェスト キーは無視され、自動更新は通常どおりに行われます。
警告: <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のバージョンの制御をキオスクアプリに委ねることはおすすめしません。このようにした場合、デバイスでソフトウェアのアップデートや重要なセキュリティ修正を取得できなくなる可能性があります。つまり、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のバージョンの制御を委ねると、ユーザーが危険にさらされる恐れがあります。</translation>
<translation id="1675002386741412210">サポート対象:</translation>
<translation id="1679420586049708690">自動ログインする公開セッション</translation>
<translation id="1689963000958717134"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> デバイスのすべてのユーザーにプッシュ型ネットワーク設定を適用できます。ネットワーク設定は、Open Network Configuration 形式(<ph name="ONC_SPEC_URL" /> をご覧ください)で定義された JSON 形式の文字列です。</translation>
<translation id="1708496595873025510">バリエーション シードの取得に制限を設定する</translation>
<translation id="172374442286684480">ローカル データの設定をすべてのサイトに許可する</translation>
<translation id="1734716591049455502">リモート アクセス オプションを設定</translation>
<translation id="1736269219679256369">SSL 警告ページから移動することを許可する</translation>
<translation id="1749815929501097806">デバイスのローカル アカウントのセッションを開始する前にユーザーの同意が必要な利用規約を設定します。
このポリシーを設定した場合、デバイスのローカル アカウントのセッションが開始されると、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> は利用規約をダウンロードしてユーザーに表示します。ユーザーが利用規約に同意した場合のみ、セッションの開始が許可されます。
このポリシーを設定しないと、利用規約は表示されません。
ポリシーは、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> による利用規約のダウンロードが可能な URL に設定する必要があります。利用規約はテキスト形式で、MIME タイプのプレーン テキストとして配信してください。マークアップ形式は使用できません。</translation>
<translation id="1750315445671978749">すべてのダウンロードをブロックする</translation>
<translation id="1781356041596378058">このポリシーでは、Android 開発者向けオプションへのアクセスも管理できます。このポリシーを true に設定した場合、ユーザーは開発者向けオプションにアクセスできません。このポリシーを false に設定するか未設定のままにした場合、ユーザーは Android 設定アプリのビルド番号を 7 回タップすれば開発者向けオプションにアクセスできます。</translation>
<translation id="1803646570632580723">ランチャーに表示する固定アプリのリスト</translation>
<translation id="1808715480127969042">これらのサイトの Cookie をブロックする</translation>
<translation id="1827523283178827583">固定プロキシ サーバーを使用する</translation>
<translation id="1843117931376765605">ユーザー ポリシーの更新間隔</translation>
<translation id="1844620919405873871">ロックのクイック解除に関するポリシーを設定します。</translation>
<translation id="1847960418907100918">POST を使ってインスタント検索を行うときに使用するパラメータを指定します。名前と値のペアをカンマで区切って指定します。値がテンプレート パラメータ(上記の例の {imageThumbnail} など)の場合は、実際の検索キーワードのデータに置き換えられます。
このポリシーは省略可能です。未設定の場合、インスタント検索リクエストは GET メソッドを使用して送信されます。
このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="1859859319036806634">警告: TLS バージョン フォールバックは、<ph name="PRODUCT_NAME" /> のバージョン 52 で削除され(2016 年 9 月頃)、このポリシーもそれ以降機能しなくなります。
TLS ハンドシェイクが失敗すると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> ではこれまで HTTPS サーバーでのバグを回避するため、前のバージョンの TLS を使用して接続を再試行していました。この設定では、このフォールバック プロセスを停止するバージョンを指定します。サーバーでバージョン ネゴシエーションが正しく(つまり接続が切断することなく)実行された場合、この設定は適用されません。いずれにしても、確立された接続は SSLVersionMin に準拠していることが必要です。
このポリシーが設定されていないか、「tls1.2」に設定されている場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> でこのフォールバックは実行されなくなります。なお、これは以前の TLS バージョンのサポートを無効にするものではなく、バージョン ネゴシエーションを正しく実行できないサーバーのバグを <ph name="PRODUCT_NAME" /> で回避するかどうかを決めるものです。
バグが発生したサーバーとの互換性を維持する必要がある場合は、このポリシーを「tls1.1」に設定します。これは暫定的な措置であり、サーバーのバグは速やかに修正する必要があります。</translation>
<translation id="1864269674877167562">このポリシーが空の文字列または未設定の場合は、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> でユーザーのログインフロー時にオートコンプリートのオプションは表示されません。
このポリシーがドメイン名を表す文字列に設定されている場合は、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> でユーザーがログインする際にオートコンプリートのオプションが表示されます。この場合、ユーザーはドメイン名の部分を省略してユーザー名を入力するだけで済みます。また、ユーザーはこのドメイン名の部分を上書きすることもできます。</translation>
<translation id="1865417998205858223">キーの権限</translation>
<translation id="186719019195685253">AC 電源での実行時、アイドル時間に到達したときに行う操作</translation>
<translation id="187819629719252111"><ph name="PRODUCT_NAME" /> に対してファイル選択ダイアログの表示を許可することで、コンピュータからローカル ファイルにアクセスできるようにします。この設定を有効にすると、ユーザーは通常どおりにファイル選択ダイアログを開くことができます。この設定を無効にすると、ファイル選択ダイアログを表示する操作(ブックマークのインポート、ファイルのアップロード、リンクの保存など)を実行した場合、メッセージが表示されて、ユーザーがファイル選択ダイアログで [キャンセル] をクリックした操作と同じになります。未設定の場合は、通常どおりファイル選択ダイアログが表示されます。</translation>
<translation id="1879485426724769439">端末で使用するタイムゾーンを指定します。ユーザーは現在のセッションで別のタイムゾーンを使用できますが、ログアウトした時点で指定のタイムゾーンに戻ります。無効な値を指定した場合、このポリシーは有効になるものの、代わりに「GMT」が使用されます。空の文字列を指定した場合、このポリシーは無視されます。
このポリシーが使用されない場合は、現在有効になっているタイムゾーンが引き続き使用されます。ただしユーザーはこのタイムゾーンを永続的に変更することができます。つまり、1 人のユーザーがタイムゾーンを変更すると、新しいタイムゾーンがログイン画面と他のすべてのユーザーにも適用されます。
新しい端末の起動時のタイムゾーンは、「アメリカ太平洋標準時」に設定されます。
値の形式は、「IANA Time Zone Database」(「https://ja.wikipedia.org/wiki/Tz_database」をご覧ください)のタイムゾーン名に沿ったものとなります。大半のタイムゾーンは、「大陸名/都市名」または「海洋名/都市名」で表すことができます。
このポリシーを設定した場合、端末の所在地に基づくタイムゾーンの自動解決は完全に無効になります。また、このポリシーは SystemTimezoneAutomaticDetection ポリシーよりも優先されます。</translation>
<translation id="1897365952389968758">すべてのサイトに対して Javascript の実行を許可する</translation>
<translation id="193259052151668190">USB 分離可能デバイスのホワイトリスト</translation>
<translation id="1933378685401357864">壁紙の画像</translation>
<translation id="1956493342242507974"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のログイン画面での電源管理方法を設定します。
このポリシーでは、ログイン画面が表示されている状態で一定時間ユーザー操作がなかったときの <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の動作方法を設定できます。このポリシーでは複数の設定を管理します。各設定の説明と値の範囲については、セッションの電源管理に関する該当のポリシーをご覧ください。このポリシーがセッションのポリシーと異なるのは次の 2 点です:
* アイドル時またはディスプレイを閉じたときの操作で、「セッションの終了」は指定できません。
* AC 電源での実行時、アイドル時間に到達したときに行われるデフォルトの操作は、「システム終了」です。
設定を指定しない場合は、デフォルト値が使用されます。
このポリシーを設定しない場合は、すべての設定でデフォルトが使用されます。</translation>
<translation id="1960840544413786116">ローカルの信頼済みアンカーが発行した、subjectAlternativeName 拡張がない証明書の許可</translation>
<translation id="1964634611280150550">シークレット モードを無効にする</translation>
<translation id="1964802606569741174">このポリシーは Android YouTube アプリには適用されません。YouTube でセーフモードを有効にする場合は、Android YouTube アプリのインストールを禁止する必要があります。</translation>
<translation id="1969212217917526199">リモート アクセス ホストの Debug ビルドでポリシーをオーバーライドします。
この値は、ポリシー値のマッピングに対するポリシー名の JSON 辞書として解析されます。</translation>
<translation id="1988371335297483117"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> での自動更新ペイロードは HTTPS ではなく HTTP でダウンロードされます。これにより、HTTP ダウンロードの透過 HTTP キャッシングが可能になります。
このポリシーを true に設定すると、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> は HTTP 経由で自動更新ペイロードをダウンロードしようとします。このポリシーを false に設定するか、設定しない場合は、自動更新ペイロードのダウンロードに HTTPS が使用されます。</translation>
<translation id="2006530844219044261">電源管理</translation>
<translation id="201557587962247231">デバイス ステータス レポートのアップロード頻度</translation>
<translation id="2018836497795982119">デバイス管理サービスにユーザー ポリシー情報を照会する間隔をミリ秒単位で指定します。
このポリシーを設定すると、デフォルト値の 3 時間よりも優先されます。このポリシーの有効な値は 1,800,000(30 分)から 86,400,000(1 日)の範囲の値です。この範囲に収まらない値は上限値と下限値のどちらか近い方に設定されます。プラットフォームがポリシーの通知に対応している場合は、ポリシーが変更されるたびにポリシーの通知により更新は自動的に適用されることになるため、更新の遅延は 24 時間に設定されます。
このポリシーを設定しない場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> はデフォルト値の 3 時間を使用します。
プラットフォームがポリシーの通知に対応している場合は、ポリシーが変更されるたびにポリシーの通知により更新は自動的に適用されることになるため、更新の遅延は 24 時間に設定され、頻繁な更新は不要になります(すべてのデフォルト値とこのポリシーの値は無視されます)。</translation>
<translation id="2024476116966025075">リモート アクセスのクライアントに要求する必須のドメイン名を設定する</translation>
<translation id="2030905906517501646">デフォルトの検索プロバイダのキーワード</translation>
<translation id="203096360153626918">このポリシーは Android アプリには適用されません。このポリシーを <ph name="FALSE" /> に設定した場合でも、Android アプリの全画面表示は可能です。</translation>
<translation id="2043770014371753404">無効な企業プリンタ</translation>
<translation id="2063380907529983889">ユーザーが <ph name="BULK_PRINTERS_POLICY" /> のどのプリンタを使用できるかを制御します。
このポリシーは、プリンタの一括設定で使用するアクセス ポリシーを指定するものです。<ph name="PRINTERS_ALLOW_ALL" /> が選択されている場合は、すべてのプリンタが表示されます。<ph name="PRINTERS_BLACKLIST" /> が選択されている場合は、<ph name="BULK_PRINTERS_BLACKLIST" /> に基づき、指定されたプリンタへのアクセスが制限されます。<ph name="PRINTERS_WHITELIST" /> が選択されている場合は、<ph name="BULK_PRINTERS_WHITELIST" /> で指定されたプリンタのみが選択可能になります。
このポリシーが未設定の場合は、<ph name="PRINTERS_BLACKLIST" /> が選択された場合と同じ動作になります。
</translation>
<translation id="206623763829450685"><ph name="PRODUCT_NAME" /> でサポートされる HTTP 認証スキームを指定します。
有効な値は「basic」、「digest」、「ntlm」、「negotiate」です。値を複数指定する場合はカンマで区切ります。
このポリシーが未設定の場合、4 つのスキームのすべてが使用されます。</translation>
<translation id="2067011586099792101">コンテンツ パック外部のサイトへのアクセスをブロックする</translation>
<translation id="2077129598763517140">ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する</translation>
<translation id="2077273864382355561">画面がオフになるまでの時間(バッテリー電源での実行時)</translation>
<translation id="2082205219176343977">端末での使用を許可する Chrome の最小バージョンを設定する。</translation>
<translation id="209586405398070749">Stable チャンネル</translation>
<translation id="2098658257603918882">使用状況とクラッシュ関連データのレポートを有効にする</translation>
<translation id="2113068765175018713">自動再起動を行ってデバイスの稼働時間を制限する</translation>
<translation id="2127599828444728326">これらのサイトの通知を許可する</translation>
<translation id="2131902621292742709">画面が暗くなるまでの時間(バッテリー電源での実行時)</translation>
<translation id="2134437727173969994">画面のロックを許可</translation>
<translation id="2137064848866899664">このポリシーが設定されている場合、個々のディスプレイは再起動のときに毎回と、ポリシーの値が変更されてから最初に接続が行われるときに、指定方向に回転します。ユーザーはログイン後に設定ページからディスプレイの回転方法を変更することができますが、次に再起動したときにはポリシーの値が再適用されます。
このポリシーは、メインのディスプレイと予備のディスプレイすべてに適用されます。
このポリシーが未設定の場合、既定値として 0 度が使用されます。ユーザーはこの値を自由に変更できます。この場合、再起動時に既定値が再適用されることはありません。</translation>
<translation id="2156132677421487971"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のポリシーを設定します。この機能により、ユーザーはタブ、サイト、またはデスクトップのコンテンツをブラウザからリモートのディスプレイや音声システムに送信できます。</translation>
<translation id="2168397434410358693">アイドル状態になるまでの時間(AC 電源での実行時)</translation>
<translation id="2170233653554726857">WPAD 最適化を有効にする</translation>
<translation id="2176565653304920879">このポリシーが設定されている場合は、設定値に応じて次のいずれかの方法でタイムゾーンの自動検出が行われます。
設定値が TimezoneAutomaticDetectionUsersDecide の場合は、ユーザーが chrome://settings にある通常の設定項目を使ってタイムゾーンの自動検出を設定できます。
設定値が TimezoneAutomaticDetectionDisabled の場合、chrome://settings のタイムゾーンの自動検出に関する項目は無効になり、タイムゾーンの自動検出は常にオフになります。
設定値が TimezoneAutomaticDetectionIPOnly の場合、chrome://settings のタイムゾーンの設定項目は無効になり、タイムゾーンの自動検出は常にオンになります。タイムゾーンの検出では、IP のみに基づく方法で地域が解決されます。
設定値が TimezoneAutomaticDetectionSendWiFiAccessPoints の場合、chrome://settings のタイムゾーンの設定項目は無効になり、タイムゾーンの自動検出は常にオンになります。また、精度の高いタイムゾーン検出を行うために、検出された Wi-Fi アクセス ポイントのリストが常に Geolocation API サーバーに送信されます。
設定値が TimezoneAutomaticDetectionSendAllLocationInfo の場合、chrome://settings のタイムゾーンの設定項目は無効になり、タイムゾーンの自動検出は常にオンになります。また、精度の高いタイムゾーン検出を行うために、Wi-Fi アクセス ポイント、近くの携帯電話基地局、GPS といった位置情報がサーバーに送信されます。
このポリシーが設定されていない場合は、設定値が TimezoneAutomaticDetectionUsersDecide のときと同じ動作になります。
SystemTimezone ポリシーが設定されている場合、このポリシーは無視され、タイムゾーンの自動検出は完全に無効になります。</translation>
<translation id="2178899310296064282">YouTube で制限付きモード「中」以上を強制的に適用する</translation>
<translation id="2183294522275408937">この設定では、ロックのクイック解除機能を継続して使用するために、ロック画面でパスワードの入力を求める頻度を管理します。ロック画面が表示されたときに、前回のパスワード入力からの経過時間がこの設定値を超えている場合、ロックのクイック解除機能を使ってロックを解除することはできません。ユーザーがロックを解除しないまま設定した時間が経過した場合は、次回ユーザーが誤ったコードを入力するか、またはロック画面を表示するか、いずれか早い方の時点でパスワードの入力が求められます。
この設定に値を指定した場合、ロックのクイック解除機能を使用しているユーザーには、この設定に基づくタイミングでロック画面でのパスワード入力が求められます。
この設定に値を指定しなかった場合、ロックのクイック解除機能を使用しているユーザーには、1 日に 1 回ロック画面でのパスワード入力が求められます。</translation>
<translation id="2194470398825717446">このポリシーは M61 でサポート終了となりました。代わりに EcryptfsMigrationStrategy を使用してください。
初期状態で ecryptfs を使用するように設定され、ext4 暗号化に移行する必要のある端末について、動作方法を指定します。
このポリシーを「DisallowArc」に設定した場合は、端末のすべてのユーザー(すでに ext4 暗号化を使用しているユーザーも含む)に対して Android アプリが無効になり、どのユーザーにも ecryptfs から ext4 暗号化への移行を促すメッセージは表示されません。
このポリシーを「AllowMigration」に設定した場合は、ホーム ディレクトリで ecryptfs を使用しているユーザーに対し、必要に応じて(現時点では端末で Android N が利用できるようになったときに)、ext4 暗号化への移行を促すメッセージが表示されます。
このポリシーはキオスクアプリには適用されません。キオスクアプリは自動的に移行されます。このポリシーが未設定の場合、端末の動作は「DisallowArc」を選択した場合と同じになります。</translation>
<translation id="2201555246697292490">ネイティブ メッセージングのホワイトリストを設定する</translation>
<translation id="2204753382813641270">シェルフの自動非表示を指定する</translation>
<translation id="2208976000652006649">POST を使用する検索 URL のパラメータ</translation>
<translation id="2223598546285729819">デフォルトの通知設定</translation>
<translation id="2231817271680715693">初回実行時にデフォルトのブラウザから閲覧履歴をインポートする</translation>
<translation id="2236488539271255289">すべてのサイトに対してローカル データの設定を許可しない</translation>
<translation id="2240879329269430151">ウェブサイトに対してポップアップ表示を許可するかどうかを設定できます。ポップアップ表示は、すべてのウェブサイトに対して許可または禁止することができます。このポリシーが未設定の場合、「BlockPopups」が使用され、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="2274864612594831715">このポリシーでは、仮想キーボードを Chrome OS の入力デバイスとして有効にするよう設定します。ユーザーはこのポリシーをオーバーライドできません。
このポリシーが true に設定されている場合、画面上の仮想キーボードが常に有効になります。
false に設定されている場合、画面上の仮想キーボードは常に無効になります。
このポリシーを設定した場合、ユーザーはこのポリシーを変更したりオーバーライドしたりすることはできません。ただし、ユーザーは画面キーボードのユーザー補助機能を有効または無効にすることができ、その設定内容は、このポリシーで制御される仮想キーボードよりも優先されます。画面キーボードのユーザー補助機能の制御については、|VirtualKeyboardEnabled| ポリシーをご覧ください。
このポリシーが未設定の場合、初期状態では画面キーボードは無効ですが、ユーザーはいつでも画面キーボードを有効にできます。キーボードをいつ表示するかは、ヒューリスティックを使用して決定することもできます。</translation>
<translation id="228659285074633994">AC 電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから警告ダイアログが表示されるまでの時間を指定します。
このポリシーが設定されている場合、アイドル時の対応が行われることをユーザーに知らせる警告ダイアログが <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> で表示されるまでのアイドル時間を指定します。
このポリシーが設定されていない場合、警告ダイアログは表示されません。
このポリシーの値はミリ秒単位で指定します。アイドルまでの時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="2292084646366244343"><ph name="PRODUCT_NAME" /> では、スペル ミスの解決に役立つ Google ウェブ サービスを使用できます。この設定を有効にすると、このサービスが常に使用されます。この設定を無効にすると、このサービスは使用できません。
スペルチェックはダウンロードされた辞書を使って行うこともできます。このポリシーでは、オンライン サービスの利用のみをコントロールします。
これが未設定の場合、スペルチェック サービスを使用するかどうかをユーザーが選択できます。</translation>
<translation id="2294382669900758280">Android アプリで再生中の動画は、このポリシーを <ph name="TRUE" /> に設定した場合でも考慮されません。</translation>
<translation id="2298647742290373702"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のデフォルトの新しいタブページを設定します。</translation>
<translation id="2299220924812062390">有効なプラグインのリストを指定する</translation>
<translation id="2303795211377219696">クレジット カードの自動入力を有効にする</translation>
<translation id="2309390639296060546">デフォルトの位置情報設定</translation>
<translation id="2312134445771258233">起動時に読み込まれるページを設定できます。[起動時の操作] の [URL のリストを開く] を選択しない場合、[起動時に開く URL] リストのコンテンツは無視されます。</translation>
<translation id="2334591568684482454"><ph name="TPM_FIRMWARE_UPDATE_TPM" /> ファームウェア アップデート機能が利用可能かどうか、利用可能な場合はその動作を設定します。
個々の設定は JSON プロパティで指定できます。
<ph name="TPM_FIRMWARE_UPDATE_SETTINGS_ALLOW_USER_INITIATED_POWERWASH" />: <ph name="TPM_FIRMWARE_UPDATE_SETTINGS_ALLOW_USER_INITIATED_POWERWASH_TRUE" /> に設定されている場合、ユーザーは <ph name="TPM_FIRMWARE_UPDATE_TPM" /> ファームウェア アップデートをインストールするために Powerwash のフローを開始できます。
このポリシーが未設定の場合、<ph name="TPM_FIRMWARE_UPDATE_TPM" /> ファームウェア アップデート機能は利用できません。</translation>
<translation id="2337466621458842053">画像を表示できるサイトを指定する url パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultImagesSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="2372547058085956601">公開セッションに自動ログインするまでの時間です。
|DeviceLocalAccountAutoLoginId| ポリシーが設定されていない場合、このポリシーは無効です。それ以外の場合は、以下のようになります:
このポリシーを設定する場合、ユーザー操作が行われなくなってから |DeviceLocalAccountAutoLoginId| ポリシーで指定された公開セッションに自動ログインするまでの時間を指定します。
このポリシーが設定されていない場合、タイムアウトは 0 ミリ秒に設定されます。
このポリシーはミリ秒単位で指定します。</translation>
<translation id="237494535617297575">通知表示を許可するサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultNotificationsSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="2386362615870139244">ウェイクアップ画面のロックを許可する</translation>
<translation id="2411919772666155530">これらのサイトの通知をブロックする</translation>
<translation id="2418507228189425036"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のブラウザ履歴の保存を無効にし、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。
この設定を有効にすると、閲覧履歴は保存されません。また、タブの同期も無効になります。
この設定を無効にした場合、または未設定の場合は、閲覧履歴が保存されます。</translation>
<translation id="2424023834246613232"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のデフォルト プリンタ選択ルールをオーバーライドします。
このポリシーは、<ph name="PRODUCT_NAME" /> のデフォルト プリンタを選択するルールを決定します。これは、各プロフィールで印刷プロフィールが初めて使用されるときに行われます。
このポリシーが設定されていると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は、指定されたすべての属性に一致するプリンタを探して選択し、デフォルト プリンタに設定しようと試みます。最初に見つかったポリシーに一致するプリンタが選択されます。適合するプリンタが複数ある場合は、最初に見つかったプリンタが選択されます。
このポリシーが設定されていない場合や、タイムアウトするまでに一致するプリンタが見つからない場合、デフォルト プリンタは組み込みの PDF プリンタに設定されますが、PDF プリンタが利用できない場合は、プリンタは設定されません。
値は JSON オブジェクトとして解析され、次のスキーマに一致するものです。
{
"type": "object",
"properties": {
"kind": {
"description": "照合するプリンタの検索を特定のプリンタのセットに限定するかどうか",
"type": {
"enum": [ "local", "cloud" ]
}
},
"idPattern": {
"description": "プリンタ ID と照合する正規表現",
"type": "string"
},
"namePattern": {
"description": "プリンタの表示名と照合する正規表現",
"type": "string"
}
}
}
<ph name="CLOUD_PRINT_NAME" />」に接続されるプリンタは「<ph name="PRINTER_TYPE_CLOUD" />」と見なされ、それ以外のプリンタは「<ph name="PRINTER_TYPE_LOCAL" />」に分類されます。
項目の値の指定を省略すると、すべての値に一致することになります。たとえば、接続の種類を指定しない場合、印刷プレビューはローカルとクラウドを問わず、あらゆる種類のプリンタの検出を開始することになります。
正規表現のパターンは JavaScript RegExp 構文に従う必要があり、照合の際に大文字と小文字が区別されます。</translation>
<translation id="2426782419955104525"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のインスタント検索機能を有効にします。ユーザーはこの設定を変更できなくなります。
この設定を有効にすると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> のインスタント検索が有効になります。
この設定を無効にすると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> のインスタント検索が無効になります。
管理者がこの設定を有効または無効にした場合は、ユーザーがこの設定を変更したり別の優先する設定を指定したりすることはできません。
この設定が未設定の場合は、この機能を使用するかどうかをユーザーが選択できます。
この設定は、<ph name="PRODUCT_NAME" /> 29 以降のバージョンでは削除されています。</translation>
<translation id="2436445024487698630"><ph name="PRODUCT_NAME" /> へのログインを許可する</translation>
<translation id="244317009688098048">自動ログイン回避用のキーボード ショートカットを有効にします。
このポリシーが未設定の場合、または True に設定され、デバイスのローカル アカウントがゼロ遅延の自動ログイン用に設定されている場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> では自動ログインを回避してログイン画面を表示するキーボード ショートカットの Ctrl+Alt+S を有効にします。
このポリシーが False に設定されている場合、ゼロ遅延の自動ログイン(設定されている場合)を回避することはできません。</translation>
<translation id="2463365186486772703">アプリケーションの言語/地域</translation>
<translation id="2466131534462628618">キャプティブ ポータル認証でプロキシを無視する</translation>
<translation id="2482676533225429905">ネイティブ メッセージング</translation>
<translation id="2483146640187052324">ネットワーク接続でネットワーク動作を予測する</translation>
<translation id="2486371469462493753">指定された URL に対し、証明書の透明性の要件を無効にします。
このポリシーを使用すると、指定した URL のホスト名に対し、証明書の透明性ポリシーを介して公開されていない証明書の使用を許可することができます。この場合、適切に公開されていないために信頼できない可能性のある証明書でも、引き続き使用が可能になります。ただし、これらのホストに対して間違って発行された証明書は検出が難しくなります。
URL パターンの形式は、https://www.chromium.org/administrators/url-blacklist-filter-format に記載のとおりです。ただし、スキーム、ポート、パスに関係なく特定のホスト名に対して証明書が有効になるため、考慮されるのは URL のホスト名の部分のみです。ワイルドカードを使ったホストの指定はサポートされていません。
このポリシーが未設定の場合、証明書の透明性ポリシーを介して公開することが要件となっている証明書は、証明書の透明性ポリシーを介して公開されていない場合、信頼できないものとして扱われます。</translation>
<translation id="2488010520405124654">オフライン時のネットワーク設定メッセージの表示を有効にします。
このポリシーが未設定の場合、または True に設定されていて、デバイスのローカル アカウントが遅延なしの自動ログインを行うように設定されており、かつデバイスからインターネットにアクセスできない場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> ではネットワーク設定メッセージが表示されます。
このポリシーが False に設定されている場合、ネットワーク設定メッセージではなくエラー メッセージが表示されます。</translation>
<translation id="2498238926436517902">常にシェルフを自動的に非表示にする</translation>
<translation id="2514328368635166290">デフォルトの検索プロバイダのお気に入りアイコンの URL を指定します。このポリシーは省略可能です。未設定の場合、検索プロバイダにアイコンは表示されません。このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="2516600974234263142"><ph name="PRODUCT_NAME" /> での印刷を可能にするとともに、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。
この設定が有効な場合または未設定の場合、ユーザーは印刷できます。
この設定が無効な場合、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> から印刷できません。印刷はツール メニュー、拡張機能、JavaScript アプリケーションなどから無効にできます。無効にしても、印刷時に <ph name="PRODUCT_NAME" /> をバイパスするプラグインからは印刷できます。たとえば、特定の Flash アプリケーションではコンテキスト メニューに印刷オプションが用意されており、それに対してこのポリシーは適用されません。</translation>
<translation id="2518231489509538392">音声の再生を許可する</translation>
<translation id="2521581787935130926">ブックマーク バーでアプリのショートカットを表示する</translation>
<translation id="2529700525201305165"><ph name="PRODUCT_NAME" /> へのログインが許可されるユーザーを制限する</translation>
<translation id="2529880111512635313">強制インストールするアプリと拡張機能のリストを設定します</translation>
<translation id="253135976343875019">アイドル警告が表示されるまでの時間(AC 電源での実行時)</translation>
<translation id="2552966063069741410">タイムゾーン</translation>
<translation id="2562339630163277285">インスタント検索の結果表示に使用する検索エンジンの URL を指定します。この URL には <ph name="SEARCH_TERM_MARKER" /> という文字列を含めます。この文字列は、検索時にユーザーが入力したテキストに置き換えられます。
このポリシーは省略可能です。このポリシーが未設定の場合、インスタント検索の結果は表示されません。
Google のインスタント検索結果の URL は、<ph name="GOOGLE_INSTANT_SEARCH_URL" /> のように指定できます。
このポリシーは、「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="2569647487017692047">このポリシーが false に設定されている場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> では Bluetooth が無効になります。ユーザーが Bluetooth を再び有効にすることはできません。
このポリシーが true に設定されているか未設定の場合、ユーザーは必要に応じて Bluetooth を有効または無効にできます。
このポリシーが設定されている場合、ユーザーは設定内容を変更したり他の設定を優先させたりすることはできません。
Bluetooth を有効にした後、変更を適用するには、各ユーザー側でログアウトして再度ログインする必要があります(Bluetooth を無効にした場合、この手順は不要です)。</translation>
<translation id="2571066091915960923">データ圧縮プロキシを有効または無効にして、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。
この設定を有効または無効にすると、ユーザーはこの設定の変更やオーバーライドができなくなります。
このポリシーを設定しない場合、データ圧縮プロキシ機能を使用するかどうかはユーザーが選択できるようになります。</translation>
<translation id="2587719089023392205"><ph name="PRODUCT_NAME" /> を既定のブラウザに設定する</translation>
<translation id="2592091433672667839">小売りモードのログイン画面にスクリーンセーバーが表示されるまでの非アクティブな期間</translation>
<translation id="2623014935069176671">最初のユーザー操作を待機する</translation>
<translation id="262740370354162807"><ph name="CLOUD_PRINT_NAME" /> へのドキュメントの送信を有効にします。</translation>
<translation id="2633084400146331575">音声フィードバックを有効にする</translation>
<translation id="2646290749315461919">ウェブサイトに対してユーザーの物理的な現在地の追跡を許可するかどうかを設定できます。ユーザーの物理的な現在地の追跡は、デフォルトで許可または禁止することができます。また、ウェブサイトが物理的な現在地を要求するときに毎回ユーザーに確認することもできます。このポリシーが未設定の場合、「AskGeolocation」が使用され、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="2650049181907741121">ユーザーがデバイスの蓋を閉じた際に行われる操作</translation>
<translation id="2655233147335439767">デフォルトの検索を行うときに使用する検索エンジンの URL を指定します。この URL には「<ph name="SEARCH_TERM_MARKER" />」という文字列を含めます。この文字列は、検索時にユーザーが指定したキーワードに置き換えられます。
Google の検索 URL は、<ph name="GOOGLE_SEARCH_URL" /> のように指定できます。
このオプションは、「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合に設定が必要で、適用されるのはその場合のみとなります。</translation>
<translation id="2660846099862559570">プロキシを使用しない</translation>
<translation id="267596348720209223">検索プロバイダによってサポートされる文字エンコードを指定します。エンコードは、UTF-8、GB2312、ISO-8859-1 などのコード ページ名であり、指定された順序で適用されます。このポリシーは省略可能です。未設定の場合、デフォルトでは UTF-8 が使用されます。このポリシーは、「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="2682225790874070339"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> ファイル アプリでのドライブの同期を無効にする</translation>
<translation id="268577405881275241">データ圧縮プロキシ機能を有効にする</translation>
<translation id="2731627323327011390">ARC アプリで <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の証明書を使用できないようにする</translation>
<translation id="2742843273354638707">[新しいタブ] ページと <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のアプリ ランチャーで、Chrome ウェブストア アプリとフッターのリンクを非表示にします。
このポリシーが true に設定されている場合、アイコンは非表示になります。
このポリシーが false に設定されている場合、またはこのポリシーが設定されていない場合、アイコンは表示されます。</translation>
<translation id="2744751866269053547">プロトコル ハンドラを登録する</translation>
<translation id="2746016768603629042">このポリシーは今後使用できなくなりますので、DefaultJavaScriptSetting をご使用ください。
<ph name="PRODUCT_NAME" /> で無効になっている JavaScript に使用できます。
この設定が無効になっている場合は、ウェブページで JavaScript を使用できず、ユーザーはその設定を変更できません。
この設定が有効または未設定の場合、ウェブページで JavaScript を使用できますが、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="2753637905605932878">WebRTC が使用するローカル UDP ポートの範囲を制限する</translation>
<translation id="2757054304033424106">インストールが許可されている拡張機能/アプリのタイプ</translation>
<translation id="2759224876420453487">マルチプロフィール セッションでのユーザーの動作を制御する</translation>
<translation id="2761483219396643566">アイドル警告が表示されるまでの時間(バッテリー電源での実行時)</translation>
<translation id="2762164719979766599">ログイン画面でデバイスのローカル アカウントのリストを表示するよう指定します。
リストの各エントリは識別子を示します。これらの識別子は、デバイスのローカル アカウントを区別するために内部で使用されます。</translation>
<translation id="2766302473082018239">ユーザーに使用を許可するプリンタを指定します。
このポリシーは、<ph name="BULK_PRINTERS_ACCESS_MODE" /> の値に <ph name="PRINTERS_WHITELIST" /> が選択されている場合にのみ使用されます。
このポリシーが使用される場合、ユーザーはこのポリシーに指定されている値に一致する ID のプリンタのみを使用できます。この ID は、<ph name="BULK_PRINTERS_POLICY" /> で指定されたファイル内のエントリに対応している必要があります。
</translation>
<translation id="2769952903507981510">リモート アクセス ホストの必須のドメイン名を設定する</translation>
<translation id="2787173078141616821">Android のステータスに関する情報を報告する</translation>
<translation id="2801230735743888564">デバイスがオフラインのときに、ユーザーが恐竜のイースター エッグゲームをプレイすることを許可します。
このポリシーを False に設定すると、ユーザーはデバイスがオフラインのときに恐竜のイースター エッグゲームをプレイできません。True に設定するとプレイできます。ポリシーが未設定の場合、登録されている Chrome OS ではプレイできませんが、他の環境ではプレイできます。</translation>
<translation id="2805707493867224476">すべてのサイトに対してポップアップ表示を許可する</translation>
<translation id="2808013382476173118">リモート クライアントがこのコンピュータへの接続を試行するときに STUN サーバーを使用できるようにします。
この設定が有効な場合、リモート クライアントはファイアウォールの有無にかかわらずこのコンピュータを検出して接続できます。
この設定が無効な場合で発信 UDP 接続がファイアウォールによって除外されている場合は、ローカル ネットワーク内のクライアント コンピュータのみがこのコンピュータに接続できます。
このポリシーが未設定の場合、この設定は有効になります。</translation>
<translation id="2823870601012066791">Windows レジストリでの <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> クライアントの場所:</translation>
<translation id="2824715612115726353">シークレット モードを有効にする</translation>
<translation id="2838830882081735096">データ移行と ARC を許可しない</translation>
<translation id="2844404652289407061"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のコンテンツ ビューで [タップして検索] を使用できるかどうかを制御します。
この設定を有効にした場合、ユーザーは [タップして検索] を使用でき、この機能のオンとオフを切り替えることができます。
この設定を無効にした場合、[タップして検索] は無効になります。
このポリシーが未設定の場合は、有効にした場合と同じ結果になります(上の説明をご覧ください)。</translation>
<translation id="285480231336205327">ハイ コントラスト モードを有効にする</translation>
<translation id="2854919890879212089"><ph name="PRODUCT_NAME" /> で、印刷プレビューのデフォルトの出力先として、最近使用したプリンタではなくシステムのデフォルト プリンタが使用されるように設定します。
この設定を無効にするか値を設定しなかった場合、印刷プレビューではデフォルトの出力先として最近使用したプリンタが使用されます。
この設定を有効にした場合、印刷プレビューではデフォルトの出力先としてオペレーティング システムのデフォルト プリンタが使用されます。</translation>
<translation id="2872961005593481000">終了</translation>
<translation id="2874209944580848064">Android アプリをサポートする <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> デバイスに関する注意:</translation>
<translation id="2877225735001246144">Kerberos 認証をネゴシエートするときに CNAME 検索を無効にする</translation>
<translation id="2884728160143956392">これらのサイトのセッションのみの Cookie を許可する</translation>
<translation id="2893546967669465276">管理サーバーにシステムログを送信する</translation>
<translation id="2899002520262095963">Android アプリは、このポリシーで設定したネットワーク設定と CA 証明書を使用できますが、一部の設定オプションにはアクセスできません。</translation>
<translation id="2906874737073861391">AppPack 拡張機能リスト</translation>
<translation id="2908277604670530363">プロキシ サーバーへの最大同時接続数</translation>
<translation id="2956777931324644324">このポリシーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> バージョン 36 で廃止されました。
TLS ドメイン固定証明書の拡張機能を有効にするかどうかを指定します。
この設定は、テスト目的で TLS ドメイン固定証明書の拡張機能を有効にするために使用されます。この設定は試験運用的なものであり、今後削除される予定です。</translation>
<translation id="2957506574938329824">すべてのサイトに対して Web Bluetooth API による Bluetooth デバイスへのアクセスを許可しない</translation>
<translation id="2957513448235202597"><ph name="HTTP_NEGOTIATE" />」認証用のアカウントの種類</translation>
<translation id="2959898425599642200">プロキシ バイパス ルール</translation>
<translation id="2960691910306063964">リモート アクセス ホストの PIN 入力なしの認証を有効または無効にする</translation>
<translation id="2976002782221275500">バッテリー電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから画面が暗くなるまでの時間を指定します。
このポリシーをゼロより大きい値に設定した場合、値は <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面が暗くなるまでのアイドル時間を表します。
このポリシーをゼロに設定した場合、アイドル状態になっても <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面は暗くなりません。
このポリシーを設定しないと、デフォルトの時間が使用されます。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。画面がオフになるまでの時間(設定している場合)やアイドル時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="2987155890997901449">ARC を有効にする</translation>
<translation id="2987227569419001736">Web Bluetooth API の使用を管理する</translation>
<translation id="3001534538097271560">このポリシーを false に設定した場合、ユーザーは Google サーバーに一部のシステム情報やページのコンテンツを送信するよう指定できなくなります。このポリシーを true に設定するか未設定のままにした場合、ユーザーは危険なアプリやサイトの検出に役立てるために一部のシステム情報やページのコンテンツをセーフ ブラウジングに送信できます。
セーフ ブラウジングの詳細については、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。</translation>
<translation id="3016255526521614822"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のロック画面で使用できるメモ作成アプリをホワイトリスト登録する</translation>
<translation id="3030000825273123558">統計情報のレポート送信を有効にする</translation>
<translation id="3034580675120919256">ウェブサイトに対して JavaScript の実行を許可するかどうかを設定できます。JavaScript の実行は、すべてのウェブサイトに対して許可または禁止することができます。このポリシーが未設定の場合、「AllowJavaScript」が使用され、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="3038323923255997294"><ph name="PRODUCT_NAME" /> を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する</translation>
<translation id="3046192273793919231">オンライン ステータス監視のためにネットワーク パケットを管理サーバーに送信する</translation>
<translation id="3048744057455266684">このポリシーを設定していて、アドレスバーの検索 URL 候補のクエリ文字列やフラグメント識別子にこのパラメータが含まれる場合、元の検索 URL を検索キーワードや検索プロバイダに置き換えた候補が表示されます。
このポリシーは省略可能です。未設定の場合、検索キーワードに置き換えられることはありません。
このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="3069958900488014740"><ph name="PRODUCT_NAME" /> で WPAD(ウェブプロキシ自動検出)の最適化を無効にできます。
このポリシーを false に設定すると、WPAD の最適化は無効になり、DNS ベースの WPAD サーバーに対する <ph name="PRODUCT_NAME" /> の待機間隔が長くなります。このポリシーを未設定または有効にすると、WPAD の最適化は有効になります。
このポリシーの設定に関係なく、ユーザーは WPAD の最適化設定を変更できません。</translation>
<translation id="3072045631333522102">小売りモードでのログイン画面に使用するスクリーンセーバー</translation>
<translation id="3072847235228302527">デバイスのローカル アカウントの利用規約を設定する</translation>
<translation id="3086995894968271156"><ph name="PRODUCT_NAME" /> で Cast Receiver を設定します。</translation>
<translation id="3096595567015595053">有効なプラグインのリスト</translation>
<translation id="3101501961102569744">プロキシ サーバー設定の指定方法を選択する</translation>
<translation id="3117676313396757089">警告: DHE は <ph name="PRODUCT_NAME" /> のバージョン 57 以後に完全に削除されます(2017 年 3 月頃)。また、このポリシーもその時点で機能しなくなります。
このポリシーが未設定であるか false に設定されている場合、TLS の DHE 暗号スイートは有効化されません。DHE 暗号スイートを有効にして古いサーバーに対応するために、このポリシーを true に設定することもできます。これは暫定的な措置であり、サーバーの再設定が必要です。
サーバーを ECDHE 暗号化スイートに移行することをおすすめします。ECDHE 暗号化スイートを使用できない場合は、RSA 鍵交換を使用した暗号化スイートが有効になっているか確認してください。</translation>
<translation id="316778957754360075">この設定は <ph name="PRODUCT_NAME" /> バージョン 29 で廃止されました。組織でホストする拡張機能/アプリのコレクションを設定するには、CRX パッケージをホストするサイトを ExtensionInstallSources の中で指定し、パッケージへの直接ダウンロード リンクをウェブページに置くことをおすすめします。そのウェブページのランチャーは、ExtensionInstallForcelist ポリシーを使用して作成できます。</translation>
<translation id="3185009703220253572">バージョン <ph name="SINCE_VERSION" /> 以降</translation>
<translation id="3187220842205194486">Android アプリは企業キーにアクセスできません。このポリシーは Android アプリには適用されません。</translation>
<translation id="3201273385265130876"><ph name="PRODUCT_NAME" /> が使用するプロキシ サーバーを指定できます。この場合、ユーザーがプロキシ設定を変更することはできません。
プロキシ サーバーを使用せず常に直接接続することを選択した場合、他の設定はすべて無視されます。
システムのプロキシ設定を使用することを選択した場合、他の設定はすべて無視されます。
プロキシ サーバーを自動検出することを選択した場合、他の設定はすべて無視されます。
固定サーバー プロキシ モードを選択した場合は、[プロキシ サーバーのアドレスまたは URL] と [プロキシ バイパス ルールのカンマ区切りリスト] で詳細を指定できます。ARC アプリで使用できるのは最も優先度が高い HTTP プロキシ サーバーのみです。
.pac プロキシ スクリプトを使用することを選択した場合は、[プロキシ .pac ファイルへの URL] でスクリプトの URL を指定する必要があります。
詳しい例については、次の URL をご覧ください。
<ph name="PROXY_HELP_URL" />
この設定を有効にした場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> と ARC アプリでは、コマンドラインで指定されたプロキシ関連の設定がすべて無視されます。
このポリシーが未設定の場合、ユーザーは自分でプロキシ設定を選択できます。</translation>
<translation id="3205825995289802549">初回実行時に最初に表示されるブラウザ ウィンドウを最大化する</translation>
<translation id="3213821784736959823">組み込みの DNS クライアントが <ph name="PRODUCT_NAME" /> で使用されるかどうかを指定します。
このポリシーが true に設定されている場合、組み込みの DNS クライアントが使用されます(使用可能な場合)。
このポリシーが false に設定されている場合、組み込みの DNS クライアントが使用されることはありません。
このポリシーが設定されていない場合、ユーザーは chrome://flags を編集するかコマンドライン フラグを指定することにより、組み込みの DNS クライアントが使用されるかどうかを変更できます。</translation>
<translation id="3214164532079860003">このポリシーを有効にするとホームページが現在の既定のブラウザからインポートされます。無効にするとホームページはインポートされません。このポリシーが未設定の場合、インポートするかどうかをユーザーに尋ねるか、自動的にインポートされます。</translation>
<translation id="3219421230122020860">シークレット モードを利用可能にする</translation>
<translation id="3220624000494482595">キオスクアプリが Android アプリの場合は、このポリシーを <ph name="TRUE" /> に設定しても、アプリによって <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のバージョンを制御することはできません。</translation>
<translation id="3236046242843493070">拡張機能、アプリ、ユーザー スクリプトのインストールを許可する URL パターン</translation>
<translation id="3240609035816615922">プリンタの設定へのアクセス ポリシー</translation>
<translation id="3243309373265599239">AC 電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから画面が暗くなるまでの時間を指定します。
このポリシーをゼロより大きい値に設定した場合、値は <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面が暗くなるまでのアイドル時間を表します。
このポリシーをゼロに設定した場合、アイドル状態になっても <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面は暗くなりません。
このポリシーを設定しないと、デフォルトの時間が使用されます。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。画面がオフになるまでの時間(設定している場合)やアイドル時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="3264793472749429012">デフォルトの検索プロバイダのエンコード</translation>
<translation id="3273221114520206906">デフォルトのJavascript 設定</translation>
<translation id="3288595667065905535">リリース チャンネル</translation>
<translation id="3292147213643666827"><ph name="CLOUD_PRINT_NAME" /> と、パソコンに接続している従来のプリンタとの間で、<ph name="PRODUCT_NAME" /> がプロキシとして動作できるようにします。
この設定が有効な場合または未設定の場合、ユーザーは Google アカウントでの認証によってクラウド プリント プロキシを有効にできます。
この設定が無効な場合、ユーザーはプロキシを有効にできず、パソコンはプリンタを <ph name="CLOUD_PRINT_NAME" /> と共有できません。</translation>
<translation id="3297010562646015826">タスク マネージャでプロセスを終了できるようにする</translation>
<translation id="3307746730474515290">インストールを許可するアプリや拡張機能のタイプを指定し、ランタイム アクセスを制限します。
この設定では、<ph name="PRODUCT_NAME" /> にインストールできる拡張機能やアプリのタイプと、その通信先のホストをホワイトリスト登録します。値は文字列のリストで、各項目は「extension」、「theme」、「user_script」、「hosted_app」、「legacy_packaged_app」、「platform_app」のいずれかとなります。これらのタイプについて詳しくは、<ph name="PRODUCT_NAME" /> 拡張機能のドキュメントをご覧ください。
このポリシーは、ExtensionInstallForcelist で指定された、強制インストールされる拡張機能やアプリにも影響します。
この設定を指定した場合、リストにないタイプの拡張機能やアプリはインストールされません。
この設定が未指定の場合、インストールできる拡張機能やアプリのタイプに関して制限は適用されません。</translation>
<translation id="3322771899429619102">キー生成を使用できるサイトの URL パターンを登録します。URL パターンが「KeygenBlockedForUrls」にも含まれる場合、この例外ポリシーは無視されます。
このポリシーが未設定の場合は、「DefaultKeygenSetting」ポリシー(設定されている場合)またはユーザー個人の設定で指定されているすべてのサイトに対し、共通の既定値が使用されます。</translation>
<translation id="332771718998993005"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のレシーバーとして表示する名前を指定します。
このポリシーが空でない文字列に設定されている場合は、その文字列が <ph name="PRODUCT_NAME" /> のレシーバー名として使用されます。それ以外の場合、レシーバー名にはデバイス名が設定されます。このポリシーが未設定の場合、レシーバー名にはデバイス名が設定され、デバイスの所有者(またはデバイスを管理するドメインのユーザー)はその名前を変更できます。なお、名前は 24 文字以内で指定する必要があります。</translation>
<translation id="3381968327636295719">ホスト ブラウザをデフォルトで使用する</translation>
<translation id="3395348522300156660">ユーザーに使用を許可するプリンタを指定します。
このポリシーは、<ph name="DEVICE_PRINTERS_ACCESS_MODE" /> の値に <ph name="PRINTERS_WHITELIST" /> が選択されている場合にのみ使用されます。
このポリシーが使用される場合、ユーザーはこのポリシーに指定されている値に一致する ID のプリンタのみを使用できます。この ID は、<ph name="DEVICE_PRINTERS_POLICY" /> で指定されたファイル内のエントリに対応している必要があります。
</translation>
<translation id="3417418267404583991">このポリシーを true に設定した場合または未設定の場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> ではゲスト ログインが有効になります。ゲスト ログインは匿名ユーザーのセッションで、パスワードが不要です。
このポリシーを false に設定した場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> ではゲスト セッションを開始できません。</translation>
<translation id="3418871497193485241">YouTube で一定レベル以上の制限付きモードを強制的に適用し、それより制限の
緩いモードをユーザーが選択できないようにします。
この設定を「強」にした場合、YouTube では制限付きモード「強」が常に有効になります。
この設定を「中」にした場合、ユーザーは YouTube で制限付きモード「中」
または「強」のみを選択でき、制限付きモードを無効にすることはできません。
この設定が「オフ」または未設定の場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> によって YouTube の制限付きモードが強制されることはありませんが、YouTube ポリシーなどの外部のポリシーによって強制的に適用される可能性はあります。</translation>
<translation id="3428247105888806363">ネットワーク予測を有効にする</translation>
<translation id="3449886121729668969"><ph name="PRODUCT_NAME" /> 用のプロキシ設定を指定します。このプロキシ設定は ARC アプリでも使用できます。
このポリシーはまだ準備段階のため、使用しないでください。</translation>
<translation id="3460784402832014830">検索エンジンが新しいタブ ページを提供するために使用する URL を指定します。
このポリシーは省略できます。設定しないと新しいタブ ページは提供されません。
このポリシーは、DefaultSearchProviderEnabled ポリシーが有効の場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="346731943813722404">電源管理の遅延とセッションの時間制限の開始は、セッションでユーザーが何らかの操作をしてからにするかどうかを指定します。
このポリシーが true に設定された場合、電源管理の遅延とセッションの時間制限の開始は、セッションでユーザーが何らかの操作をするまで行われません。
このポリシーが false または未設定の場合、電源管理の遅延とセッションの時間制限の開始は、セッション開始直後に行われます。</translation>
<translation id="3478024346823118645">ログアウト時にユーザー データを消去するかを指定する</translation>
<translation id="348495353354674884">仮想キーボードを有効にする</translation>
<translation id="3496296378755072552">パスワード マネージャ</translation>
<translation id="350443680860256679">ARC を設定する</translation>
<translation id="3504791027627803580">画像検索に使用する検索エンジンの URL を指定します。検索リクエストは GET メソッドを使用して送信されます。DefaultSearchProviderImageURLPostParams ポリシーが設定されている場合は、GET メソッドではなく POST メソッドが画像検索リクエストで使用されます。
このポリシーは省略可能です。このポリシーが設定されていない場合、画像検索は使用されません。
このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="350797926066071931">翻訳を有効にする</translation>
<translation id="3512226956150568738">ARC の実行に ext4 への移行が必要となる前からすでにクライアント端末機種で ARC がサポートされていて、かつ ArcEnabled ポリシーが true に設定されている場合、このオプションの動作は AskUser(値 3)と同じになります。その他すべての場合(端末機種で以前より ARC がサポートされていなかった場合、または ArcEnabled ポリシーが false に設定されている場合)、この値は DisallowArc(値 0)と同じになります。</translation>
<translation id="3528000905991875314">別のエラー ページを有効にする</translation>
<translation id="3547954654003013442">プロキシ設定</translation>
<translation id="3591584750136265240">ログイン認証の動作を設定する</translation>
<translation id="3627678165642179114">スペルチェック ウェブ サービスを有効または無効にする</translation>
<translation id="3646859102161347133">画面拡大鏡のタイプを設定する</translation>
<translation id="3653237928288822292">デフォルトの検索プロバイダ アイコン</translation>
<translation id="3660562134618097814">ログイン時に SAML IdP Cookie を転送する</translation>
<translation id="3687282113223807271">不正なサイトの可能性があると報告されているサイトにユーザーが移動しようとすると、セーフ ブラウジング サービスにより警告ページが表示されます。この設定を有効にした場合、ユーザーはその警告ページから不正なサイトに進むことができなくなります。
この設定を無効にするか未設定のままにした場合、ユーザーは警告が表示された後にそのサイトに進むかどうかを選択できます。
セーフ ブラウジングの詳細については、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。</translation>
<translation id="3709266154059827597">拡張機能インストールのブラックリストを設定する</translation>
<translation id="3711895659073496551">停止する</translation>
<translation id="3736879847913515635">ユーザー管理画面でのユーザー追加を許可する</translation>
<translation id="3750220015372671395">指定サイトでのキー生成をブロックする</translation>
<translation id="3756011779061588474">デベロッパー モードをブロックする</translation>
<translation id="3758089716224084329"><ph name="PRODUCT_NAME" /> が使用するプロキシ サーバーを指定できます。この場合、ユーザーがプロキシ設定を変更することはできません。
プロキシ サーバーを使用せず常に直接接続することを選択した場合、他の設定はすべて無視されます。
プロキシ サーバーを自動検出することを選択した場合、他の設定はすべて無視されます。
詳しい例については、次の URL をご覧ください。
<ph name="PROXY_HELP_URL" />
この設定を有効にした場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> と ARC アプリでは、コマンドラインで指定されたプロキシ関連の設定がすべて無視されます。
このポリシーが未設定の場合、ユーザーは自分でプロキシ設定を選択できます。</translation>
<translation id="3758249152301468420">デベロッパー ツールを無効にする</translation>
<translation id="3765260570442823273">アイドル時のログアウト警告メッセージの表示期間</translation>
<translation id="376931976323225993">ウェブサイトで <ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインの自動実行を許可するかどうかを設定します。<ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインの自動実行をすべてのウェブサイトで許可するか、すべてのウェブサイトでブロックするかのいずれかを指定できます。
「クリックして再生」の場合、<ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインの実行は許可されますが、実行されるのはユーザーがプレースホルダをクリックしたときのみとなります。
このポリシーが未設定の場合、ユーザーはこの設定を手動で変更できます。</translation>
<translation id="3780152581321609624">Kerberos SPN に非標準ポートを含める</translation>
<translation id="3780319008680229708">このポリシーが true に設定されている場合は、ツールバーまたはオーバーフロー メニューに Cast ツールバー アイコンが常に表示されます。ユーザーがこのアイコンを削除することはできません。
このポリシーが false に設定されているか未設定の場合、ユーザーはコンテキスト メニューを使ってこのアイコンを固定したり削除したりできます。
「EnableMediaRouter」ポリシーが false に設定されている場合、このポリシーの値は適用されず、ツールバー アイコンは表示されません。</translation>
<translation id="3788662722837364290">ユーザーがアイドル状態になったときの電源管理設定</translation>
<translation id="3793095274466276777"><ph name="PRODUCT_NAME" /> での既定のブラウザのチェックを設定し、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。この設定を有効にすると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> が既定のブラウザであるかどうかを常に起動時にチェックし、必要に応じて自動登録します。この設定を無効にすると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> が既定のブラウザであるかどうかをチェックせずに、このオプションを設定するユーザー コントロールを無効にします。この設定を設定しないと、<ph name="PRODUCT_NAME" /> が既定のブラウザであるかどうか、既定でない場合にユーザー通知を表示すべきかどうかをユーザーが管理できます。</translation>
<translation id="379602782757302612">ユーザーによるインストールを禁止する拡張機能を指定できます。すでにインストールされている拡張機能をブラックリスト登録した場合、その拡張機能は無効になり、ユーザーが有効にすることはできません。ブラックリスト登録して無効になった拡張機能は、ブラックリストから削除すると自動的に再度有効になります。
値「*」を指定すると、すべての拡張機能をブラックリスト登録することになります(明示的にホワイトリスト登録している拡張機能は除外されます)。
このポリシーが未設定の場合、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> にあらゆる拡張機能をインストールできます。</translation>
<translation id="3800626789999016379">ファイルをダウンロードするときに <ph name="PRODUCT_NAME" /> が使用するディレクトリを設定します。
このポリシーを設定した場合は、ユーザーがディレクトリを指定していたり毎回ダウンロード先の場所を確認するよう指定していたりしても、ここで指定したディレクトリが <ph name="PRODUCT_NAME" /> で使用されます。
使用できる変数のリストについては、https://www.chromium.org/administrators/policy-list-3/user-data-directory-variables をご覧ください。
このポリシーが未設定の場合は、デフォルトのダウンロード ディレクトリが使用されます。ユーザーはこのディレクトリを変更することもできます。</translation>
<translation id="3805659594028420438">TLS ドメイン固定証明書の拡張機能を有効にする(サポート終了)</translation>
<translation id="3808945828600697669">無効なプラグインのリストを指定する</translation>
<translation id="3816312845600780067">自動ログイン回避用のキーボード ショートカットを有効にする</translation>
<translation id="3820526221169548563">画面キーボードのユーザー補助機能を有効にします。
このポリシーを true に設定すると、画面キーボードが常に有効になります。
このポリシーを false に設定すると、画面キーボードが常に無効になります。
このポリシーを設定した場合、ユーザーがそれを変更したりオーバーライドしたりすることはできません。
このポリシーが未設定の場合は、画面キーボードは無効になりますが、ユーザーがいつでも有効にできます。</translation>
<translation id="382476126209906314">リモート アクセス ホストに TalkGadget プレフィックスを設定する</translation>
<translation id="383466854578875212">ブラックリストから除外するネイティブ メッセージング ホストを指定できます。
ブラック リストの値「*」は、すべてのネイティブ メッセージング ホストがブラックリストに登録されていることを意味します。ホワイトリストに登録されたネイティブ メッセージング ホストのみが読み込まれます。
デフォルトで、すべてのネイティブ メッセージング ホストはホワイトリストに登録されています。ポリシーによってすべてのネイティブ メッセージング ホストがブラックリストに登録されている場合、ホワイトリストを使用して、このポリシーをオーバーライドできます。</translation>
<translation id="384743459174066962">ポップアップ表示を許可しないサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultPopupsSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="3851039766298741586">アクティブなキオスク セッションに関する情報(アプリケーション ID、
バージョンなど)を報告します。
このポリシーを false に設定した場合、キオスク セッションに関する情報は
報告されません。true に設定するか未設定のままにした場合は、キオスク
セッションに関する情報が報告されます。</translation>
<translation id="3859780406608282662"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> でのバリエーション シードの取得にパラメータを追加します。
このポリシーが指定されている場合、バリエーション シードの取得に使用される URL に「restrict」というクエリ パラメータが追加されます。このパラメータの値には、このポリシーで指定された値が使用されます。
このポリシーが指定されていない場合、バリエーション シード URL は変更されません。</translation>
<translation id="3863409707075047163">有効な SSL の最小バージョン</translation>
<translation id="3864020628639910082">検索候補の表示に使用する検索エンジンの URL を指定します。この URL には「<ph name="SEARCH_TERM_MARKER" />」という文字列を含めます。この文字列は、検索時にユーザーが入力したテキストに置き換えられます。
このポリシーは省略可能です。未設定の場合、URL 候補は使用されません。
Google の URL 候補は、<ph name="GOOGLE_SUGGEST_SEARCH_URL" /> のように指定できます。
このポリシーは、「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="3866249974567520381">説明</translation>
<translation id="3868347814555911633">このポリシーは小売りモードでのみアクティブになります。
小売りモードでデバイスにログインしたデモ ユーザーに対して自動的にインストールされる拡張機能のリストを指定します。これらの拡張機能はデバイスに保存され、インストール後はオフラインでもインストールされた状態になります。
リストの各エントリには辞書を指定し、[extension-id] フィールドに拡張機能 ID、[update-url] フィールドに更新 URL を指定する必要があります。</translation>
<translation id="3877517141460819966">統合 2 段階認証モード</translation>
<translation id="388237772682176890">SPDY/3.1 がサポートされなくなるため、このポリシーは、M53 でサポート終了、M54 で廃止となります。
<ph name="PRODUCT_NAME" /> で SPDY プロトコルを使用できないようにします。
このポリシーが有効な場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では SPDY プロトコルを使用できません。
このポリシーを無効に設定すると、SPDY を使用できるようになります。
このポリシーが未設定の場合は、SPDY を使用できます。</translation>
<translation id="3890999316834333174">ロックのクイック解除ポリシー</translation>
<translation id="3891357445869647828">Javascript を有効にする</translation>
<translation id="3891953007921334498">デベロッパー ツールと JavaScript コンソールを無効にします。
この設定を有効にした場合、デベロッパー ツールにはアクセスできず、ウェブサイト要素を検査することもできません。デベロッパー ツールや JavaScript コンソールを開くためのキーボード ショートカット、メニューまたはコンテキスト メニューの項目は無効になります。
このオプションが無効または未設定の場合、ユーザーはデベロッパー ツールと JavaScript コンソールを使用できます。</translation>
<translation id="3907986150060929099">公開セッション向けの推奨ロケールを設定する</translation>
<translation id="3911737181201537215">このポリシーは Android によるログには適用されません。</translation>
<translation id="391531815696899618">True に設定されている場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> ファイル アプリでの Google ドライブの同期が無効になります。その場合、Google ドライブにデータはアップロードされません。
未設定の場合、または False に設定されている場合、ユーザーは Google ドライブにファイルを転送できます。</translation>
<translation id="3915395663995367577">プロキシ .pac ファイルへの URL</translation>
<translation id="3939893074578116847">オンライン ステータス監視のためにネットワーク パケットを管理サーバーに送信します。
これにより、サーバーでは端末がオフラインかどうかを検出できます。
このポリシーが True に設定されている場合は、監視ネットワーク パケット(<ph name="HEARTBEATS_TERM" />)が送信されます。
このポリシーが False に設定されているか未設定の場合、パケットは送信されません。</translation>
<translation id="3963602271515417124">このポリシーを true に設定した場合は、このデバイスでのリモート認証が可能になり、証明書が自動的に生成されてデバイス管理サーバーにアップロードされます。
このポリシーを false に設定するか未設定のままにした場合、証明書は生成されず、enterprise.platformKeys 拡張機能 API の呼び出しは失敗します。</translation>
<translation id="3964909636571393861">URL のリストへのアクセスを許可する</translation>
<translation id="3965339130942650562">アイドル状態のユーザーがログアウトされるまでのタイムアウト</translation>
<translation id="3973371701361892765">シェルフを自動的に非表示にしない</translation>
<translation id="3984028218719007910">ログアウト後に <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> がローカル アカウントのデータを保持するかどうかを指定します。true に設定した場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> は永続的アカウントを保持していないため、ユーザー セッションのすべてのデータがログアウト後に破棄されます。このポリシーを false に設定した場合または未設定の場合、端末は(暗号化された)ローカル ユーザー データを保持できます。</translation>
<translation id="3997519162482760140">SAML ログインページで動画キャプチャ デバイスへのアクセスを許可する URL</translation>
<translation id="4001275826058808087">企業向けデバイスの IT 管理者はこのフラグを使用して、Chrome OS の登録特典の利用をユーザーに許可するかどうかを指定できます。
このポリシーを true に設定した場合または未設定の場合、ユーザーは Chrome OS の登録特典を利用できます。
このポリシーを false に設定した場合、ユーザーは特典を利用できません。</translation>
<translation id="4010738624545340900">ファイル選択ダイアログの呼び出しを許可する</translation>
<translation id="4012737788880122133">自動更新を無効にします(true に設定した場合)。
この設定を未設定のままにするか false に設定した場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> デバイスでは更新が自動的にチェックされます。
警告: ユーザーが各自のデバイスでソフトウェアのアップデートや重要なセキュリティ修正を取得できるように、自動更新は有効のままにしておくことをおすすめします。自動更新を無効にすると、ユーザーが危険にさらされる恐れがあります。</translation>
<translation id="4020682745012723568">Android アプリは、ユーザーのプロフィールに送信された Cookie にアクセスすることはできません。</translation>
<translation id="402759845255257575">すべてのサイトに対して Javascript の実行を許可しない</translation>
<translation id="4027608872760987929">デフォルトの検索プロバイダを有効にする</translation>
<translation id="4039085364173654945">ページ上のサードパーティ製のサブコンテンツで [HTTP 基本認証] ダイアログボックスのポップアップ表示を許可するかどうかを設定します。通常、これはフィッシング詐欺の防衛策として無効になっています。このポリシーが未設定の場合は無効になり、サブコンテンツで [HTTP 基本認証] ダイアログボックスのポップアップ表示は許可されません。</translation>
<translation id="4056910949759281379">SPDY プロトコルを無効にする</translation>
<translation id="408029843066770167">Google 時間サービスへのクエリを許可する</translation>
<translation id="4088589230932595924">シークレット モードを適用する</translation>
<translation id="4088983553732356374">ウェブサイトにローカルデータの設定を許可するかどうかを制御します。ローカルデータの設定をすべてのウェブサイトに対して許可するか、すべてのウェブサイトに対して拒否することができます。
このポリシーが [セッションの継続中は Cookie を保存する] に設定されている場合、Cookie はセッション終了時に消去されます。なお、<ph name="PRODUCT_NAME" /> が「バックグラウンド モード」で実行されている場合は、最後のウィンドウを閉じてもセッションが終了とならないことがあります。この動作の設定について詳しくは、「BackgroundModeEnabled」ポリシーの説明をご覧ください。
このポリシーが未設定の場合は、「AllowCookies」が使用され、ユーザーは設定を変更できます。</translation>
<translation id="4103289232974211388">ユーザーの確認後に SAML IdP にリダイレクトする</translation>
<translation id="410478022164847452">AC 電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってからアイドル操作が行われるまでの時間を指定します。
このポリシーを設定した場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> でアイドル操作が行われるまでのアイドル時間を指定します。操作は個別に設定可能です。
このポリシーを設定しないと、デフォルトの時間が使用されます。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。</translation>
<translation id="4105989332710272578">指定した URL に対して証明書の透明性ポリシーの適用を無効にする</translation>
<translation id="4121350739760194865">アプリのプロモーションが新しいタブ ページに表示されないようにする</translation>
<translation id="4157003184375321727">OS とファームウェアのバージョンを報告する</translation>
<translation id="4183229833636799228">デフォルトの <ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> 設定</translation>
<translation id="4192388905594723944">リモート アクセス クライアントの認証トークンを検証するための URL</translation>
<translation id="4203389617541558220">自動再起動のスケジュールを設定することによって、デバイスの稼働時間を制限します。
このポリシーが設定されているときは、自動再起動後の稼働時間が限定されます。
このポリシーが設定されていないときは、デバイス稼働時間は無制限です。
管理者がこのポリシーを設定した場合は、ユーザーがその設定を変更したり、別のポリシーを指定したりすることはできません。
自動再起動は指定した時間に設定されますが、指定した時間にユーザーがデバイスを使用していた場合、自動再起動の実行は最大 24 時間延期されます。
注: 現時点では、自動再起動が有効化されるのはログイン画面が表示されている間、またはキオスク アプリ セッションが進行中であるときに限られます。これは将来変更される予定であり、進行中のセッションの種類にかかわらず、ポリシーは常に適用されるようになります。
ポリシーの値は秒単位で指定します。最小値は 3600(1 時間)です。</translation>
<translation id="4203879074082863035">ホワイトリスト登録されているプリンタのみをユーザーに表示する</translation>
<translation id="420512303455129789">ホストへのアクセスを許可する(true)かブロックする(false)かを示すブール値フラグに、URL をマッピングする辞書。
このポリシーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> 自体が内部で使用するためのものです。</translation>
<translation id="4224610387358583899">画面ロック遅延時間</translation>
<translation id="423797045246308574">キー生成を使用できないサイトの URL パターンを登録します。URL パターンが「KeygenAllowedForUrls」にも含まれる場合は、このブロック ポリシーが優先されます。
このポリシーが未設定の場合は、「DefaultKeygenSetting」ポリシー(設定されている場合)またはユーザー個人の設定で指定されているすべてのサイトに対し、共通の既定値が使用されます。</translation>
<translation id="4239720644496144453">キャッシュは Android アプリには使用されません。複数のユーザーが同じ Android アプリをインストールする場合、アプリはユーザーごとに新しくダウンロードされます。</translation>
<translation id="4250680216510889253">いいえ</translation>
<translation id="4261820385751181068">端末のログイン画面の言語 / 地域</translation>
<translation id="427632463972968153">POST を使って画像検索を行うときに使用するパラメータを指定します。名前と値のペアをカンマで区切って指定します。値がテンプレート パラメータ(上記の例の {imageThumbnail} など)の場合は、実際の画像サムネイルのデータに置き換えられます。
このポリシーは省略可能です。未設定の場合、画像検索リクエストは GET メソッドを使用して送信されます。
このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="4294280661005713627">自動更新の対象バージョンを設定します。
<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> による自動更新の対象となるバージョンのプレフィックスを指定します。指定したプレフィックスより前のバージョンを実行しているデバイスは、指定したプレフィックスの最新バージョンに更新されます。より新しいバージョンをすでに実行しているデバイスの場合、ダウングレードは行われず、そのまま現行バージョンが使用されます。プレフィックスの形式は次のように、バージョンの階層で認識されます。
""(または未設定): 利用可能な最新バージョンに更新
"1412.": 「1412」の新しいマイナー バージョンがあれば、そのバージョンに更新(「1412.24.34」、「1412.60.2」など)
"1412.2.": 「1412.2」の新しいマイナー バージョンがあれば、そのバージョンに更新(「1412.2.34」、「1412.2.2」など)
"1412.24.34": この指定バージョンにのみ更新
警告: バージョンの制限を設定することはおすすめしません。設定した場合、ユーザーが各自のデバイスでソフトウェアのアップデートや重要なセキュリティ修正を取得できなくなる可能性があります。つまり、更新対象を特定のバージョンのプレフィックスに制限すると、ユーザーが危険にさらされる恐れがあります。</translation>
<translation id="4298509794364745131"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のロック画面でメモ作成アプリとして有効にできるアプリのリストを指定します。
メモ作成アプリがロック画面で有効になっている場合、ロック画面にはそのメモ作成アプリを起動する UI 要素が表示されます。
ユーザーがアプリを起動すると、ロック画面にアプリ ウィンドウが表示され、ロック画面の中でデータ項目(メモ)を作成できるようになります。ロックが解除されたとき、アプリで作成されたメモはメインのユーザー セッションに取り込まれます。現在、ロック画面で使用できるのは Chrome のメモ作成アプリのみです。
このポリシーが設定されている場合、ユーザーはポリシーのリストの値として拡張機能 ID が指定されているアプリであれば、ロック画面で有効にすることができます。
このポリシーで空のリストを設定すると、ロック画面ではメモ作成アプリを一切使用できないことになります。
ポリシーでアプリ ID が指定されているからといって、必ずしもユーザーがそのアプリをロック画面でメモ作成アプリとして有効にできるとは限りません。たとえば Chrome 61 では、プラットフォームによって、利用可能なアプリに関する追加の制限が課されます。
このポリシーが未設定のままの場合は、ユーザーがロック画面で有効にできるアプリに関して、ポリシーによる制限は課されません。</translation>
<translation id="4309640770189628899">TLS の DHE 暗号スイートの有効化</translation>
<translation id="4320376026953250541">Microsoft Windows XP SP2 以降</translation>
<translation id="4322842393287974810">遅延なしで自動開始されるキオスクアプリから <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のバージョンを制御できるようにする</translation>
<translation id="4325690621216251241">システム トレイにログアウト ボタンを追加する</translation>
<translation id="4347908978527632940">true に設定した場合、監視対象ユーザーについて、他の Android アプリからコンテンツ プロバイダを介してウェブ制限を問い合わせることができます。
false に設定した場合、または未設定の場合、コンテンツ プロバイダから情報は返されません。</translation>
<translation id="436581050240847513">デバイスのネットワーク インターフェースを報告する</translation>
<translation id="4372704773119750918">マルチプロフィール(プライマリまたはセカンダリ)への参加を企業ユーザーに許可しない</translation>
<translation id="4377599627073874279">すべてのサイトに対してすべての画像表示を許可する</translation>
<translation id="437791893267799639">ポリシー未設定、データ移行と ARC を許可しない</translation>
<translation id="4389091865841123886">TPM メカニズムを使用してリモート認証を設定します。</translation>
<translation id="4418726081189202489">このポリシーを false に設定すると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> が正確なタイムスタンプを取得するために行っている Google サーバーへのクエリの送信を停止できます。クエリを有効にするには、このポリシーを true に設定するか、設定しないようにしてください。</translation>
<translation id="4423597592074154136">プロキシ設定を手動で指定する</translation>
<translation id="4429220551923452215">ブックマーク バーでアプリのショートカットを有効または無効にします。
このポリシーが未設定の場合、ユーザーはブックマーク バーのコンテキスト メニューからアプリのショートカットを表示または非表示にするように選択できます。
このポリシーが設定されている場合、ユーザーはアプリのショートカットの状態を変更できず、アプリのショートカットは常に表示または非表示となります。</translation>
<translation id="443665821428652897">ブラウザのシャットダウンでサイトのデータを消去する(サポート終了予定)</translation>
<translation id="4439336120285389675">サポートが終了したウェブ プラットフォーム機能を一時的に再度有効にすることができ、該当する機能のリストを指定します。
このポリシーを利用して、管理者はサポートが終了したウェブ プラットフォーム機能を一時的に再び有効にできます。機能は文字列タグで指定します。このポリシーで指定したリスト内のタグに対応する機能が再び有効になります。
このポリシーを未設定にするか、リストが空またはサポートされる文字列タグのいずれにも一致しない場合、サポートが終了したウェブ プラットフォーム機能はすべて無効のままとなります。
ポリシー自体は上記のプラットフォームでサポートされますが、このポリシーの対象となる機能を利用できるプラットフォームはそれより少ないことがあります。サポートが終了したすべてのウェブ プラットフォーム機能を再び有効にできるとは限りません。一時的に有効になるのは、下記のリストに指定されている機能のみで、有効になる期間は機能によって異なります。文字列タグの一般的な形式は [DeprecatedFeatureName]_EffectiveUntil[yyyymmdd] です。詳しくは、https://bit.ly/blinkintents でウェブ プラットフォーム機能を変更する意図をご確認ください。
</translation>
<translation id="4442582539341804154">デバイスがアイドルまたは停止の状態になったときにロックを有効にする</translation>
<translation id="4449545651113180484">画面を時計回りに 270 度回転</translation>
<translation id="4467952432486360968">サードパーティの Cookie をブロックする</translation>
<translation id="4474167089968829729">パスワード マネージャへのパスワード保存を有効にする</translation>
<translation id="4476769083125004742">このポリシーを <ph name="BLOCK_GEOLOCATION_SETTING" /> に設定した場合、Android アプリは位置情報にアクセスできません。このポリシーを他の値に設定するか未設定のままにした場合、Android アプリで位置情報へのアクセスが必要になったときには、ユーザーに同意が求められます。</translation>
<translation id="4480694116501920047">セーフサーチを強制する</translation>
<translation id="4482640907922304445"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のツールバーにホーム ボタンを表示します。この設定を有効にすると、ホーム ボタンが常に表示されます。この設定を無効にすると、ホーム ボタンは表示されません。この設定を有効または無効にすると、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> でこの設定の変更やオーバーライドができなくなります。このポリシーが未設定の場合、ホーム ボタンを表示するかどうかをユーザーが選択できます。</translation>
<translation id="4485425108474077672">新しいタブページ URL を設定する</translation>
<translation id="4492287494009043413">スクリーンショットの使用を無効にする</translation>
<translation id="450537894712826981"><ph name="PRODUCT_NAME" /> がディスク上にキャッシュ ファイルを保存するときのキャッシュ サイズを設定します。
このポリシーを設定した場合、ユーザーが「--media-cache-size」フラグを指定したかどうかに関係なく、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は指定のキャッシュ サイズを使用します。このポリシーで指定される値は、絶対的な上限値や下限値ではなく、キャッシュ システムに対する推奨値になります。数メガバイト小さいと判断された値は、適正な最小値に引き上げられて処理されます。
このポリシーの値が 0 の場合は、デフォルトのキャッシュ サイズが使用されます。ユーザーはこの値を変更できません。
このポリシーが未設定の場合は、デフォルトのサイズが使用されます。ユーザーは --media-cache-size フラグを使用してこの値をオーバーライドできます。</translation>
<translation id="4508686775017063528">このポリシーが true に設定されているか未設定の場合は、<ph name="PRODUCT_NAME" /> が有効になり、ユーザーはアプリメニュー、ページ コンテキスト メニュー、Cast 対応ウェブサイトのメディア コントロール、Cast ツールバー アイコン(表示されている場合)から起動できるようになります。
このポリシーが false に設定されている場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は無効になります。</translation>
<translation id="4518251772179446575">サイトがユーザーの物理的な現在地を追跡しようとしたときに毎回確認する</translation>
<translation id="4519046672992331730"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のアドレスバーで検索キーワード候補の表示を有効にし、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。
この設定を有効にすると、検索キーワード候補が表示されるようになります。
この設定を無効にすると、検索キーワード候補は表示されません。
この設定を有効または無効にすると、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> でこの設定の変更やオーバーライドができなくなります。
このポリシーが未設定の場合は有効になりますが、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="4525521128313814366">画像表示を許可しないサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultImagesSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="4531706050939927436">Android アプリを強制的にインストールするには、Google 管理コンソールで Google Play からのインストールを指定します。Android アプリでこのポリシーは使用されません。</translation>
<translation id="4534500438517478692">Android の制限名:</translation>
<translation id="4541530620466526913">デバイスのローカル アカウント</translation>
<translation id="4555850956567117258">ユーザーのリモート認証を有効にする</translation>
<translation id="4557134566541205630">デフォルトの検索プロバイダの新しいタブ ページ URL</translation>
<translation id="4600786265870346112">大きいカーソルを有効にする</translation>
<translation id="4604931264910482931">ネイティブ メッセージングのブラックリストを設定する</translation>
<translation id="4617338332148204752"><ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> でのメタ タグ チェックをスキップする</translation>
<translation id="4625915093043961294">拡張機能インストールのホワイトリストを設定する</translation>
<translation id="4632343302005518762">リストで指定したコンテンツ タイプの処理を <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> に対して許可する</translation>
<translation id="4633786464238689684">最上段のキーのデフォルトの動作をファンクション キーに変更します。
このポリシーが true に設定されている場合、キーボードの最上段のキーを押すと、デフォルトでファンクション キーのコマンドが実行されます。キーの動作をメディア キーに戻すには、検索キーを押しながら操作する必要があります。
このポリシーが false に設定されているか未設定の場合、最上段のキーを押すとデフォルトでメディア キーのコマンドが実行されます。検索キーを押しながら操作するとファンクション キーのコマンドが実行されます。</translation>
<translation id="4639407427807680016">ブラックリストから除外するネイティブ メッセージング ホストの名前</translation>
<translation id="4650759511838826572">URL プロトコル スキームを無効にする</translation>
<translation id="465099050592230505">エンタープライズ ウェブストアの URL(サポート終了)</translation>
<translation id="4665897631924472251">拡張機能の管理設定</translation>
<translation id="4668325077104657568">デフォルト画像設定</translation>
<translation id="467236746355332046">サポートされる機能:</translation>
<translation id="4674167212832291997">常に <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> でレンダリングする URL パターンのリストをカスタマイズします。
このポリシーが未設定の場合は、「ChromeFrameRendererSettings」ポリシーで指定されているデフォルトのレンダラがすべてのサイトで使用されます。
パターンの例については、https://www.chromium.org/developers/how-tos/chrome-frame-getting-started をご覧ください。</translation>
<translation id="467449052039111439">URL のリストを開く</translation>
<translation id="4680961954980851756">自動入力を有効にする</translation>
<translation id="4722399051042571387">false の場合、ユーザーは強度が低く推測されやすい PIN を設定できません。
強度が低い PIN の例としては、数字がすべて同じ PIN(1111 など)、連続した数字の PIN(1234、4321 など)、一般によく使われる並びの PIN が挙げられます。
PIN の強度が低いと見なされた場合、デフォルトでは、エラーではなく警告がユーザーに表示されます。</translation>
<translation id="4723829699367336876">リモート アクセス クライアントからのファイアウォール トラバーサルを有効にする</translation>
<translation id="4725123658714754485">使用状況に関する統計情報と診断データ(障害レポートなど)を Google に送信するかどうかを指定します。このポリシーを true に設定した場合は、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> から Google に、使用状況に関する統計情報と診断データが送信されます。このポリシーを未設定のままにするか false に設定した場合、統計情報と診断データは送信されません。</translation>
<translation id="4725528134735324213">Android バックアップ サービスを有効にする</translation>
<translation id="4733471537137819387">統合された HTTP 認証に関連するポリシーです。</translation>
<translation id="4744190513568488164"><ph name="PRODUCT_NAME" /> が委任するサーバーです。
複数のサーバー名を入力するときはカンマで区切ります。ワイルドカード(*)を使用できます。
このポリシーが未設定の場合、サーバーがイントラネット上で検出されたとしても、<ph name="PRODUCT_NAME" /> はユーザーの認証情報を委任しません。</translation>
<translation id="4752880493649142945">RemoteAccessHostTokenValidationUrl への接続用のクライアント証明書</translation>
<translation id="4791031774429044540">ユーザー補助機能の 1 つである「大きいカーソル」を有効にします。
このポリシーが true に設定されている場合は、大きいカーソルが常に有効になります。
このポリシーが false に設定されている場合は、大きいカーソルは常に無効になります。
管理者がこのポリシーを設定した場合は、ユーザーがその設定を変更したり、別の優先する設定を指定したりすることはできません。
このポリシーが未設定の場合は、大きいカーソルは最初は無効になりますが、ユーザーはいつでも有効にすることができます。</translation>
<translation id="4802905909524200151"><ph name="TPM_FIRMWARE_UPDATE_TPM" /> ファームウェア アップデートの動作を設定する</translation>
<translation id="4807950475297505572">十分な空き容量に達するまで、前回のログインから時間が経っているユーザーを順に削除する</translation>
<translation id="4815725774537609998">このポリシーはサポート終了となりました。代わりに ProxyMode を使用してください。
<ph name="PRODUCT_NAME" /> が使用するプロキシ サーバーを指定できます。この場合、ユーザーがプロキシ設定を変更することはできません。
プロキシ サーバーを使用せず常に直接接続することを選択した場合、他の設定はすべて無視されます。
システムのプロキシ設定を使用する、またはプロキシ サーバーを自動検出することを選択した場合、他の設定はすべて無視されます。
手動によるプロキシ設定を選択した場合は、[プロキシ サーバーのアドレスまたは URL]、[プロキシ .pac ファイルへの URL]、[プロキシ バイパス ルールのカンマ区切りリスト] で詳細を指定できます。ARC アプリで使用できるのは最も優先度が高い HTTP プロキシ サーバーのみです。
詳しい例については、次の URL をご覧ください。
<ph name="PROXY_HELP_URL" />
この設定を有効にすると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では、コマンドラインで指定されたプロキシ関連の設定がすべて無視されます。
このポリシーが未設定の場合、ユーザーは自分でプロキシ設定を選択できます。</translation>
<translation id="4816674326202173458">企業ユーザーがメイン ユーザーとしてもセカンダリ ユーザーとしても操作できるようにする(管理対象ユーザー以外のユーザーに対するデフォルトの動作)</translation>
<translation id="4826326557828204741">バッテリー電源での実行時、アイドル時間に到達したときに行う操作</translation>
<translation id="4834526953114077364">十分な空き容量に達するまで、3 か月以内にログインしていないユーザーを順に削除する</translation>
<translation id="4838572175671839397">ユーザーに <ph name="PRODUCT_NAME" /> へのログインを許可するかどうかの判断に使用される正規表現を含みます。
ユーザーがこのパターンに一致しないユーザー名でログインしようとすると、適切なエラーが表示されます。
このポリシーは、設定しないか空白のままにすると、すべてのユーザーが <ph name="PRODUCT_NAME" /> にログインできます。</translation>
<translation id="4858735034935305895">全画面モードを許可する</translation>
<translation id="4869787217450099946">ウェイクアップ画面のロックを許可するかどうかを指定します。ウェイクアップ画面のロックは、拡張機能から Power Management Extension API を使ってリクエストされることがあります。
このポリシーが true に設定されているか、または未設定の場合、電源管理でウェイクアップ画面のロックが有効となります。
このポリシーが false に設定されている場合、ウェイクアップ画面のロック リクエストは無視されます。</translation>
<translation id="4876805738539874299">有効な SSL の最大バージョン</translation>
<translation id="4881315447528084360">ユーザーに操作を求めずにサイレント インストールするアプリと拡張機能のリストを
指定します。ユーザーはここで指定されたアプリや拡張機能を
アンインストールすることも無効化することもできません。ここで
指定されたアプリや拡張機能によってリクエストされるすべての権限は、
ユーザーに確認を求めることなく暗黙的に許可されます。これには、
アプリや拡張機能の将来のバージョンで新たにリクエストされる
追加権限も含まれます。さらに、enterprise.deviceAttributes 拡張機能 API
と enterprise.platformKeys 拡張機能 API に対しても権限が許可されます
(この 2 つの API は強制的にインストールされるアプリや拡張機能でのみ利用可能です)。
このポリシーが <ph name="EXTENSION_INSTALL_BLACKLIST_POLICY_NAME" /> ポリシーと競合する場合は、このポリシーが優先されます。以前に強制的にインストールされたアプリまたは拡張機能がこのリストから削除された場合、そのアプリまたは拡張機能は <ph name="PRODUCT_NAME" /> によって自動的にアンインストールされます。
<ph name="MS_AD_NAME" /> ドメインに追加されていない Windows インスタンスの場合、強制インストールは Chrome ウェブストアのリストにあるアプリと拡張機能に限定されます。
ただしどの拡張機能についても、ユーザーはデベロッパー ツールを使用してソースコードを変更することができます(その場合、拡張機能が機能しなくなることがあります)。こうした変更を禁止したい場合は、<ph name="DEVELOPER_TOOLS_POLICY_NAME" /> ポリシーを設定してください。
このポリシーの個々のリスト項目は、拡張機能 ID と「更新」URL をセミコロン(<ph name="SEMICOLON" />)で区切って指定した文字列となります。拡張機能 ID は 32 文字の文字列で、デベロッパー モードで <ph name="CHROME_EXTENSIONS_LINK" /> を開くと確認できます。「更新」URL は更新マニフェスト XML ドキュメントを指し示している必要があります(<ph name="LINK_TO_EXTENSION_DOC1" /> の説明をご覧ください)。なお、このポリシーで設定された「更新」URL は初回のインストールでのみ使用され、その後の拡張機能の更新には、拡張機能のマニフェストで指定されている更新 URL が使用されます。
たとえば、<ph name="EXTENSION_POLICY_EXAMPLE" /> では、<ph name="EXTENSION_POLICY_EXAMPLE_EXTENSION_NAME" /> アプリが標準の Chrome ウェブストアの「更新」URL からインストールされます。拡張機能のホスティングについて詳しくは、<ph name="LINK_TO_EXTENSION_DOC2" /> をご覧ください。
このポリシーを未設定のままにした場合、どのアプリや拡張機能も自動的にインストールされることはなく、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> からアプリや拡張機能をアンインストールできます。</translation>
<translation id="4897928009230106190">POST を使ってキーワードの候補で検索を行うときに使用するパラメータを指定します。名前と値のペアをカンマで区切って指定します。値がテンプレート パラメータ(上記の例の {searchTerms} など)の場合は、実際の検索キーワードのデータに置き換えられます。
このポリシーは省略可能です。未設定の場合、キーワードの候補による検索リクエストは GET メソッドを使用して送信されます。
このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="489803897780524242">デフォルトの検索プロバイダに対する検索キーワードの置き換えを指定するパラメータ</translation>
<translation id="4899708173828500852">セーフ ブラウジングを有効にする</translation>
<translation id="4906194810004762807">端末ポリシーの更新間隔</translation>
<translation id="494613465159630803">Cast Receiver</translation>
<translation id="4962262530309732070">このポリシーが true に設定されているか未設定の場合は、<ph name="PRODUCT_NAME" /> のユーザー管理画面で [ユーザーを追加] を使用することができます。
このポリシーが false に設定されている場合は、<ph name="PRODUCT_NAME" /> のユーザー管理画面で新しいプロフィールを作成することはできません。</translation>
<translation id="4971529314808359013">URL パターンのリストを指定して、サイトから証明書をリクエストされた場合に <ph name="PRODUCT_NAME" /> でクライアント証明書を自動的に選択する必要があるサイトを指定できます。
値は文字列変換した JSON 辞書の配列で指定する必要があります。各辞書は { "pattern": "$URL_PATTERN", "filter" : $FILTER } の形式で指定します。$URL_PATTERN でコンテンツ設定パターンを指定し、$FILTER でブラウザが自動的に選択するクライアント証明書の発行元を指定します。なお、フィルタの設定に関わらず、選択される証明書はサーバーの証明書リクエストに一致するもののみとなります。$FILTER を { "ISSUER": { "CN": "$ISSUER_CN" } } の形式で指定すると、CommonName $ISSUER_CN が発行したクライアント証明書のみが選択されます。$FILTER が空の辞書 {} の場合は、クライアント証明書の選択にこうした条件は適用されません。
このポリシーを未設定のままにすると、どのサイトについても証明書の自動選択は行われません。</translation>
<translation id="4978405676361550165">「OffHours」ポリシーが設定されている場合、指定されたデバイス ポリシーは、定義された時間間隔の間は無視されます(ポリシーのデフォルト設定が使用されます)。「OffHours」の開始または終了のイベントが発生するたびに、Chrome によってデバイス ポリシーが再適用されます。「OffHours」の時間が終了し、デバイス ポリシーの設定が変更されたとき(許可されたアカウント以外でユーザーがログインしたときなど)には、ユーザーは通知を受けたうえで強制的にログアウトされます。</translation>
<translation id="4980635395568992380">データ タイプ:</translation>
<translation id="4983201894483989687">古いプラグインの実行を許可する</translation>
<translation id="4988291787868618635">アイドル時間に到達したときに行われる操作</translation>
<translation id="4995548127349206948">NTLMv2 認証が有効かどうか。</translation>
<translation id="5047604665028708335">コンテンツ パック外部のサイトへのアクセスを許可する</translation>
<translation id="5052081091120171147">このポリシーを有効にすると、現在の既定のブラウザからインポートされた閲覧履歴を適用します。その場合、このポリシーはインポート ダイアログにも影響します。無効にすると閲覧履歴はインポートされません。このポリシーが未設定の場合、インポートするかどうかをユーザーに尋ねるか、自動的にインポートされます。</translation>
<translation id="5056708224511062314">画面拡大鏡を無効にする</translation>
<translation id="5067143124345820993">ログイン ユーザーのホワイト リスト</translation>
<translation id="5068140065960598044"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のクラウド ポリシーがマシン(デバイス)ポリシーよりも優先されます。</translation>
<translation id="5085647276663819155">印刷プレビューを無効にする</translation>
<translation id="5090209345759901501">Flash コンテンツ設定をすべてのコンテンツに拡張する</translation>
<translation id="5105313908130842249">画面がロックされるまでの時間(バッテリー電源での実行時)</translation>
<translation id="5108031557082757679">無効な企業デバイス プリンタ</translation>
<translation id="5130288486815037971">TLS の RC4 暗号スイートを有効にするかどうかを指定する</translation>
<translation id="5141670636904227950">ログイン画面で有効にする画面拡大鏡のデフォルトのタイプを設定する</translation>
<translation id="5142301680741828703"><ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> で次の URL パターンを常に表示する</translation>
<translation id="5148753489738115745"><ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> により <ph name="PRODUCT_NAME" /> が起動される際に使用される追加パラメータを指定することができます。
このポリシーを設定していない場合、デフォルト コマンド ラインが使用されます。</translation>
<translation id="5159469559091666409">監視ネットワーク パケットの送信間隔(ミリ秒単位)です。
このポリシーが未設定の場合は、デフォルトで 3 分間隔となります。
最小間隔は 30 秒、最大間隔は 24 時間です。
この範囲外の値は、この範囲に収まるように調整されます。</translation>
<translation id="5182055907976889880"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> で Google ドライブを設定します</translation>
<translation id="5183383917553127163">ブラックリストの対象外となる拡張機能を指定できます。ブラックリストの値が「*」の場合、すべての拡張機能がブラックリストに登録されており、ユーザーはホワイトリストにリストされている拡張機能しかインストールできません。デフォルトでは、すべての拡張機能はホワイトリストに登録されていますが、ポリシーによってすべての拡張機能をブラックリストに登録している場合、ホワイトリストを使ってそのポリシーをオーバーライドできます。</translation>
<translation id="5192837635164433517"><ph name="PRODUCT_NAME" /> に組み込まれている別のエラー ページ(「ページが見つかりません」など)の使用を有効にし、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。この設定を有効にすると、別のエラー ページが使用されます。この設定を無効にすると、別のエラー ページは使用されません。この設定を有効または無効にすると、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> でこの設定の変更やオーバーライドができなくなります。このポリシーが未設定の場合、有効になりますがユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="5196805177499964601">デベロッパー モードをブロックします。
このポリシーが True に設定されている場合は、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> によってデベロッパー モードでのデバイスの起動が阻止されます。デベロッパー スイッチがオンになっている場合、システムは起動せず、エラー画面が表示されます。
このポリシーが未設定か、False に設定されている場合、デバイスではデベロッパー モードを使用できます。</translation>
<translation id="5208240613060747912">通知表示を許可しないサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultNotificationsSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="5219844027738217407">Android アプリに対しては、このポリシーはマイクにのみ適用されます。このポリシーを true に設定した場合、すべての Android アプリでは例外なくマイクがミュートされます。</translation>
<translation id="523505283826916779">ユーザー補助の設定</translation>
<translation id="5247006254130721952">危険なダウンロードをブロックする</translation>
<translation id="5255162913209987122">推奨ポリシーの表示</translation>
<translation id="527237119693897329">読み込みを禁止するネイティブ メッセージング ホストを指定できます。
ブラックリストの値「*」は、明示的にホワイトリストに登録されていない限り、すべてのネイティブ メッセージング ホストがブラックリストに登録されていることを意味します。
このポリシーが設定されていない場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は、インストールされているすべてのネイティブ メッセージング ホストを読み込みます。</translation>
<translation id="5272684451155669299">このポリシーを true に設定した場合、ユーザーは Chrome デバイスのハードウェアから <ph name="ENTERPRISE_PLATFORM_KEYS_API" /><ph name="CHALLENGE_USER_KEY_FUNCTION" /> を使用して、プライバシー CA に自身をリモート認証できます。
このポリシーを false に設定するか未設定のままにした場合、API 呼び出しは失敗し、エラーコードが返されます。</translation>
<translation id="5288772341821359899">ポリシーが設定されている場合、WebRTC が使用する UDP ポートの範囲は指定されたポートの間隔(エンドポイントも含む)に制限されます。
ポリシーが未設定の場合、または空の文字列や無効なポートの範囲が設定されている場合は、WebRTC は使用可能なローカルの UDP ポートを使用することができます。</translation>
<translation id="5290940294294002042">ユーザーが有効または無効にできるプラグインのリストを指定する</translation>
<translation id="5302612588919538756">このポリシーはサポート終了となりました。代わりに SyncDisabled の使用を検討してください。
ユーザーによる <ph name="PRODUCT_NAME" /> へのログインが可能かどうかを制御します。
このポリシーを設定した場合は、ユーザーによる <ph name="PRODUCT_NAME" /> へのログインが可能かどうかを指定します。このポリシーを「false」に設定すると、chrome.identity API を使用するアプリや拡張機能は機能しなくなります。代わりに SyncDisabled を使用できます。</translation>
<translation id="5304269353650269372">バッテリー電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから警告ダイアログが表示されるまでの時間を指定します。
このポリシーを設定する場合、アイドル時の対応が行われることをユーザーに知らせる警告ダイアログが <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> で表示されるまでのアイドル時間を指定します。
このポリシーが設定されていない場合、警告ダイアログは表示されません。
このポリシーの値はミリ秒単位で指定します。アイドルまでの時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="5307432759655324440">シークレット モードが利用可能かどうかを設定する</translation>
<translation id="5318185076587284965">リモート アクセス ホストで中継サーバーを使用できるようにする</translation>
<translation id="5323128137188992869"><ph name="PRODUCT_NAME" /> を使用してデバイスにコンテンツをキャストすることを許可します。
このポリシーが false に設定されている場合、ユーザーはデバイスにコンテンツをキャストできません。このポリシーが true に設定されている場合、ユーザーはコンテンツをキャストできます。このポリシーが未設定の場合、ユーザーは登録済みの Chrome OS デバイスにはコンテンツをキャストできませんが、それ以外のデバイスであればキャストできます。</translation>
<translation id="5330684698007383292">次のコンテンツ タイプの処理を <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> に対して許可する</translation>
<translation id="5365946944967967336">ツールバーにホーム ボタンを表示する</translation>
<translation id="5366977351895725771">false に設定されている場合、このユーザーは監視対象ユーザーを作成できません。既存の監視対象ユーザーは引き続き利用可能です。
true に設定されている場合や未設定の場合、このユーザーは監視対象ユーザーを作成し管理できます。</translation>
<translation id="5378985487213287085">ウェブサイトに対してデスクトップ通知の表示を許可するかどうかを設定できます。デスクトップ通知の表示は、デフォルトで許可または禁止することができます。また、ウェブサイトでデスクトップ通知が表示される前にユーザーが毎回確認することもできます。このポリシーが未設定の場合、「AskNotifications」が使用され、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="538108065117008131"><ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> に対して次のコンテンツ タイプの処理を許可する</translation>
<translation id="5388730678841939057">自動クリーンアップ時にディスクの空き容量を増やす方法を選択する(サポート終了)</translation>
<translation id="5392172595902933844">Android のステータスに関する情報をサーバーに
返します。
このポリシーを false に設定するか未設定のままにした場合、ステータス情報は報告されません。
true に設定した場合は、ステータス情報が報告されます。
このポリシーは、Android アプリが有効になっている場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="5395271912574071439">接続中にリモート アクセス ホストのカーテンを有効にします。
この設定を有効にすると、リモート接続の間、ホストの物理的な入出力デバイスが無効になります。
この設定を無効にするか未設定にすると、ローカル ユーザーとリモート ユーザーのどちらも共有状態のホストにアクセスできます。</translation>
<translation id="5405289061476885481"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のログイン画面で選択可能にするキーボード配列を設定します。
このポリシーが入力方法 ID のリストに設定されている場合は、指定されている入力方法がログイン画面で選択可能になり、最初に指定されている入力方法があらかじめ選択された状態になります。ログイン画面でユーザーのアイコンにフォーカスがあるときは、このポリシーで指定されている入力方法に加えて、ユーザーが最後に使った入力方法が選択可能になります。このポリシーが設定されていない場合は、ログイン画面の表示に使用されている言語 / 地域に応じた入力方法が適用されます。入力方法 ID として無効な値は無視されます。</translation>
<translation id="5423001109873148185">このポリシーを有効にすると検索エンジンが現在の既定のブラウザからインポートされます。その場合、このポリシーはインポート ダイアログにも影響します。無効にすると、デフォルトの検索エンジンはインポートされません。このポリシーが未設定の場合、インポートするかどうかをユーザーに尋ねるか、自動的にインポートされます。</translation>
<translation id="5423197884968724595">Android WebView の制限名:</translation>
<translation id="5447306928176905178">メモリ情報(JavaScript のヒープ サイズ)がページに報告されるようにする(サポート終了)</translation>
<translation id="5457065417344056871">ブラウザでゲストモードを有効にする</translation>
<translation id="5457924070961220141"><ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> がインストールされている場合、デフォルトの HTML レンダラを設定できます。このポリシーが未設定の場合はデフォルトの設定が使用されホスト ブラウザがレンダリングを実行しますが、この設定をオーバーライドしてデフォルトで <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> に HTML ページのレンダリングを実行させることもできます。</translation>
<translation id="5464816904705580310">管理対象ユーザーの設定を行います。</translation>
<translation id="546726650689747237">画面が暗くなるまでの時間(AC 電源での実行時)</translation>
<translation id="5469484020713359236">Cookie の設定を許可するサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultCookiesSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="5469825884154817306">これらのサイトの画像をブロックする</translation>
<translation id="5475361623548884387">印刷を有効にする</translation>
<translation id="5499375345075963939">このポリシーは小売りモードでのみアクティブになります。
このポリシーの値を 0 以外に設定した場合、現在デモ モードでログインしているユーザーが操作しないまま、ここに指定した時間が経過すると、ユーザーは自動的にログアウトされます。
ポリシーの値は、ミリ秒単位で指定する必要があります。</translation>
<translation id="5511702823008968136">ブックマーク バーを有効にする</translation>
<translation id="5512418063782665071">ホームページの URL</translation>
<translation id="5523812257194833591">一定時間経過後に自動ログインする公開セッションです。
このポリシーが設定されている場合、ログイン画面で一定時間ユーザー操作が行われないと、指定されたセッションに自動的にログインします。公開セッションは事前に設定しておく必要があります(|DeviceLocalAccounts| をご覧ください)。
このポリシーが設定されていない場合、自動ログインは行われません。</translation>
<translation id="5529037166721644841">デバイス管理サービスにデバイス ポリシー情報を照会する間隔をミリ秒単位で指定します。
このポリシーを設定すると、デフォルト値の 3 時間よりも優先されます。このポリシーの有効な値は 1,800,000(30 分)から 86,400,000(1 日)の範囲の値です。この範囲に収まらない値は上限値と下限値のどちらか近い方に設定されます。
このポリシーを設定しない場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> はデフォルト値の 3 時間を使用します。
プラットフォームがポリシーの通知に対応している場合は、ポリシーが変更されるたびにポリシー通知により更新は自動的に適用されることになるため、更新の遅延は 24 時間に設定され、頻繁な更新は不要になります(すべてのデフォルト値とこのポリシーの値は無視されます)。</translation>
<translation id="5530347722229944744">危険性のあるダウンロードをブロックする</translation>
<translation id="5535973522252703021">Kerberos 委任サーバーのホワイトリスト</translation>
<translation id="555077880566103058">すべてのサイトで <ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインの自動実行を許可する</translation>
<translation id="5559079916187891399">このポリシーは Android アプリには適用されません。</translation>
<translation id="5560039246134246593"><ph name="PRODUCT_NAME" /> でのバリエーション シードの取得にパラメータを追加します。
このポリシーが指定されている場合、バリエーション シードの取得に使用される URL に「restrict」というクエリ パラメータが追加されます。このパラメータの値には、このポリシーで指定された値が使用されます。
このポリシーが指定されていない場合、バリエーション シード URL は変更されません。</translation>
<translation id="556941986578702361"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のシェルフの自動非表示を指定します。
このポリシーが「AlwaysAutoHideShelf」に設定されている場合、シェルフは常に自動的に非表示になります。
このポリシーが「NeverAutoHideShelf」に設定されている場合、シェルフは自動的に非表示になりません。
このポリシーを設定すると、ユーザーはこのポリシーを変更することもオーバーライドすることもできません。
このポリシーが設定されていない場合、ユーザーはシェルフを自動的に非表示にするかどうかを選択できます。</translation>
<translation id="557360560705413259">この設定が有効な場合は、サーバー証明書に subjectAlternativeName 拡張が指定されていなくても、検証とローカルにインストールされている CA 証明書への関連付けに問題がない限り、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では証明書の commonName を使用してホスト名が照合されます。
この場合、nameConstraints 拡張による制限(証明書を受け入れるホスト名の制限)が適用されなくなる可能性があるため、有効化はおすすめしません。
このポリシーが未設定のままか false に設定されている場合、subjectAlternativeName 拡張がなく DNS 名または IP アドレスのいずれかを含むサーバー証明書は信頼されません。</translation>
<translation id="557658534286111200">ブックマークの編集を有効または無効にする</translation>
<translation id="5586942249556966598">何もしない</translation>
<translation id="5630352020869108293">最後のセッションを復元する</translation>
<translation id="5645779841392247734">これらのサイトの Cookie を許可する</translation>
<translation id="5693469654327063861">データ移行を許可する</translation>
<translation id="5694594914843889579">このポリシーを true に設定すると、ファイル ブラウザでは外部ストレージを利用できなくなります。
このポリシーはあらゆるタイプのストレージ メディアに適用されます。たとえば、USB メモリ、外部ハードドライブ、SD などのメモリカード、光学ストレージが対象となります。内部ストレージはこのポリシーの影響を受けないため、ダウンロード フォルダに保存されたファイルには引き続きアクセスできます。Google ドライブもこのポリシーの影響を受けません。
この設定を無効にするか未設定のままにした場合、ユーザーは端末でサポートされているあらゆるタイプの外部ストレージを使用できます。</translation>
<translation id="5697306356229823047">デバイス ユーザーを報告する</translation>
<translation id="570062449808736508">このポリシーを空でない文字列に設定した場合、WebView では、指定された認証局名を使ってコンテンツ プロバイダから URL に関する制限を読み取ります。</translation>
<translation id="5722934961007828462">この設定が有効な場合、確認に成功しローカルのインストール済み CA 証明書で署名されたサーバー証明書に対し、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は常に失効確認を行います。
<ph name="PRODUCT_NAME" /> が失効のステータス情報を取得できない場合、該当の証明書は失効したものとして扱われます(強制エラー)。
このポリシーが設定されていないか false に設定されている場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は既存のオンライン失効確認設定を使用します。</translation>
<translation id="572720239788271400"><ph name="PRODUCT_NAME" /> でコンポーネントの更新を有効にする</translation>
<translation id="5728154254076636808"><ph name="PRODUCT_NAME" /> プロフィール データのローミング コピーを作成できるようにする</translation>
<translation id="5732972008943405952">初回実行時にデフォルトのブラウザから自動入力フォームのデータをインポートする</translation>
<translation id="5765780083710877561">説明:</translation>
<translation id="5770738360657678870">Dev チャンネル(不安定な場合があります)</translation>
<translation id="5774856474228476867">デフォルトの検索プロバイダの検索 URL</translation>
<translation id="5776485039795852974">サイトでデスクトップ通知が表示される前に毎回確認する</translation>
<translation id="5781412041848781654">HTTP 認証で使用する GSSAPI ライブラリを指定します。ライブラリ名のみやフルパスを指定できます。
何も指定しないと、<ph name="PRODUCT_NAME" /> ではデフォルトのライブラリ名が使用されます。</translation>
<translation id="5781806558783210276">バッテリー電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってからアイドル操作が行われるまでの時間を指定します。
このポリシーを設定した場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> でアイドル操作が行われるまでのアイドル時間を指定します。操作は個別に設定可能です。
このポリシーを設定しないと、デフォルトの時間が使用されます。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。</translation>
<translation id="5795001131770861387">デフォルト以外のポートで HTTP/0.9 サポートを有効にする</translation>
<translation id="5809728392451418079">デバイスのローカル アカウントの表示名を設定する</translation>
<translation id="5814301096961727113">ログイン画面での音声フィードバックのデフォルト状態を設定する</translation>
<translation id="5815129011704381141">更新後に自動再起動</translation>
<translation id="5815353477778354428">ユーザーデータを保存するときに <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> が使用するディレクトリを設定します。
このポリシーを設定した場合は、ここで指定したディレクトリが <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> で使用されます。
使用できる変数のリストについては、https://www.chromium.org/administrators/policy-list-3/user-data-directory-variables をご覧ください。
この設定が未設定の場合は、デフォルトのプロフィール ディレクトリが使用されます。</translation>
<translation id="5826047473100157858">ユーザーが <ph name="PRODUCT_NAME" /> でシークレット モードを使用してページを開くことができるかどうかを指定します。[有効] が選択されている、またはポリシーが未設定の場合、シークレット モードでページを開くことができます。[無効] が選択されている場合、シークレット モードでページを開くことはできません。[強制] が選択されている場合、シークレット モードでのみページを開くことができます。</translation>
<translation id="5836064773277134605">リモート アクセス ホストが使用する UDP ポートの範囲を制限する</translation>
<translation id="5862253018042179045">ログイン画面でのユーザー補助機能「音声フィードバック」のデフォルト状態を設定します。
このポリシーが true に設定されている場合は、ログイン画面が表示されるときに音声フィードバックが有効になります。
このポリシーが false に設定されている場合は、ログイン画面が表示されるときに音声フィードバックは無効になります。
管理者がこのポリシーを設定した場合も、ユーザーは一時的に音声フィードバックを有効または無効にすることができます。ただし、このユーザーの選択は恒久的ではなく、ログイン画面が改めて表示されたときや、ログイン画面でユーザーが何もしない時間が 1 分に達したときにデフォルト値が復元されます。
このポリシーが未設定の場合は、ログイン画面が表示された直後は音声フィードバックが無効になります。ユーザーはいつでも音声フィードバックを有効または無効にすることができ、ログイン画面での音声フィードバックの状態はログアウト後も維持されます。</translation>
<translation id="5868414965372171132">ユーザー レベルのネットワーク設定</translation>
<translation id="588135807064822874">タップして検索を有効にする</translation>
<translation id="5883015257301027298">デフォルトの Cookie 設定</translation>
<translation id="5887414688706570295">リモート アクセス ホストが使用する TalkGadget プレフィックスを設定し、ユーザーが変更できないようにします。
これを指定すると、ベースとなる TalkGadget 名の前にこのプレフィックスが付いて、TalkGadget のフルドメイン名となります。ベースとなる TalkGadget ドメイン名は「.talkgadget.google.com」です。
この設定を有効にすると、ホストは TalkGadget にアクセスする際に、デフォルトのドメイン名の代わりにそのカスタム ドメイン名を使用します。
この設定を無効にするか、未設定にする場合、デフォルトの TalkGadget ドメイン名(「chromoting-host.talkgadget.google.com」)がすべてのホストで使用されます。
リモート アクセス クライアントが、このポリシーの設定によって影響を受けることはありません。TalkGadget へのアクセスには常に「chromoting-client.talkgadget.google.com」を使用します。</translation>
<translation id="5893553533827140852">この設定が有効になっている場合、gnubby 認証リクエストはリモート ホスト接続でプロキシ送信されます。
この設定が無効になっているか設定されていない場合、gnubby 認証リクエストはプロキシ送信されません。</translation>
<translation id="5898486742390981550">複数のユーザーがログインしている場合は、メインユーザーのみが Android アプリを使用できます。</translation>
<translation id="5906199912611534122">ネットワーク制限を有効または無効にします。
この設定は、すべてのユーザーと、端末のすべてのインターフェースに適用されます。
制限を有効に設定した場合、制限の適用を解除するには、ポリシーを変更して制限を無効にする必要があります。
このポリシーを false に設定した場合、制限は適用されません。
このポリシーを true に設定した場合は、指定した送受信速度(キロビット / 秒)を超えないようにシステムに制限が適用されます。</translation>
<translation id="5921713479449475707">HTTP 経由での自動更新ダウンロードを許可する</translation>
<translation id="5921888683953999946">ログイン画面でのユーザー補助機能「大きいカーソル」のデフォルト状態を設定します。
このポリシーが true に設定されている場合は、ログイン画面が表示されるときに大きいカーソルが有効になります。
このポリシーが false に設定されている場合は、ログイン画面が表示されるときに大きいカーソルは無効になります。
管理者がこのポリシーを設定した場合も、ユーザーは一時的に大きいカーソルを有効または無効にすることができます。ただし、このユーザーの選択は恒久的ではなく、ログイン画面が改めて表示されたときや、ログイン画面でユーザーが何もしない時間が 1 分に達したときにデフォルト値が復元されます。
このポリシーが未設定の場合は、ログイン画面が表示された直後は大きいカーソルが無効になります。ユーザーはいつでも大きいカーソルを有効または無効にすることができ、ログイン画面での大きいカーソルの状態はログアウト後も維持されます。</translation>
<translation id="5932767795525445337">このポリシーを使って Android アプリを固定することもできます。</translation>
<translation id="5936622343001856595">セーフサーチをアクティブに設定して Google ウェブ検索のクエリを強制するとともに、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。
この設定を有効にすると、Google 検索のセーフサーチは常にアクティブになります。
この設定を無効にする場合や値を設定しない場合、Google 検索のセーフサーチは強制されません。</translation>
<translation id="5946082169633555022">Beta チャンネル</translation>
<translation id="5950205771952201658">オンラインによる証明書取り消しの確認が Soft Fail の場合、セキュリティ上特段の効果がないという点を考慮し、<ph name="PRODUCT_NAME" /> バージョン 19 以降ではデフォルトで無効になっています。このポリシーを true に設定すると、前回の動作を復元し、オンライン OCSP / CRL チェックを実行します。
このポリシーが未設定または false に設定された場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> はオンラインによる証明書取り消しの確認を行いません(<ph name="PRODUCT_NAME" /> 19 以降)。</translation>
<translation id="5966615072639944554">Remote Attestation API の使用が許可されている拡張機能</translation>
<translation id="5983708779415553259">どのコンテンツ パックにもないサイトに対するデフォルトの動作</translation>
<translation id="5997543603646547632">デフォルトで 24 時間表示を使用</translation>
<translation id="6005179188836322782"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のセーフ ブラウジング機能を有効にするとともに、ユーザーによる設定変更を禁止します。
この設定を有効にした場合は、セーフ ブラウジングが常にアクティブになります。
この設定を無効にした場合は、セーフ ブラウジングがアクティブになることはありません。
この設定を有効または無効にした場合、ユーザーは、<ph name="PRODUCT_NAME" /> で [フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする] 設定を変更またはオーバーライドできなくなります。
このポリシーが未設定の場合、セーフ ブラウジングは有効になりますが、ユーザーはこの設定を変更できます。
セーフ ブラウジングの詳細については、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。</translation>
<translation id="6017568866726630990">印刷プレビューの代わりにシステムの印刷ダイアログを表示します。
この設定が有効な場合、ユーザーがページの印刷をリクエストしたときに <ph name="PRODUCT_NAME" /> は組み込みの印刷プレビューではなくシステムの印刷ダイアログを開きます。
このポリシーが設定されていない場合や false に設定されている場合、印刷コマンドを実行すると印刷プレビュー画面が表示されます。</translation>
<translation id="6022948604095165524">起動時の操作</translation>
<translation id="6023030044732320798">ARC ランタイムに渡される一連のポリシーを指定します。値は有効な JSON である必要があります。
このポリシーを使用して、端末にどの Android アプリを自動的にインストールするかを設定できます。
{
"type": "object",
"properties": {
"applications": {
"type": "array",
"items": {
"type": "object",
"properties": {
"packageName": {
"description": "Android アプリ識別子。たとえば、Gmail は "com.google.android.gm" など",
"type": "string"
},
"installType": {
"description": "アプリのインストール方法を指定します。OPTIONAL: アプリは自動的にはインストールされませんが、ユーザーがインストールすることはできます。このポリシーが指定されていない場合は、デフォルトでこの設定が使用されます。PRELOAD: アプリは自動的にインストールされますが、ユーザーがアンインストールすることもできます。FORCE_INSTALLED: アプリは自動的にインストールされ、ユーザーがアンインストールすることはできません。BLOCKED: アプリはブロックされ、インストールできません。以前のポリシーによってアプリがインストール済みの場合はアンインストールされます。",
"type": "string",
"enum": [
"OPTIONAL",
"PRELOAD",
"FORCE_INSTALLED",
"BLOCKED"
]
},
"defaultPermissionPolicy": {
"description": "アプリへの権限付与のリクエストに関するポリシーです。PERMISSION_POLICY_UNSPECIFIED: ポリシーを指定しません。権限に関するポリシーがどのレベルでも指定されていなければ、デフォルトで「PROMPT」の動作が適用されます。PROMPT: 権限を付与するよう促すメッセージをユーザーに表示します。GRANT: 自動的に権限を付与します。DENY: 自動的に権限の付与を拒否します。",
"type": "string",
"enum": [
"PERMISSION_POLICY_UNSPECIFIED",
"PROMPT",
"GRANT",
"DENY"
]
},
"managedConfiguration": {
"description": "アプリ固有の JSON 設定文字列です。例: '"managedConfiguration": { "key1": value1, "key2": value2 }'。キーはアプリのマニフェストで定義されます。",
"type": "object"
}
}
}
}
}
}
ランチャーにアプリを固定する場合は、PinnedLauncherApps をご覧ください。</translation>
<translation id="602728333950205286">デフォルトの検索プロバイダのインスタント検索 URL</translation>
<translation id="603410445099326293">POST を使用するキーワード候補による検索 URL のパラメータ</translation>
<translation id="6036523166753287175">リモート アクセス ホストからのファイアウォール トラバーサルを有効にする</translation>
<translation id="6070667616071269965">端末のログイン画面のキーボード配列</translation>
<translation id="6074963268421707432">どのサイトにもデスクトップ通知の表示を許可しない</translation>
<translation id="6076099373507468537">ウェブ アプリケーション内で直接 chrome.usb API を通じて USB デバイスを使用できるように、カーネル ドライバからの分離が可能な USB デバイスの一覧を定義します。USB ベンダー ID と商品 ID をペアで入力し、個々のハードウェアを特定できるようにします。
このポリシーが設定されていない場合、分離可能な USB デバイスのリストは空になります。</translation>
<translation id="6083631234867522991">Windows(Windows クライアント):</translation>
<translation id="6093156968240188330">リモート ユーザーがリモート アシスタンス セッションで権限昇格ウィンドウとやり取りできるようにする</translation>
<translation id="6095999036251797924">AC 電源またはバッテリーでの実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから画面がロックされるまでの時間を指定します。
この時間をゼロより大きい値に設定した場合、値は <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面がロックされるまでのアイドル時間を表します。
この時間をゼロに設定した場合、アイドル状態になっても <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面はロックされません。
この時間を設定しない場合は、デフォルトの時間が使用されます。
アイドル状態になったときに画面をロックする方法としては、停止時の画面ロックを有効にして、アイドル時間経過後に <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> が停止状態になるように設定する方法をおすすめします。このポリシーは、停止状態になるのを待たずに画面をロックする場合、またはアイドル時の停止を希望しない場合にのみ使用してください。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。アイドル時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="6111936128861357925">恐竜のイースター エッグゲームを許可する</translation>
<translation id="6114416803310251055">廃止予定</translation>
<translation id="6133088669883929098">すべてのサイトにキー生成の使用を許可する</translation>
<translation id="6145799962557135888">JavaScript の実行を許可するサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultJavaScriptSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="614662973812186053">このポリシーでは Android の使用状況と診断データの収集も管理できます。</translation>
<translation id="6155936611791017817">ログイン画面での大きいカーソルのデフォルト状態を設定する</translation>
<translation id="6157537876488211233">プロキシ バイパス ルールのカンマ区切りリスト</translation>
<translation id="6158324314836466367">エンタープライズ ウェブストア名(サポート終了)</translation>
<translation id="6161405879872578475"><ph name="PRODUCT_NAME" /> を有効にする</translation>
<translation id="6167074305866468481">警告: <ph name="PRODUCT_NAME" /> のバージョン 43(2015 年 7 月またはその前後より利用可能)では、SSLv3 がサポート対象から外され、同時にこのポリシーも削除されます。
このポリシーが設定されていない場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では既定の最小バージョン(<ph name="PRODUCT_NAME" /> 39 では SSLv3、それ以降のバージョンでは TLS 1.0)が使用されます。
それ以外で「sslv3」、「tls1」、「tls1.1」、「tls1.2」のいずれかの値が設定されている場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では指定のバージョンより小さい SSL / TLS のバージョンは使用されません。認識されなかった値は無視されます。
なお「sslv3」は「tls1」よりも前のバージョンです。</translation>
<translation id="6181608880636987460"><ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインの実行を許可しないサイトを表す URL パターンのリストを設定します。
このポリシーが未設定の場合は、すべてのサイトでグローバルなデフォルト値(「DefaultPluginsSetting」ポリシーで値が設定されている場合はその値、設定されていない場合はユーザーの個人設定の値)が使用されます。</translation>
<translation id="6190022522129724693">デフォルトのポップアップ設定</translation>
<translation id="6197453924249895891">拡張機能に対し、企業キーへのアクセスを許可します。
キーが企業用のキーと指定されるのは、管理対象アカウントに対し chrome.enterprise.platformKeys API を使用してキーを生成した場合のみです。別の方法でインポートまたは生成されたキーは、企業用のキーとなりません。
企業用のキーへのアクセスはこのポリシーによってのみ制御されます。ユーザーは、拡張機能にキーへのアクセス権を付与することはできず、拡張機能に付与されたキーへのアクセス権を取り消すこともできません。
デフォルトでは、拡張機能で企業用のキーを使用することはできません。この動作は、拡張機能に対して allowCorporateKeyUsage を false に設定した場合の結果と同じです。
拡張機能に対して allowCorporateKeyUsage が true に設定されている場合のみ、その拡張機能では企業用のプラットフォーム キーを任意のデータの署名に使用できます。このような許可を与えるのは、拡張機能からキーへのアクセスが攻撃から守られると信頼できる場合のみとしてください。</translation>
<translation id="6211428344788340116">デバイスの操作時間を報告します。
この設定が未設定か、True に設定されている場合、登録デバイスでは、ユーザーがデバイスで操作を行っていた時間が報告されます。この設定が False に設定されている場合、デバイスの操作時間は記録されず、報告もされません。</translation>
<translation id="6212868225782276239">ブラックリスト登録されている以外のすべてのプリンタを表示する。</translation>
<translation id="6219965209794245435">このポリシーを有効にすると、以前のデフォルトのブラウザから自動入力フォームのデータが読み込まれます。また、読み込みダイアログにも影響します。
無効にすると、自動入力フォームのデータは読み込まれません。
未設定の場合は、読み込むかどうかの指定が求められるか、自動的に読み込まれます。</translation>
<translation id="6233173491898450179">ダウンロード ディレクトリを設定する</translation>
<translation id="6244210204546589761">起動時に開く URL</translation>
<translation id="6258193603492867656">生成した Kerberos SPN に非標準ポートを含めるべきかどうかを指定します。この設定を有効にすると、非標準ポート(80 と 443 以外のポート)が入力され、生成された Kerberos SPN にそのポートが追加されます。この設定を無効にするか未設定の場合、生成された Kerberos SPN にポートが追加されることはありません。</translation>
<translation id="6281043242780654992">ネイティブ メッセージングのポリシーを設定します。ブラックリストに登録されたネイティブ メッセージング ホストは、ホワイトリストに登録されていない限り読み込みできません。</translation>
<translation id="6282799760374509080">音声キャプチャを許可または拒否する</translation>
<translation id="6284362063448764300">TLS 1.1</translation>
<translation id="6287694548537067861">このポリシーが未設定のままか True に設定されている場合は、<ph name="PRODUCT_NAME" /> のすべてのコンポーネントでコンポーネントの更新が有効になります。
このポリシーが False に設定されている場合、コンポーネントの更新は無効になります。ただし、一部のコンポーネント(実行可能コードを含まないコンポーネント、ブラウザの動作を著しく変更しないコンポーネント、セキュリティ上重要なコンポーネント)はこのポリシーの適用外で、これらのコンポーネントの更新は無効にはなりません。
適用外のコンポーネントの例としては、証明書失効リストやセーフ ブラウジング データが挙げられます。
セーフ ブラウジングの詳細については、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。</translation>
<translation id="6310223829319187614">ユーザーのログイン中にドメイン名のオートコンプリートを有効にする</translation>
<translation id="6315673513957120120">ユーザーが SSL エラーのあるサイトに移動しようとしたときに、Chrome では警告ページが表示されます。このポリシーを true に設定するか未設定のままにした場合、ユーザーは警告ページをクリックして次に進むことができます。
このポリシーを false に設定した場合、ユーザーは警告ページから先に進むことはできません。</translation>
<translation id="6353901068939575220">POST を使って URL の検索を行うときに使用するパラメータを指定します。名前と値のペアをカンマで区切って指定します。値がテンプレート パラメータ(上記の例の {searchTerms} など)の場合は、実際の検索キーワードのデータに置き換えられます。
このポリシーは省略可能です。未設定の場合、検索リクエストは GET メソッドを使用して送信されます。
このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="6367755442345892511">リリース チャンネルをユーザーが設定できるかどうか</translation>
<translation id="6368011194414932347">ホームページの URL を指定する</translation>
<translation id="6368403635025849609">これらのサイトの Javascript を許可する</translation>
<translation id="6376659517206731212">必須に設定可能</translation>
<translation id="6378076389057087301">音声操作を電源管理に関連付けるかどうかを指定する</translation>
<translation id="637934607141010488">最近ログインしたデバイス ユーザーのリストを報告します。
このポリシーが False に設定されている場合、ユーザーは報告されません。</translation>
<translation id="6392973646875039351"><ph name="PRODUCT_NAME" /> の自動入力機能を有効にし、ユーザーが以前に保存した情報(住所やクレジット カード情報など)を使用してウェブ フォームに自動入力できるようにします。この設定を無効にすると、ユーザーは自動入力を利用できません。この設定を有効にするか未設定の場合、ユーザーが自動入力を制御できます。この場合、ユーザーは自動入力プロフィールを設定して、必要に応じて自動入力のオン/オフを切り替えることができます。</translation>
<translation id="6394350458541421998">このポリシーは <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> バージョン 29 で廃止されました。PresentationScreenDimDelayScale ポリシーを代わりに使用してください。</translation>
<translation id="6401669939808766804">ユーザーをログアウトする</translation>
<translation id="6417861582779909667">Cookie の設定を許可しないサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultCookiesSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="6426205278746959912">Android アプリにプロキシの使用を強制することはできません。一部のプロキシ設定は Android アプリで使用可能ですが、使用するかどうかは Android アプリ側の選択となります。
[プロキシ サーバーを使用しない] を選択した場合は、プロキシが設定されていないことが Android アプリに通知されます。
[システムのプロキシ設定を使用する] または [固定サーバー プロキシ] を選択した場合は、http プロキシ サーバー アドレスとポートが Android アプリに通知されます。
[プロキシ サーバーを自動検出する] を選択した場合は、スクリプト URL 「http://wpad/wpad.dat」が Android アプリに通知されます。プロキシ自動検出プロトコルの他の部分は使用されません。
[.pac プロキシ スクリプトを使用する] を選択した場合は、スクリプト URL が Android アプリに通知されます。</translation>
<translation id="6491139795995924304">端末で Bluetooth を許可する</translation>
<translation id="6520802717075138474">初回実行時にデフォルトのブラウザから検索エンジンをインポートする</translation>
<translation id="6525955212636890608">この設定を有効にした場合、ユーザーまたは会社ポリシーの指定によりコンテンツ設定で Flash が許可されているウェブサイトでは、埋め込まれているすべての Flash コンテンツ(他のソースからのコンテンツ、小さなコンテンツを含む)が実行されます。
Flash の実行を許可するウェブサイトを指定する方法については、「DefaultPluginsSetting」、「PluginsAllowedForUrls」、「PluginsBlockedForUrls」の各ポリシーをご覧ください。
この設定が無効に設定されているか未設定の場合、他のソースからの Flash コンテンツや小さなコンテンツはブロックされる可能性があります。</translation>
<translation id="653608967792832033">バッテリー電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから画面がロックされるまでの時間を指定します。
このポリシーをゼロより大きい値に設定した場合、値は <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面がロックされるまでのアイドル時間を表します。
このポリシーをゼロに設定した場合、アイドル状態になっても <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面はロックされません。
このポリシーを設定しないと、デフォルトの時間が使用されます。
アイドル状態で画面をロックするには、停止状態での画面ロックを有効にして、アイドル時間経過後に <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> が停止状態になるように設定する方法をおすすめします。このポリシーを使用するには必ず、画面のロックから停止状態になるまでの間隔をかなり長く設定するか、アイドル状態からは停止状態に移行しないように設定してください。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。アイドル時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="6536600139108165863">デバイスのシャットダウン時に自動的に再起動する</translation>
<translation id="6539246272469751178">このポリシーは Android アプリには適用されません。Android アプリは、常にデフォルトのダウンロード ディレクトリを使用し、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> によってデフォルト以外のダウンロード ディレクトリにダウンロードされたファイルにはアクセスできません。</translation>
<translation id="654303922206238013">ecryptfs の移行方法</translation>
<translation id="6544897973797372144">このポリシーを true に設定し、ChromeOsReleaseChannel ポリシーを指定していない場合、登録したドメインのユーザーに、デバイスのリリース チャンネルの変更を許可します。このポリシーを false に設定すると、デバイスは、最後に設定されたチャンネルに固定されます。
ユーザーが選択したチャンネルよりも ChromeOsReleaseChannel ポリシーが優先されます。ただし、ポリシーのチャンネルが、デバイスにインストールされたチャンネルよりも安定している場合、ポリシーのチャンネルのバージョン番号がデバイスにインストールされているチャンネルよりも大きくなったときのみチャンネルが切り替わります。</translation>
<translation id="6559057113164934677">カメラやマイクへのアクセスをどのサイトにも許可しない</translation>
<translation id="6561396069801924653">システム トレイ メニューにユーザー補助オプションを表示</translation>
<translation id="6565312346072273043">ログイン画面での画面キーボードのユーザー補助機能のデフォルト状態を設定します。
このポリシーを true に設定すると、ログイン画面が表示されたときに画面キーボードが有効になります。
このポリシーを false に設定すると、ログイン画面が表示されたときに画面キーボードが無効になります。
このポリシーを設定した場合、ユーザーは画面キーボードを有効または無効にすることでデフォルト設定を一時的にオーバーライドできます。ただし、ユーザーによる設定は維持されません。ログイン画面が新たに表示された場合や、ユーザーがログイン画面を 1 分間操作しなかった場合はデフォルト設定に戻ります。
このポリシーが未設定の場合、ログイン画面が表示された時点では画面キーボードが無効になります。ユーザーはいつでも画面キーボードを有効または無効にでき、ユーザーが変わってもログイン画面はその状態のままとなります。</translation>
<translation id="6573305661369899995">URL に関する制限の外部ソースを設定</translation>
<translation id="6598235178374410284">ユーザーのアバター画像</translation>
<translation id="6603004149426829878">タイムゾーンを解決する際、常に利用可能な位置情報の信号をサーバーに送信する</translation>
<translation id="6628646143828354685">ウェブサイトによる近くの Bluetooth デバイスへのアクセスを許可するかどうかを設定できます。アクセスを完全に禁止することや、ウェブサイトが近くの Bluetooth デバイスにアクセスしてもよいかユーザーにその都度確認することができます。
このポリシーが未設定の場合は「3」に設定されます。ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="6641981670621198190">3D グラフィックス API のサポートを無効にする</translation>
<translation id="6647965994887675196">true に設定されている場合は、監視対象ユーザーを作成して使用できます。
false に設定されている場合や未設定の場合は、監視対象ユーザーの作成とログインはできません。既存の監視対象ユーザーはすべて非表示になります。
注: デフォルトの動作は、個人向けのデバイスと企業向けのデバイスとで異なります。個人向けデバイスでは、監視対象ユーザーはデフォルトで有効になっていますが、企業向けデバイスではそうではありません。</translation>
<translation id="6649397154027560979">このポリシーはサポート終了となっているため、代わりに URLBlacklist を使用してください。
リストで指定されたプロトコル スキームは <ph name="PRODUCT_NAME" /> では無効になります。
このリストにあるスキームを使用している URL は読み込まれず、その URL に移動することもできません。
このポリシーが未設定の場合やリストが空の場合は、すべてのスキームが <ph name="PRODUCT_NAME" /> でアクセス可能になります。</translation>
<translation id="6652197835259177259">ローカルの管理対象ユーザーの設定</translation>
<translation id="6654559957643809067"><ph name="PRODUCT_NAME" /> でネットワーク予測を有効にして、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。
これにより、DNS のプリフェッチ、TCP と SSL の事前接続、ウェブページの事前レンダリングが制御されます。
この設定を [常に使用]、[使用しない]、[Wi-Fi のみ] にすると、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> でこの設定の変更や上書きができなくなります。
このポリシーが未設定の場合、ネットワーク予測は有効になりますが、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="6658245400435704251">最初にアップデートがサーバーにプッシュされた時刻から、デバイスによるアップデートのダウンロードをランダムに遅延できる最大時間を秒数で指定します。デバイスは、この時間の一部を実際の経過時間として、残りの時間をアップデート チェックとして待機できます。どのような場合でも、係数にはある一定の時間の上限があるため、アップデートのダウンロードを永遠に待機してデバイスが停止し続けることはありません。</translation>
<translation id="6689792153960219308">ハードウェア ステータスを報告する</translation>
<translation id="6699880231565102694">リモート アクセス ホストの 2 段階認証プロセスを有効にする</translation>
<translation id="6724842112053619797">この設定を有効にした場合は、<ph name="PRODUCT_NAME" /> プロフィールに保存されている設定(ブックマーク、自動入力データ、パスワードなど)が、「ローミング」ユーザー プロフィール フォルダまたは管理者が <ph name="ROAMING_PROFILE_LOCATION_POLICY_NAME" /> ポリシーで指定した場所に保存されるファイルにも書き込まれます。このポリシーを有効にすると、クラウド同期は無効になります。
このポリシーを無効にするか未設定のままにした場合は、通常のローカル プロフィールのみが使用されます。
<ph name="SYNC_DISABLED_POLICY_NAME" /> ポリシーが設定されている場合は、すべてのデータ同期が無効になります。この設定は、RoamingProfileSupportEnabled ポリシーの設定よりも優先されます。</translation>
<translation id="6757438632136860443"><ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインの実行を許可するサイトを表す URL パターンのリストを設定します。
このポリシーが未設定の場合は、すべてのサイトでグローバルなデフォルト値(「DefaultPluginsSetting」ポリシーで値が設定されている場合はその値、設定されていない場合はユーザーの個人設定の値)が使用されます。</translation>
<translation id="6766216162565713893">サイトによる近くの Bluetooth デバイスへのアクセスをユーザーに確認する</translation>
<translation id="6770454900105963262">有効なキオスク セッションの情報を報告する</translation>
<translation id="6786747875388722282">拡張機能</translation>
<translation id="6786967369487349613">ローミング プロフィール ディレクトリの設定</translation>
<translation id="6810445994095397827">これらのサイトの Javascript をブロックする</translation>
<translation id="681446116407619279">サポートされる認証スキーム</translation>
<translation id="685769593149966548">YouTube で制限付きモード「強」を強制する</translation>
<translation id="687046793986382807">このポリシーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> バージョン 35 で廃止されました。
オプションの値に関係なく、メモリ情報はページに報告されますが、報告されるサイズは近似値となり、
セキュリティ上の理由から更新頻度は制限されます。リアルタイムで正確なデータを得るには、
Telemetry などのツールをご利用ください。</translation>
<translation id="6894178810167845842">新しいタブページ URL</translation>
<translation id="6899705656741990703">プロキシ設定を自動検出する</translation>
<translation id="6903814433019432303">このポリシーは小売りモードでのみアクティブになります。
デモ セッションの開始時に読み込む URL 一式を指定します。このポリシーは、初期 URL を設定する他のメカニズムよりも優先されるため、特定のユーザーに関連付けられていないセッションにのみ適用できます。</translation>
<translation id="6908640907898649429">デフォルトの検索プロバイダを設定します。ユーザーが使用するデフォルトの検索プロバイダを指定するか、既定の検索を無効にすることができます。</translation>
<translation id="6915442654606973733">ユーザー補助機能の 1 つである音声フィードバックを有効にします。
このポリシーが true に設定されている場合は、音声フィードバックが常に有効になります。
このポリシーが false に設定されている場合は、音声フィードバックは常に無効になります。
管理者がこのポリシーを設定した場合は、ユーザーがその設定を変更したり、別の優先する設定を指定したりすることはできません。
このポリシーが未設定の場合は、音声フィードバックは最初は無効になりますが、ユーザーはいつでも有効にすることができます。</translation>
<translation id="6922040258551909078">
このポリシーが true に設定されていて、クラウド ポリシーとマシン(デバイス)ポリシーが競合する場合は、クラウド ポリシーが優先されます。
このポリシーが false に設定されているか未設定のままで、クラウド ポリシーとマシン(デバイス)ポリシーが競合する場合は、マシン(デバイス)ポリシーが優先されます。
ポリシーの優先順位について詳しくは、https://support.google.com/chrome?p=set_chrome_policies_for_devices をご覧ください。
<ph name="MS_AD_NAME" /> ドメインに参加していない Windows でこのポリシーを使用することはできません。
</translation>
<translation id="6922884955650325312"><ph name="FLASH_PLUGIN_NAME" /> プラグインをブロックする</translation>
<translation id="6923366716660828830">デフォルトの検索プロバイダの名前を指定します。空白のままにしたり未設定の場合は、検索 URL で指定されたホスト名が使用されます。このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合にのみ適用されます。</translation>
<translation id="6931242315485576290">Google とのデータの同期を無効にする</translation>
<translation id="6936894225179401731">プロキシ サーバーへの最大同時接続数を指定します。
プロキシ サーバーによっては 1 クライアントに対して多数の同時接続を処理できない場合がありますが、このポリシーの値を小さく設定することによってこの問題を解決できます。
このポリシーの値は 7 以上 100 未満の間で設定する必要があります。デフォルト値は 32 です。
一部のウェブ アプリは、ハンギング GET との接続が多数必要です。そのため、32 より小さい値を設定した場合、このようなウェブ アプリを多く開きすぎると、ブラウザのネットワークが異常停止する場合があります。デフォルト値より小さい値を設定する場合は、ご自身の責任において行ってください。
このポリシーが未設定の場合、デフォルト値の 32 が使用されます。</translation>
<translation id="6943577887654905793">Mac/Linux 設定名:</translation>
<translation id="69525503251220566">既定の検索プロバイダに画像検索機能を提供するパラメータ</translation>
<translation id="6956272732789158625">すべてのサイトにキー生成の使用を許可しない</translation>
<translation id="6994082778848658360">搭載されているセキュア エレメント ハードウェアが 2 段階認証プロセスに対応している場合に、このプロセスを適用するためにハードウェアをどのように使用できるかを指定します。ユーザーの所在地を検出するには本体の電源ボタンを使用します。
[無効にする] を選択した場合、2 段階認証プロセスは適用されません。
[U2F] を選択した場合は、統合 2 段階認証プロセスが FIDO U2F 仕様に沿って適用されます。
[U2F_EXTENDED] を選択した場合は、統合 2 段階認証プロセスで U2F の機能と個人認証用の拡張機能を使用できます。</translation>
<translation id="6997592395211691850">ローカルの信頼済みアンカーにオンラインの OCSP/CRL チェックが必要かどうかを示します</translation>
<translation id="7003334574344702284">このポリシーを有効にすると、以前の既定のブラウザで保存されたパスワードがインポートされます。有効にすると、このポリシーはインポート ダイアログにも影響します。無効にすると、保存されたパスワードはインポートされません。このポリシーが未設定の場合、インポートするかどうかをユーザーに尋ねるか、自動的にインポートされます。</translation>
<translation id="7003746348783715221"><ph name="PRODUCT_NAME" /> の設定</translation>
<translation id="7006788746334555276">コンテンツの設定</translation>
<translation id="7007671350884342624"><ph name="PRODUCT_NAME" /> でユーザーデータを保存する際に使用するディレクトリを設定します。
このポリシーを設定した場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では指定されたディレクトリを使用し、ユーザーが「--user-data-dir」フラグを指定しているかどうかは無視されます。データの消失やその他の予期しないエラーを避けるため、ボリュームのルート ディレクトリや他の用途で使用されているディレクトリは指定しないでください。これは、<ph name="PRODUCT_NAME" /> によってディレクトリのコンテンツが管理されるためです。
使用できる変数のリストについては、https://www.chromium.org/administrators/policy-list-3/user-data-directory-variables をご覧ください。
このポリシーが未設定の場合は、デフォルトのプロフィール パスを使用します。ユーザーは「--user-data-dir」コマンドライン フラグを使用して、この設定をオーバーライドできます。</translation>
<translation id="7027785306666625591"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の電源管理を設定します。
これらのポリシーでは、アイドル状態が一定時間続いたときの <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の動作を設定できます。</translation>
<translation id="7040229947030068419">サンプル値:</translation>
<translation id="7049373494483449255"><ph name="PRODUCT_NAME" /> がドキュメントを <ph name="CLOUD_PRINT_NAME" /> に送信して印刷できるようにします。注: この設定は <ph name="PRODUCT_NAME" /> での <ph name="CLOUD_PRINT_NAME" /> のサポートのみに影響します。ユーザーがウェブサイトで印刷ジョブを送信できなくなるわけではありません。この設定が有効または未設定の場合、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> の印刷ダイアログから <ph name="CLOUD_PRINT_NAME" /> に印刷できます。この設定を無効にすると、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> の印刷ダイアログから <ph name="CLOUD_PRINT_NAME" /> に印刷できなくなります。</translation>
<translation id="7053678646221257043">このポリシーを有効にすると、現在の既定のブラウザからブックマークがインポートされます。有効にすると、このポリシーはインポートのダイアログにも影響を与えます。無効にすると、ブックマークはインポートされません。未設定の場合はインポートするかどうかをユーザーに尋ねるか、自動的にインポートされます。</translation>
<translation id="7063895219334505671">これらのサイトのポップアップを許可する</translation>
<translation id="706669471845501145">サイトに対してデスクトップ通知の表示を許可する</translation>
<translation id="7072406291414141328">ネットワークの帯域幅制限を有効にする</translation>
<translation id="7079519252486108041">これらのサイトのポップアップをブロックする</translation>
<translation id="7091198954851103976">承認が必要なプラグインを常に実行する</translation>
<translation id="7106631983877564505"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> 端末がアイドルまたは一時停止の状態になったときにロックを有効にします。
この設定を有効にした場合、ユーザーはスリープ状態から端末のロックを解除する際にパスワードの入力を求められます。
この設定を無効にした場合、ユーザーはスリープ状態から端末のロックを解除する際にパスワードの入力を求められません。
この設定を有効または無効にした場合、ユーザーは設定内容を変更したり他の設定を優先させたりすることはできません。
このポリシーが未設定の場合、ユーザーは端末のロックを解除する際にパスワードを確認するかどうかを選択できます。</translation>
<translation id="7115494316187648452"><ph name="PRODUCT_NAME" /> プロセスが OS ログインで開始してから最後のブラウザ ウィンドウが閉じるまで動作し続けているかどうかを判断し、バックグラウンド アプリや現在のブラウジング セッション(セッション Cookie を含む)がアクティブな状態を維持できるようにします。
このポリシーを True に設定すると、バックグラウンド モードが有効になります。ユーザーがブラウザ設定で変更することはできません。
このポリシーを False に設定すると、バックグラウンド モードが無効になります。ユーザーがブラウザ設定で変更することはできません。
このポリシーが未設定の場合、バックグラウンド モードは最初は無効の状態です。ユーザーはブラウザ設定で変更することができます。</translation>
<translation id="7128918109610518786"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> によりランチャー バーに固定アプリとして表示されるアプリケーション ID のリストを設定します。
このポリシーを設定していると、アプリケーション セットが固定され、ユーザーは変更することができなくなります。
このポリシーを設定していないと、ランチャーの固定アプリのリストをユーザーが変更できます。</translation>
<translation id="7132877481099023201">ユーザー確認なしで動画キャプチャ デバイスへのアクセスが許可される URL</translation>
<translation id="7167436895080860385">パスワード マネージャでパスワードを表示できるようにする(サポート終了)</translation>
<translation id="7173856672248996428">一時的なプロフィール</translation>
<translation id="717630378807352957">設定ファイルのすべてのプリンタを許可する。</translation>
<translation id="7185078796915954712">TLS 1.3</translation>
<translation id="718956142899066210">更新で許可される接続タイプ</translation>
<translation id="7194407337890404814">デフォルトの検索プロバイダ名</translation>
<translation id="7199300565886109054">セッションのみの Cookie の設定を許可するサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。
このポリシーが未設定の場合、グローバルの既定値がすべてのサイトで使用されます。グローバルの既定値は「DefaultCookiesSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。
<ph name="PRODUCT_NAME" /> が「バックグラウンド モード」で動作している場合、最後のブラウザ ウィンドウを閉じてもセッションが終了せず、ブラウザを終了するまでアクティブなままになることがあります。この動作の設定について詳しくは、「BackgroundModeEnabled」ポリシーをご覧ください。
「RestoreOnStartup」ポリシーが前回のセッションから URL を復元するように設定されている場合、このポリシーは適用されず、該当するサイトの Cookie は永続的に保存されます。</translation>
<translation id="7202925763179776247">ダウンロードの制限を許可する</translation>
<translation id="7207095846245296855">Google セーフサーチを強制する</translation>
<translation id="7216442368414164495">セーフ ブラウジングの詳細レポートを有効にすることをユーザーに許可する</translation>
<translation id="7234280155140786597">禁止するネイティブ メッセージング ホストの名前(または、「*」ですべてを禁止)</translation>
<translation id="7236775576470542603">ログイン画面で有効にする画面拡大鏡機能のデフォルトのタイプを設定します。
このポリシーが設定されている場合は、ログイン画面が表示されるときの画面拡大鏡のタイプはこのポリシーで制御されます。ポリシーを「None」に設定すると、拡大鏡は無効になります。
管理者がこのポリシーを設定した場合も、ユーザーは一時的に画面拡大鏡を有効または無効にすることができます。ただし、このユーザーの選択は恒久的ではなく、ログイン画面が改めて表示されたときや、ログイン画面でユーザーが何もしない時間が 1 分に達したときにデフォルト値が復元されます。
このポリシーが未設定の場合は、ログイン画面が表示された直後は画面拡大鏡が無効になります。ユーザーはいつでも画面拡大鏡を有効または無効にすることができ、ログイン画面での画面拡大鏡の状態はログアウト後も維持されます。</translation>
<translation id="7249828445670652637">ARC アプリで <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の CA 証明書を使用できるようにする</translation>
<translation id="7258823566580374486">リモート アクセス ホストのカーテンを有効にする</translation>
<translation id="7260277299188117560">自動更新での p2p の有効化</translation>
<translation id="7261252191178797385">デバイスの壁紙画像</translation>
<translation id="7267809745244694722">メディア キーのデフォルトをファンクション キーにする</translation>
<translation id="7271085005502526897">初回実行時にデフォルトのブラウザからホームページをインポートする</translation>
<translation id="7273823081800296768">この設定が有効または設定されていない場合、ユーザーは接続時にクライアントとホストをペア設定するよう選択できます。そうすると、毎回 PIN を入力する手間が省けます。
この設定が無効な場合、この機能は利用できません。</translation>
<translation id="7275334191706090484">管理対象のブックマーク</translation>
<translation id="7295019613773647480">監視対象ユーザーを有効にする</translation>
<translation id="7301543427086558500">検索エンジンからの検索キーワードの抽出に使用できる代替 URL のリストを指定します。URL には文字列 <ph name="SEARCH_TERM_MARKER" /> が含まれている必要があります。この文字列は検索キーワードの抽出に使用されます。
このポリシーは省略可能です。未設定の場合、検索キーワードの抽出に代替 URL は使用されません。
このポリシーは「DefaultSearchProviderEnabled」ポリシーが有効な場合のみ適用されます。</translation>
<translation id="7302043767260300182">画面がロックされるまでの時間(AC 電源での実行時)</translation>
<translation id="7311458740754205918">このオプションが true に設定されているか、未設定の場合、[新しいタブ] ページには、ユーザーの閲覧履歴、興味・関心、場所に応じておすすめのコンテンツが表示されます。
このオプションが false に設定されている場合、自動生成のおすすめのコンテンツは [新しいタブ] ページに表示されません。</translation>
<translation id="7323896582714668701"><ph name="PRODUCT_NAME" /> の追加コマンド ライン パラメータ</translation>
<translation id="7326394567531622570">このオプションは Wipe(値 2)と似ていますが、ログイン トークンを保持するように動作します(この場合、ユーザーの再ログインが不要になります)。</translation>
<translation id="7329842439428490522">バッテリー電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから画面がオフになるまでの時間を指定します。
このポリシーをゼロより大きい値に設定した場合、値は <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面がオフになるまでのアイドル時間を表します。
このポリシーをゼロに設定した場合、アイドル状態になっても <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面はオフになりません。
このポリシーを設定しないと、デフォルトの時間が使用されます。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。アイドル時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="7329968046053403405"><ph name="HTTP_NEGOTIATE" />」認証(Kerberos 認証など)に対応している Android 認証アプリによって提供されるアカウントの種類を指定します。この情報は、認証アプリの提供者から入手します。詳しくは、https://goo.gl/hajyfN をご覧ください。
このポリシーを設定しない場合、Android での「<ph name="HTTP_NEGOTIATE" />」認証は無効になります。</translation>
<translation id="7331962793961469250">True に設定すると、Chrome ウェブストア アプリのプロモーションは新しいタブ ページに表示されません。このオプションが False または未設定の場合、Chrome ウェブストア アプリのプロモーションが新しいタブ ページに表示されます。</translation>
<translation id="7332963785317884918">このポリシーはサポート終了となりました。今後、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> では常に「RemoveLRU」クリーンアップ設定を使用します。
<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> 搭載デバイスでの自動クリーンアップの動作を制御します。自動クリーンアップは、ディスクの空き容量が致命的なレベルまで低下したときに、ディスクの空き容量を一部回復するために実行されます。
このポリシーが「RemoveLRU」に設定されている場合、自動クリーンアップでは、十分な空き容量が確保されるまで、前回のログイン日時の古い順にユーザーがデバイスから削除されます。
このポリシーが「RemoveLRUIfDormant」に設定されている場合、自動クリーンアップでは、十分な空き容量が確保されるまで、前回のログイン日時が 3 か月以上前のユーザーがログイン日時の古い順にデバイスから削除されます。
このポリシーが設定されていない場合、自動クリーンアップは組み込みのデフォルト設定を使用します。現在、この設定は「RemoveLRUIfDormant」です。</translation>
<translation id="7336878834592315572">セッションの継続中は Cookie を保存する</translation>
<translation id="7340034977315324840">デバイス操作時間を報告する</translation>
<translation id="7343497214039883642">デバイスの企業プリンタ設定ファイル</translation>
<translation id="7384999953864505698">QUIC プロトコルを許可する</translation>
<translation id="7417972229667085380">プレゼンテーション モードでのアイドル時間に掛ける倍率(サポート終了)</translation>
<translation id="7421483919690710988">メディア ディスク キャッシュ サイズをバイト単位で設定する</translation>
<translation id="7424751532654212117">無効なプラグインのリストに対する例外のリスト</translation>
<translation id="7426112309807051726"><ph name="TLS_FALSE_START" />」最適化を無効にするかどうかを指定します。過去の経緯から、このポリシーの名前は DisableSSLRecordSplitting となっています。
このポリシーが未設定の場合、または false に設定されている場合、「<ph name="TLS_FALSE_START" />」は有効になります。true に設定されている場合、「<ph name="TLS_FALSE_START" />」は無効になります。</translation>
<translation id="7433714841194914373">インスタント検索を有効にする</translation>
<translation id="7443616896860707393">クロスオリジンでの HTTP Basic 認証プロンプト</translation>
<translation id="7469554574977894907">検索キーワード候補を有効にする</translation>
<translation id="7474249562477552702">ローカルの信頼済みアンカーが発行した SHA-1 署名証明書が許可されるかどうかを指定する</translation>
<translation id="7485481791539008776">デフォルト プリンタ選択ルール</translation>
<translation id="749556411189861380">登録デバイスの OS とファームウェアのバージョンを報告します。
この設定が未設定か、True に設定されている場合、登録デバイスでは定期的に OS とファームウェアのバージョンが報告されます。この設定が False に設定されている場合、バージョン情報は報告されません。</translation>
<translation id="7511361072385293666">このポリシーを true に設定した場合や未設定の場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> での QUIC プロトコルの使用が許可されます。
このポリシーを false に設定した場合、QUIC プロトコルの使用は許可されません。</translation>
<translation id="7519251620064708155">指定サイトでのキー生成を許可する</translation>
<translation id="7529100000224450960">ポップアップ表示を許可するサイトを指定する URL パターンのリストを設定できます。このポリシーが未設定の場合、グローバルのデフォルト値がすべてのサイトで使用されます。グローバルのデフォルト値は「DefaultPopupsSetting」ポリシーの値か、この値が未設定の場合はユーザーの個人設定の値です。</translation>
<translation id="7529144158022474049">自動更新の散乱係数</translation>
<translation id="7534199150025803530">このポリシーは Android Google ドライブアプリには適用されません。モバイルデータ通信時に Google ドライブを使用できないようにするには、Android Google ドライブアプリのインストールを禁止する必要があります。</translation>
<translation id="7553535237300701827">このポリシーが設定されている場合、ログイン認証フローは設定の値に応じて次のいずれかになります。
GAIA に設定されている場合、ログインは通常の GAIA 認証フローで行われます。
SAML_INTERSTITIAL に設定されている場合、ログインの際に画面が表示され、デバイスの登録ドメインの SAML IdP 経由で認証を行うか、通常の GAIA ログイン フローに戻るかをユーザーが選ぶことができます。</translation>
<translation id="757395965347379751">この設定が有効になっていると、SHA-1 署名証明書が検証され、ローカルにインストールされた CA 証明書に関連付けされている限り、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は SHA-1 署名証明書を許可します。
ただし、このポリシーは SHA-1 署名を許可するオペレーティング システムの証明書検証スタックにより異なります。OS のアップデートにより SHA-1 署名証明書を処理する OS が変更になると、このポリシーは効力を失います。さらに、このポリシーは一時的な措置として企業に SHA-1 から移行するための猶予期間を与えることを目的としています。このポリシーは 2019 年 1 月 1 日をめどに削除される予定です。
このポリシーが未設定の場合、または false に設定されている場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は発表された SHA-1 のサポート終了のスケジュールに従います。</translation>
<translation id="7593523670408385997"><ph name="PRODUCT_NAME" /> がディスク上にキャッシュ ファイルを保存するときのキャッシュ サイズを設定します。
このポリシーを設定した場合、ユーザーが「--disk-cache-size」フラグを指定したかどうかに関係なく、<ph name="PRODUCT_NAME" /> は指定のキャッシュ サイズを使用します。このポリシーで指定される値は、絶対的な上限値や下限値ではなく、キャッシュ システムに対する推奨値になります。数メガバイト小さいと判断された値は、適正な最小値に引き上げられて処理されます。
このポリシーの値が 0 の場合は、デフォルトのキャッシュ サイズが使用されます。ユーザーはこの値を変更できません。
このポリシーが未設定の場合は、デフォルトのサイズが使用されます。ユーザーは --disk-cache-size フラグを使用してこの値をオーバーライドできます。</translation>
<translation id="7604169113182304895">このリストを使用するかどうかは Android アプリ側の選択となります。Android アプリにリストの使用を強制することはできません。</translation>
<translation id="7612157962821894603"><ph name="PRODUCT_NAME" /> 起動時にシステム全体のフラグを適用</translation>
<translation id="7614663184588396421">無効なプロトコル スキームのリスト</translation>
<translation id="7617319494457709698">このポリシーでは、<ph name="ENTERPRISE_PLATFORM_KEYS_API" /> の関数 <ph name="CHALLENGE_USER_KEY_FUNCTION" /> を使用してリモート認証を行うことを許可する拡張機能を指定します。この API を使用するには、このリストに拡張機能を追加する必要があります。
拡張機能がリストに追加されていないか、リストが設定されていない場合、API 呼び出しは失敗し、エラーコードが返されます。</translation>
<translation id="7625444193696794922">この端末を固定するリリース チャンネルを指定します。</translation>
<translation id="7632724434767231364">GSSAPI ライブラリ名</translation>
<translation id="7635471475589566552"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のアプリケーションの言語/地域を設定し、ユーザーが言語/地域を変更できないようにします。この設定を有効にすると、<ph name="PRODUCT_NAME" /> では指定された言語/地域が使用されます。設定した言語/地域がサポートされない場合、「en-US」が使用されます。この設定を無効にするか設定しないと、<ph name="PRODUCT_NAME" /> ではユーザー指定の適切な言語/地域(設定されている場合)、システムの言語/地域、代替の言語/地域「en-US」のいずれかが使用されます。</translation>
<translation id="7651739109954974365">データ ローミングを端末に対して有効にするかどうかを指定します。true に設定した場合、データ ローミングが許可されます。未設定または false に設定した場合、データ ローミングは利用できません。</translation>
<translation id="7683777542468165012">動的なポリシーの更新</translation>
<translation id="7694807474048279351"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のアップデート適用後に自動的に再起動するように設定します。
このポリシーを true に設定すると、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のアップデートが適用されてアップデート プロセスを完了するために再起動が必要な場合に、自動再起動が行われます。再起動はすぐに行うようにスケジュール設定されますが、その時間にユーザーがデバイスを使用していた場合、自動再起動の実行は最大 24 時間延期されます。
このポリシーを false に設定すると、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のアップデート適用後に自動再起動は行われません。ユーザーが次回デバイスを再起動したときにアップデート プロセスが完了します。
管理者がこのポリシーを設定した場合は、ユーザーがその設定を変更したり、別の優先する設定を指定したりすることはできません。
注: 現時点では、自動再起動が有効化されるのはログイン画面が表示されている間、またはキオスク アプリ セッションが進行中であるときに限られます。これは将来変更される予定であり、進行中のセッションの種類にかかわらず、ポリシーは常に適用されるようになります。</translation>
<translation id="7701341006446125684">アプリと拡張機能のキャッシュ サイズを設定する(バイト単位)</translation>
<translation id="7709537117200051035">ホストへのアクセスを許可する(true)かブロックする(false)かを示すブール値フラグに、ホスト名をマッピングする辞書。
このポリシーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> 自体が内部で使用するためのものです。</translation>
<translation id="7712109699186360774">カメラやマイクへのアクセスをサイトが要求するたびに確認する</translation>
<translation id="7713608076604149344">ダウンロードの制限</translation>
<translation id="7715711044277116530">プレゼンテーション モードで画面を暗くするまでの時間に掛ける倍率</translation>
<translation id="7717938661004793600"><ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> のユーザー補助機能を設定します。</translation>
<translation id="7724994675283793633">このポリシーは、80(HTTP)と 443(HTTPS)以外のポートで HTTP/0.9 を有効にするかどうかを指定するものです。
このポリシーはデフォルトでは無効です。有効にした場合、ユーザーは https://crbug.com/600352 に記載されているセキュリティの問題に晒されることになります。
このポリシーは、企業が既存のサーバーを HTTP/0.9 から移行するときに使用するためのものです。将来的には削除されます。
このポリシーが未設定の場合、HTTP/0.9 はデフォルト以外のポートでは無効になります。</translation>
<translation id="7749402620209366169">リモート アクセス ホストに、ユーザー指定の PIN の代わりに 2 段階認証プロセスを有効にします。
この設定を有効にすると、ユーザーはホストにアクセスする際に、有効な 2 段階認証プロセスの確認コードを指定する必要があります。
この設定を無効にするか、未設定にする場合、2 段階認証プロセスは無効で、デフォルトのユーザー定義 PIN の機能が使用されます。</translation>
<translation id="7750991880413385988">新しいタブ ページを開く</translation>
<translation id="7754704193130578113">ダウンロード前に各ファイルの保存場所を確認する</translation>
<translation id="7761446981238915769">ログイン画面でインストールするアプリのリストを設定する</translation>
<translation id="7761526206824804472">公開セッションでの推奨する言語 / 地域を設定して、ユーザーがその中のいずれかを簡単に選択できるようにします。
ユーザーは公開セッションを開始する前に言語 / 地域とキーボード レイアウトを選択できます。デフォルトでは、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> でサポートされる言語 / 地域はすべてアルファベット順にリストに表示されます。このポリシーを設定すると、推奨言語 / 地域をリストの最上位に移動することができます。
このポリシーが未設定の場合、事前に選択された地域 / 言語が現在のユーザー インターフェースで使用されます。
このポリシーを設定する場合、推奨言語 / 地域はリストの最上位に移動し、他の言語 / 地域とは区別されて表示されます。推奨言語 / 地域はポリシーで設定された順序でリストに表示されます。最上位の推奨される言語 / 地域が選択されています。
推奨言語 / 地域が複数ある場合は、ユーザーがこれらの推奨言語 / 地域から選択することを前提としています。推奨言語 / 地域とキーボード レイアウトの選択方法は、公開セッションの開始時に目立つように表示されます。それ以外の場合は、ほとんどのユーザーが事前に選択された言語 / 地域を選択することを前提としています。この場合は、推奨言語 / 地域とキーボード レイアウトの選択方法は、公開セッションの開始時にあまり目立たないように表示されます。
このポリシーを設定し、自動ログインが有効な場合(|DeviceLocalAccountAutoLoginId| ポリシーと |DeviceLocalAccountAutoLoginDelay| ポリシーを参照)、自動的に開始される公開セッションでは、先頭の推奨言語 / 地域と、その言語 / 地域での最も一般的なキーボード レイアウトが使用されます。
事前に選択されるキーボード レイアウトは常に、事前に選択される言語 / 地域での最も一般的なレイアウトです。
このポリシーについては推奨設定しかできません。このポリシーを使って、推奨言語 / 地域を最上位に移動することはできますが、ユーザーはセッションで <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> でサポートされた言語 / 地域しか使用することはできません。
</translation>
<translation id="7763311235717725977">ウェブサイトで画像の表示を許可するかどうかを設定できます。画像の表示をすべてのウェブサイトで許可するか、すべてのウェブサイトで拒否するかのどちらかを設定できます。このポリシーが未設定の場合、「AllowImages」が使用され、ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="7763479091692861127"> OS アップデートに使用できる接続のタイプです。OS アップデートは、サイズが大きいために接続に大きな負担がかかり、余分な費用が発生する可能性があります。そのため、デフォルトでは現在、WiMax、Bluetooth、携帯通信など費用が高くなる接続タイプは利用できません。
認識される接続タイプ ID は「ethernet」、「wifi」、「wimax」、「bluetooth」、「cellular」です。</translation>
<translation id="7763614521440615342">[新しいタブ] ページにおすすめのコンテンツを表示します</translation>
<translation id="7774768074957326919">システムのプロキシ設定を使用する</translation>
<translation id="7775831859772431793">プロキシ サーバーの URL をここで指定できます。
このポリシーが適用されるのは、[プロキシ サーバー設定の指定方法を選択する] で手動によるプロキシ設定を選択した場合のみです。
プロキシ ポリシーの設定で他のモードを選択した場合、このポリシーは設定しないでください。
詳しい例については、次の URL をご覧ください。
<ph name="PROXY_HELP_URL" /></translation>
<translation id="7781069478569868053">新しいタブページ</translation>
<translation id="7788511847830146438">プロフィール単位</translation>
<translation id="7801886189430766248">このポリシーを True に設定した場合、Android アプリのデータは Android バックアップ サーバーにアップロードされ、互換性のあるアプリ用にアプリの再インストールが行われたときにサーバーから復元されます。
このポリシーを False に設定した場合、Android バックアップ サービスはオフになります。
この設定に値を指定した場合、ユーザーはその値を変更できません。
この設定に値が指定されていない場合、ユーザーは Android の設定アプリで Android バックアップ サービスのオンとオフを切り替えることができます。</translation>
<translation id="7818131573217430250">ログイン画面でのハイコントラスト モードのデフォルト状態を設定する</translation>
<translation id="7822837118545582721">このポリシーを true に設定した場合、ユーザーは外部ストレージ デバイスに一切書き込みできなくなります。
この設定を false に設定するか未設定のままにした場合、ユーザーは物理的に書き込みが可能な外部ストレージ デバイスに対してファイルの作成や変更ができます。
ExternalStorageDisabled ポリシーは、このポリシーよりも優先されます。つまり、ExternalStorageDisabled が true に設定されている場合は、外部ストレージへのすべてのアクセスが無効となり、このポリシーは無視されます。
このポリシーの動的更新は M56 以降でサポートされています。</translation>
<translation id="7831595031698917016">デバイス管理サービスからポリシーの無効化を受け取ってから新しいポシリーを取得するまでの最大時間(ミリ秒単位)を指定します。
このポリシーを設定すると、デフォルト値の 5,000 ミリ秒は上書きされます。このポリシーの有効な値の範囲は 1,000(1 秒)~300,000(5 分)ミリ秒です。この範囲に収まらない値は上限値と下限値のどちらか近い方に設定されます。
このポリシーが設定されていない場合、<ph name="PRODUCT_NAME" /> はデフォルト値の 5,000 ミリ秒を使用します。</translation>
<translation id="7841880500990419427">フィードバック先の最小 TLS バージョン</translation>
<translation id="7842869978353666042">Google ドライブのオプションを設定します</translation>
<translation id="7843525027689416831"><ph name="PRODUCT_NAME" /> の起動時に適用するフラグを指定します。指定したフラグはログイン画面にのみ適用されます。このポリシーで設定したフラグはユーザーのセッションには影響しません。</translation>
<translation id="7844537954833753199"><ph name="PRODUCT_NAME" /> の拡張機能の管理設定を指定します。
このポリシーでは、拡張機能関連の既存のポリシーで管理されている設定を含めた複数の設定を管理します。このポリシーと以前のポリシーの両方が設定されている場合は、このポリシーが優先されます。
このポリシーでは、拡張機能 ID または更新 URL をそれぞれの設定にマッピングします。拡張機能 ID を使用する場合、設定は該当する拡張機能のみに適用されます。また、<ph name="DEFAULT_SCOPE" /> という特別な ID に対するデフォルト設定を指定することができます。デフォルト設定は、このポリシーでカスタムの設定が指定されないすべての拡張機能に適用されます。更新 URL を使用する場合、設定は、この拡張機能のマニフェストで指定されている更新 URL を使用するすべての拡張機能に適用されます(<ph name="LINK_TO_EXTENSION_DOC1" /> をご覧ください)。
個々の拡張機能(または更新 URL が同じ複数の拡張機能)に対する設定では、辞書形式で以下のフィールドを指定することができます。
<ph name="INSTALLATION_MODE" />: 拡張機能のインストール モードを示す文字列にマッピングされます。有効な文字列は次のとおりです。
* <ph name="ALLOWED" />: ユーザーによる拡張機能のインストールを許可します。これがデフォルトの動作です。
* <ph name="BLOCKED" />: 拡張機能のインストールをブロックします。
* <ph name="FORCE_INSTALLED" />: 拡張機能は自動的にインストールされ、ユーザーが削除することはできません。
* <ph name="NORMAL_INSTALLED" />: 拡張機能は自動的にインストールされますが、ユーザーが無効にできます。
<ph name="INSTALLTION_MODE" /> は複数の拡張機能に対しても設定できます。<ph name="DEFAULT_SCOPE" /> 拡張機能のデフォルト設定として指定したり、更新 URL が同じ複数の拡張機能に指定したりすることが可能です。この場合は、<ph name="ALLOWED" /><ph name="BLOCKED" /> の値のみを使用できます。
インストール モードを <ph name="FORCE_INSTALLED" /> または <ph name="NORMAL_INSTALLED" /> に設定する場合は、<ph name="UPDATE_URL" /> も設定する必要があります。なお、このポリシーで設定された更新 URL は初回インストールでのみ使用されます。それ以降に拡張機能が更新されるときには、拡張機能のマニフェストで指定されている更新 URL が使用されます。更新 URL は、前述の更新マニフェスト XML 文書を指し示している必要があります。
<ph name="BLOCKED_PERMISSIONS" />: この拡張機能に対してブロックされる API の権限を示す文字列のリストにマッピングされます。権限の名前は、拡張機能のマニフェストで指定されている権限文字列と同じです(<ph name="LINK_TO_EXTENSION_DOC3" /> をご覧ください)。この設定は、<ph name="DEFAULT_SCOPE" /> 拡張機能に対しても指定できます。拡張機能で必要とされる権限がブロックリストに登録されている場合、その拡張機能を読み込むことはできません。拡張機能の追加動作に必要とされる権限がブロックリストに登録されている場合、その拡張機能は通常の方法で処理されますが、競合する権限に対するリクエストはランタイムにおいて自動的に拒否されます。
<ph name="ALLOWED_PERMISSIONS" />: <ph name="BLOCKED_PERMISSIONS" /> と似ていますが、こちらは、グローバルな権限ブロックリストに登録されている可能性のある一部の権限を明示的に許可するものです。そのため、<ph name="DEFAULT_SCOPE" /> 拡張機能に対して設定することはできません。なお、この設定により、許可された権限が拡張機能に自動的に付与されるわけではありません。
<ph name="MINIMUM_VERSION_REQUIRED" />: バージョン文字列にマッピングされます。バージョン文字列の形式は、拡張機能のマニフェストで使用されているものと同じです(<ph name="LINK_TO_EXTENSION_DOC4" /> をご覧ください)。指定された最小バージョンよりも古いバージョンの拡張機能は無効になります。これは強制インストールされる拡張機能にも適用されます。
以下の設定は、デフォルトの <ph name="DEFAULT_SCOPE" /> の設定に対してのみ使用できます。
<ph name="INSTALL_SOURCES" />: このリストの各項目は、拡張機能スタイルのマッチパターンです(<ph name="LINK_TO_MATCH_PATTERNS" />)。ユーザーは、このリストの項目に一致する URL からアイテムを簡単にインストールできます。<ph name="EXTENSION_SUFFIX_WILDCARD" /> ファイルの場所と、ダウンロードが開始されるページ(参照 URL)の両方が、このパターンで許可されている必要があります。
<ph name="ALLOWED_TYPES" />: <ph name="PRODUCT_NAME" /> にインストールできる拡張機能やアプリのタイプをホワイトリスト登録します。値は文字列のリストで、それぞれが次のいずれかに該当する必要があります: <ph name="VALID_ALLOWED_TYPES" />。これらのタイプについて詳しくは、<ph name="PRODUCT_NAME" /> 拡張機能のドキュメントをご覧ください。
<ph name="BLOCKED_INSTALL_MESSAGE" />: ユーザーがインストールしようとした拡張機能がポリシーでブロックされている場合、Chrome ウェブストアでは一般的なエラー メッセージが表示されます。この設定を使用すると、エラー メッセージにテキストを追加できます。たとえば、ユーザーにサポート窓口を案内したり、特定の拡張機能がブロックされている理由を示したりすることが可能です。エラー メッセージが 1,000 文字を超える場合、超過部分は切り捨てられます。
<ph name="RUNTIME_BLOCKED_HOSTS" />: 拡張機能との通信をブロックするホストのリストを指定します。たとえば、JavaScript の挿入、webRequests や webNavigation の変更と表示、Cookie の変更と表示などをブロックできます。形式はマッチパターン(<ph name="LINK_TO_MATCH_PATTERNS" />)と似ていますが、定義できるのはパスなしのパターン(例: *://*.example.com)です。有効な形式の TLD ワイルドカード(例: *://example.*)も使用できます。
<ph name="RUNTIME_ALLOWED_HOSTS" />: 拡張機能との通信を許可するホストのリストを指定します。同じホストが <ph name="RUNTIME_BLOCKED_HOSTS" /> で指定されている場合、こちらの指定が優先されます。形式は <ph name="RUNTIME_BLOCKED_HOSTS" /> と同じです。
</translation>
<translation id="787125417158068494">このポリシーを SyncDisabled に設定するか、設定しない場合、ARC アプリで <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の証明書を使用することはできません。
CopyCaCerts に設定すると、ARC アプリでは、ONC によってインストールされ <ph name="WEB_TRUSTED_BIT" /> を使用するすべての CA 証明書を使用できます。</translation>
<translation id="7882585827992171421">このポリシーは小売りモードでのみアクティブになります。
ログイン画面のスクリーンセーバーとして使用する拡張機能の ID を指定します。拡張機能は、DeviceAppPack ポリシーを使用してこのドメインに設定されている AppPack のものである必要があります。</translation>
<translation id="7882857838942884046">Google Sync を無効にすると、Android のバックアップと復旧が適切に機能しなくなります。</translation>
<translation id="7882890448959833986">サポート外の OS の警告を表示しない</translation>
<translation id="7912255076272890813">許可されるアプリ/拡張機能のタイプを設定する</translation>
<translation id="7915236031252389808">プロキシ .pac ファイルの URL をここで指定できます。
このポリシーが適用されるのは、[プロキシ サーバー設定の指定方法を選択する] で手動によるプロキシ設定を選択した場合のみです。
プロキシ ポリシーの設定で他のモードを選択した場合、このポリシーは設定しないでください。
詳しい例については、次の URL をご覧ください。
<ph name="PROXY_HELP_URL" /></translation>
<translation id="793134539373873765">p2p を OS 更新ペイロードに使用するかどうかを指定します。True に設定すると、デバイスは LAN 上で更新ペイロードを共有し、使用しようとするため、インターネット帯域幅の使用と混雑が削減される可能性があります。更新ペイロードが LAN 上で使用できない場合、デバイスは更新サーバーからのダウンロードにフォールバックします。False に設定するか、何も設定しない場合、p2p は使用されません。</translation>
<translation id="7933141401888114454">監視対象ユーザーを作成できるようにする</translation>
<translation id="793473937901685727">ARC アプリで証明書を使用できるかどうかを設定します</translation>
<translation id="7937766917976512374">動画キャプチャを許可または拒否する</translation>
<translation id="7941975817681987555">ネットワーク接続でネットワーク動作を予測しない</translation>
<translation id="7953256619080733119">管理対象ユーザーの手動による例外管理 - ホスト</translation>
<translation id="7971839631300653352">SSL 3.0</translation>
<translation id="7974114691960514888">このポリシーは現在サポートされていません。リモート クライアントに接続するときの STUN とリレー サーバーの使用を有効にします。この設定が有効になっている場合は、間にファイアウォールがあるかどうかにかかわらず、このコンピュータがリモート ホスト コンピュータを検出して接続することができます。この設定が無効であり、かつ発信 UDP 接続がファイアウォールによってフィルタリングされている場合は、このコンピュータから接続できるのはローカル ネットワーク内のホスト コンピュータのみとなります。</translation>
<translation id="7976157349247117979"><ph name="PRODUCT_NAME" /> のレシーバー名</translation>
<translation id="7980227303582973781">特別な制限なし</translation>
<translation id="7985242821674907985"><ph name="PRODUCT_NAME" /></translation>
<translation id="802147957407376460">画面を 0 度回転(回転なし)</translation>
<translation id="8044493735196713914">デバイス起動モードを報告する</translation>
<translation id="8050080920415773384">ネイティブ印刷</translation>
<translation id="8059164285174960932">リモート アクセス クライアントが認証トークンを取得する URL</translation>
<translation id="8073243368829195">Smart Lock の使用を許可する</translation>
<translation id="8099880303030573137">アイドル状態になるまでの時間(バッテリー電源での実行時)</translation>
<translation id="8102913158860568230">デフォルトのメディアストリームの設定</translation>
<translation id="8104962233214241919">これらのサイトのクライアント証明書を自動的に選択する</translation>
<translation id="8112122435099806139">デバイスで使用する時刻表示形式を指定します。
このポリシーでは、ログイン画面で使用する時刻表示形式を設定します。ここで設定した時刻表示形式は、ユーザー セッションのデフォルトとしても使用されます。このポリシーの設定にかかわらず、ユーザーは自分のアカウントの時刻表示形式をオーバーライドできます。
このポリシーが true に設定されている場合、デバイスでは時刻が 24 時間形式で表示されます。false に設定されている場合、デバイスでは時刻が 12 時間形式で表示されます。
このポリシーが設定されていない場合、デバイスではデフォルトとして時刻が 24 時間形式で表示されます。</translation>
<translation id="8114382167597081590">YouTube で制限付きモードを強制しない</translation>
<translation id="8118665053362250806">メディア ディスクのキャッシュ サイズを設定します</translation>
<translation id="8124468781472887384">デバイス プリンタの設定へのアクセス ポリシー</translation>
<translation id="8135937294926049787">AC 電源での実行時に、ユーザー入力が行われなくなってから画面がオフになるまでの時間を指定します。
このポリシーをゼロより大きい値に設定した場合、値は <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面がオフになるまでのアイドル時間を表します。
このポリシーをゼロに設定した場合、アイドル状態になっても <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> の画面はオフになりません。
このポリシーを設定しないと、デフォルトの時間が使用されます。
ポリシーの値はミリ秒単位で指定してください。アイドル時間より長い値は指定できません。</translation>
<translation id="8140204717286305802">ネットワーク インターフェース(とそのタイプ)とハードウェア アドレスのリストをサーバーに報告します。
このポリシーが False に設定されている場合、インターフェースのリストは報告されません。</translation>
<translation id="8141795997560411818">このポリシーを設定しても、ユーザーが Android Google ドライブアプリを使用するのを阻止することはできません。Google ドライブへのアクセスを禁止するには、Android Google ドライブアプリのインストールも禁止する必要があります。</translation>
<translation id="8146727383888924340">Chrome OS の登録特典の利用をユーザーに許可する</translation>
<translation id="8148785525797916822">サポートされなくなったパソコンまたはオペレーティング システムで <ph name="PRODUCT_NAME" /> を実行する際、警告が表示されないようにします。</translation>
<translation id="8148901634826284024">ユーザー補助機能の 1 つであるハイコントラスト モードを有効にします。
このポリシーが true に設定されている場合は、ハイコントラスト モードが常に有効になります。
このポリシーが false に設定されている場合は、ハイコントラスト モードは常に無効になります。
管理者がこのポリシーを設定した場合は、ユーザーがその設定を変更したり、別の優先する設定を指定したりすることはできません。
このポリシーが未設定の場合は、ハイコントラスト モードは最初は無効になりますが、ユーザーはいつでも有効にすることができます。</translation>
<translation id="815061180603915310">このポリシーが有効に設定されている場合、プロフィールは一時モードに切り替わります。このポリシーが OS のポリシー(Windows の場合は GPO など)として指定されている場合、このポリシーはシステム上のすべてのプロフィールに適用されます。このポリシーがクラウド ポリシーとして設定されている場合、このポリシーは管理対象アカウントでログインするプロフィールのみに適用されます。
このモードでは、プロフィール データはユーザー セッションの間だけディスク上に保持されます。ブラウザを閉じると、ブラウザの履歴、拡張機能とそのデータ、Cookie やウェブ データベースなどのウェブデータは失われます。ただし、ユーザーが手動でデータをディスクにダウンロードできなくなったり、ページを保存または印刷できなくなったりすることはありません。
ユーザーが同期を有効にしている場合、このすべてのデータは通常のプロフィールと同様にユーザーの同期プロフィールに保存されます。ポリシーでシークレット モードが明示的に無効にされている場合を除き、シークレット モードも使用できます。
このポリシーが無効に設定されているか未設定の場合は、ログイン時に通常のプロフィールが適用されます。</translation>
<translation id="8158758865057576716"><ph name="PRODUCT_NAME" /> プロフィール データのローミング コピーの作成を有効にする。</translation>
<translation id="8170878842291747619"><ph name="PRODUCT_NAME" /> に統合された Google 翻訳サービスを有効にします。この設定を有効にすると、必要に応じてユーザーがページを翻訳できる統合ツールバー サービスが <ph name="PRODUCT_NAME" /> に表示されます。この設定を無効にすると、翻訳バーは表示されません。この設定を有効または無効にすると、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> でこの設定の変更やオーバーライドができなくなります。未設定の場合は、この機能を使用するかどうかをユーザーが指定できます。</translation>
<translation id="817455428376641507">URL ブラックリストの例外として、リストに登録された URL へのアクセスを許可します。
このリストのエントリ形式については、URL ブラックリスト ポリシーの説明をご覧ください。
このポリシーを使用すると、アクセスを制限するブラックリストに対して例外を設定できます。たとえば、ブラックリストに「*」を指定するとすべてのリクエストがブロックされますが、このポリシーを使用すると、一部の URL に対してアクセスを許可できます。特定のスキーム、他のドメインのサブドメイン、ポート、任意のパスについて例外を設定できます。
URL がブロックされるか許可されるかは、最も詳細なフィルタによって決定されます。ホワイトリストはブラックリストよりも優先されます。
このポリシーに登録できるエントリは 1000 件までです。それ以降のエントリは無視されます。
このポリシーが未設定の場合、「URLBlacklist」ポリシーのブラックリストに対して例外は適用されません。</translation>
<translation id="8176035528522326671">企業ユーザーがメインのマルチプロフィール ユーザーとしてのみ操作できるようにする(企業の管理対象ユーザーに対するデフォルトの動作)</translation>
<translation id="8214600119442850823">パスワード マネージャを設定します。</translation>
<translation id="8244525275280476362">ポリシーの失効から取得までの最大時間</translation>
<translation id="8256688113167012935">対応するデバイスのローカル アカウントに対し、ログイン画面でアカウント名 <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> を表示するかどうかを指定します。
このポリシーが設定されている場合、対応するデバイスのローカル アカウントに対し、ログイン画面では画像ベースのログイン選択ツール内で指定の文字列が使用されます。
このポリシーが設定されていない場合、<ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> はログイン画面での表示名としてデバイスのローカル アカウントのメール アカウント ID を使用します。
このポリシーは、通常のユーザー アカウントでは無視されます。</translation>
<translation id="8279832363395120715">プロキシ解決の際、<ph name="PRODUCT_NAME" /> で使用する PAC(プロキシ自動設定)スクリプトに https:// URL を渡す前に、URL からプライバシーやセキュリティに関連する機密情報を削除します。
True に設定した場合、このセキュリティ機能が有効になり、
PAC スクリプトに送信する前に https:// URL を削除します。
これにより、PAC スクリプトは暗号化されたチャネルで通常保護されるデータ
(URL のパスとクエリなど)を表示できなくなります。
False に設定した場合、このセキュリティ機能は無効になり、PAC スクリプトに
https:// URL の全要素を表示する権限が非明示的に付与されます。
この設定は、送信元に関わらずすべての PAC スクリプト(保護されていない
通信経路で取得されたスクリプトや WPAD により安全でない方法で検出された
スクリプトなど)に適用されます。
デフォルトでは True に設定されています(セキュリティ機能は有効です)。ただし、
Chrome OS の企業ユーザーの場合は、現在のところデフォルトで False に
設定されています。
このポリシーは True に設定することをおすすめします。既存の PAC スクリプトと
互換性の問題が生じる場合に限り、False に設定します。
将来的にこのオーバーライドは削除される予定です。</translation>
<translation id="8285435910062771358">全画面拡大鏡を有効にする</translation>
<translation id="8288199156259560552">Android Google 位置情報サービスを有効にする</translation>
<translation id="8294750666104911727">通常、X-UA-Compatible が chrome=1 に設定されているページは、ChromeFrameRendererSettings ポリシーに関係なく <ph name="PRODUCT_FRAME_NAME" /> にレンダリングされます。
この設定を有効にすると、ページのメタ タグはスキャンされません。
この設定を無効にすると、ページのメタ タグはスキャンされます。
このポリシーが設定されていないと、ページのメタ タグはスキャンされます。</translation>
<translation id="8300455783946254851">True に設定すると、携帯回線接続の使用時に <ph name="PRODUCT_OS_NAME" /> ファイル アプリで Google ドライブの同期が無効になります。この場合、データが Google ドライブに同期されるのは、Wi-Fi またはイーサネット接続時のみとなります。
未設定の場合、または False に設定した場合、ユーザーは携帯回線接続を使用して Google ドライブにファイルを転送できるようになります。</translation>
<translation id="8312129124898414409">ウェブサイトがキー生成を使用できるかどうかを設定します。すべてのサイトを対象に、キー生成の使用を許可または禁止できます。
このポリシーが未設定の場合は「BlockKeygen」が使用されます。ユーザーはこの設定を変更できます。</translation>
<translation id="8329984337216493753">このポリシーは小売りモードでのみアクティブになります。
DeviceIdleLogoutTimeout が指定されている場合、このポリシーは、カウントダウン タイマー付き警告ボックスがユーザーに表示されてからログアウトが実行されるまでの時間を定義します。
ポリシーの値は、ミリ秒単位で指定する必要があります。</translation>
<translation id="8339420913453596618">2 段階認証プロセスを無効にする</translation>
<translation id="8344454543174932833">初回実行時にデフォルトのブラウザからブックマークをインポートする</translation>
<translation id="8359734107661430198">ExampleDeprecatedFeature API を 2008 年 9 月 2 日いっぱい有効にする</translation>
<translation id="8369602308428138533">画面がオフになるまでの時間(AC 電源での実行時)</translation>
<translation id="8370471134641900314">このポリシーを true に設定した場合、ユーザーがブラウザを使用するには自分のプロフィールで <ph name="PRODUCT_NAME" /> にログインする必要があります。また、BrowserGuestModeEnabled の既定値は false に設定されます。
このポリシーを false に設定するか未設定のままにした場合、ユーザーは <ph name="PRODUCT_NAME" /> にログインしなくてもブラウザを使用できます。</translation>
<translation id="8382184662529825177">デバイスのコンテンツ保護に関するリモート認証の使用を有効にする</translation>
<translation id="838870586332499308">データ ローミングを有効にする</translation>
<translation id="8390049129576938611"><ph name="PRODUCT_NAME" /> で内部 PDF ビューアを無効にします。この場合、ユーザーはダウンロードしたファイルと同じように、PDF ファイルをデフォルトのアプリで開くことができます。
このポリシーを未設定のままにするか無効にした場合は、ユーザーが PDF プラグインを無効にしない限り、PDF ファイルは PDF プラグインで開かれます。</translation>
<translation id="8402079500086185021">PDF ファイルを常に外部アプリで開く</translation>
<translation id="8412312801707973447">オンライン OCSP/CRL チェックを実行するかどうかを指定する</translation>
<translation id="8424255554404582727">再起動のたびにデフォルトのディスプレイ回転方法を再適用する</translation>
<translation id="8426231401662877819">画面を時計回りに 90 度回転</translation>
<translation id="8451988835943702790">新しいタブ ページをホームページとして使用する</translation>
<translation id="8465065632133292531">POST を使用するインスタント検索 URL のパラメータ</translation>
<translation id="847472800012384958">すべてのサイトに対してポップアップ表示を許可しない</translation>
<translation id="8477885780684655676">TLS 1.0</translation>
<translation id="8484458986062090479">常にホストブラウザでレンダリングする URL パターンのリストをカスタマイズします。
このポリシーが未設定の場合は、「ChromeFrameRendererSettings」ポリシーで指定されているデフォルトのレンダラがすべてのサイトで使用されます。
パターンの例については、https://www.chromium.org/developers/how-tos/chrome-frame-getting-started をご覧ください。</translation>
<translation id="8493645415242333585">ブラウザの履歴の保存を無効にする</translation>
<translation id="8499172469244085141">デフォルト設定(ユーザーによるオーバーライド可能)</translation>
<translation id="8519264904050090490">管理対象ユーザーの手動による例外 URL</translation>
<translation id="8527932539502116028">ユーザーに使用を許可しないプリンタを指定します。
このポリシーは、<ph name="BULK_PRINTERS_ACCESS_MODE" /> の値に <ph name="PRINTERS_BLACKLIST" /> が選択されている場合にのみ使用されます。
このポリシーが使用される場合、ユーザーはこのポリシーに指定されている ID 以外のすべてのプリンタを使用できます。
</translation>
<translation id="8538235451413605457">使用を許可する <ph name="PRODUCT_NAME" /> の最小バージョンを設定します。これより古いバージョンはサポート終了として